その道の専門家に聞く! 介護に必要なモノとコト
軽失禁パッドでは間に合わなくなった時の排尿ケア用品

大人用紙おむつについて知ろう! パンツタイプの紙おむつとパッドの基本的な選び方と使い方


家族を自宅で介護する際に必要となる介護用品を紹介する、この連載。今回は、尿もれパッド(軽失禁パッド)や失禁パンツでは間に合わなくなった時に使う大人用紙おむつについて知っていきましょう。「アテント」シリーズで知られる大王製紙に聞いた最新紙おむつ事情や使い方のコツなども織り交ぜてお届けします。

大人用紙おむつには「パンツタイプ」と「テープ止めタイプ」がある

「普段の下着に軽失禁パッドを使用しているが、次第にそれでは間に合わなくなってきた」「病気やケガで入院して必要になった」「認知症の影響によって尿意や便意に関する認知が下がり、トイレでの排泄が難しくなった」など、大人用紙おむつを使用するきっかけはさまざま。そのため、軽失禁パッドでは足りない人から寝たきりでトイレに行けない人まで症状は幅広く、多岐に渡る状態に合わせられるように吸収量の異なる商品がリリースされています。同じ尿の吸収量でもはき心地やサイズが異なるので合うものを選べばいいのですが、その前段階として知っておいてもらいたいのは、大人用紙おむつは「尿とりパッド」と「尿とりパッドを装着するおむつ」を組み合わせて使うのが一般的であるということ。尿とりパッドを自分で外してしまう恐れがある認知症の症状などのケースは別ですが、基本的には「内側にパッド、外側におむつ」という使い方となり、尿とりパッドを交換しながら使います。また、おむつは下着のような形状の「パンツタイプ」と、お尻の前後をくるんでテープで留める仕様の「テープ止めタイプ」がラインアップされています。

左がパンツタイプで、右がテープ止めタイプ

左がパンツタイプの紙おむつで、右がテープ止めタイプの紙おむつ

おむつに尿とりパッドを取り付けて使うのが一般的です

おむつ(左)に尿とりパッド(右)を取り付けて使うのが一般的です

おむつのタイプは、介護の状態に合わせて選びます。パンツタイプははいて装着するため、自分で歩いてトイレに行ける人や介助があれば歩行や歩くことができる人に適しており、テープ止めタイプは横になった状態で介護者が交換するので、ベッドなどに横になって過ごす時間が多い人向き。また、おむつの内側に装着する尿とりパッドは、パンツタイプ用とテープ止めタイプ用の2種類が用意されているので、使用するおむつと同じタイプのものを組み合わせて使います。

外側のおむつは介護レベルに応じて選びます。基本的に立てないと、はかせてあげるにしてもパンツタイプを使うのは難しいでしょう

今回は、比較的症状が軽い要介護者に使うことの多いパンツタイプの特徴と選び方のポイントを紹介します。

パンツタイプは、どう選ぶ?

パンツタイプの紙おむつには、尿の吸収量やパンツのサイズ別に種類がラインアップされています。排尿量に適した商品を選ぶのは当然ですが、それと同時にサイズ選びも超重要。ウエストのサイズを基準とし、足の付け根にもすき間ができないサイズのものを選びましょう。とはいえ、人により体型はさまざま。ウエストのサイズで選ぶと、足まわりがガバガバということもあります。そんな時は、太ももまで生地のある一分丈のパンツタイプを選ぶのもいいでしょう。

M〜LLがラインアップの中心ですが、SSから3Lまで揃えているメーカーもあります

M〜LLがラインアップの中心ですが、SSから3Lまで揃えているメーカーもあります

お腹まわり、足の付け根にすき間ができると尿もれが起こりやすくなります。ウエストのサイズが基準となりますが、伸縮性のある生地なので、きつくない程度で足まわりにも隙間ができずにピッタリはけるサイズを選びましょう

一分丈のタイプなら、おしりから太ももまでフィットするので、足の付け根からのすき間もれが起こりにくくなります。写真は、大王製紙「アテント すきまモレ安心 うす型パンツ」。M〜L、L〜LLの2サイズがラインアップされており、いずれも吸収量約2回分

サイズ選びと同時に重要となる吸収量は、1回の排尿量を150mlとした目安で、2回分から8回分までと幅広くラインアップされています。ざっくり分類すると、2回・3回分が主に昼用、4回・5回分が長時間用、6回分以上が主に夜用となりますが、もう少し細分化すると、日中は、ひとりで歩ける人は2回分、介助があれば歩ける人は4回分、立つことはできるけど歩くのは困難な人は5回分で、就寝時は6回分以上のものを装着するというような使い方が目安。なかには、尿もれが心配だからという理由で長時間用をはいている人もいますが、近年は尿もれ防止の精度が高まっているので、適した吸収量のものを試してみるとはき心地のよさが高まるはず。ただし、まめに交換できない場合は、長時間用をはいても問題ありません。

1回の排尿量を150mlで想定。一般的な高齢者の1回分の排尿量は100〜150ccといわれていますが、人によって異なるので確実性を高めるなら事前に測定しておくのも手です

吸収回数はあくまでも目安なので、交換できる頻度によって日中も長時間用を装着するのもあり。しかし、吸収回数が多くなるほどパッドの厚みも増すので、外出する際の服装にも配慮が必要となります

近年のトレンドは薄型とパッドなし

最近は、紙おむつをはいているけれど体自体は元気で気持ちも若い人が増えています。軽失禁パッドや失禁パンツから紙おむつに移行したほうがいいのに、紙おむつをはくのはイヤだからとムリをしてしまい尿もれしてしまったという人もいるほど、紙おむつは非常に抵抗感の大きいもの。そこで進められているのが、紙おむつの薄型化です。パンツタイプの紙おむつ全体で進められていますが、もっとも薄型化が進行しているのが吸収量2回分くらいの軽度のもの。ただ生地を薄くするだけでなく、ローウエストにしたり、足まわりのギャザーをなくしたり、服装に響かないようにさまざまな工夫が凝らされています。このくらいの吸収量のパンツタイプをはく人は、歩行ができ、自分でこまめにパッド交換もできる状態であることがほとんどなので、“紙おむつ感”がなくなるほど、よりアクティブに活動できるでしょう。

大王製紙「アテント 超うす型パンツ 下着爽快プラス」は、より下着に近い見た目とはき心地を実現。写真にある従来品も薄型タイプで、「超うす型パンツ 下着爽快プラス」と同じ吸収量(2回分)ですが、「超うす型パンツ 下着爽快プラス」のほうが生地のごわごわ感は少なく、股下も浅め。服の上からでも目立ちにくいでしょう

生地のごわごわした感じが抑えられているのに加え、足まわりのギャザーがないのもポイント。裁ち落としたような形状でも尿もれしないように、商品設計を工夫しているそうです。足まわりのひらひらのないタイプはあまり発売されていないので、要チェック!

薄型タイプは、収納がかさばらないのもうれしいポイント

なお、薄い仕上がりの「アテント 超うす型パンツ 下着爽快プラス」ですが、吸収力もバッチリ。表面から広範囲に尿を吸収するのではなく、センターに設けられたスリットから中に引き込み、そこから広範囲に吸収させることで尿もれや逆戻りを防ぎます

<その他の薄型パンツタイプ 〜主に自分で歩ける人向け〜>

・ユニ・チャーム「ライフリー 下着の感覚 超うす型パンツ」
ぴったりとフィットしながらも、通気性の高いシートなのでムレを防いで快適。ふんわりとした薄い素材なので、はき心地も上々です。吸収量は2回分で、MサイズとLサイズがラインアップ。

・花王「リリーフ パンツタイプ 超うす型まるで下着」
ひだができにくいストレッチ素材なので、体にフィット。普通の下着っぽいデザインのものは吸収量2回、3回分が用意されており、ラベンダーやアイボリーといっためずらしいカラーがあるのもポイント。また、吸収量は1回分となりますが、ローライズタイプもラインアップされています。

・ユニ・チャーム「ライフリー すっきりスタイルパンツ 男性用」
大人用紙おむつは基本的に男女共用で、女性用とされているものもカラーが異なるくらいで構造は同じというものがほとんど。しかし、この「ライフリー すっきりスタイルパンツ 男性用」は前側に男性器を出して排尿できる機能が付いています。

また、近年増えているのが、尿とりパッドを着けずにおむつ単体で使うことを推奨しているパンツタイプ。認知症症状がある場合、尿とりパッドを勝手に取り外してしまうことがあるため、おむつ単体で使えるものが続々と登場しています。

認知症患者の増加にともない、おむつ単体で使えるパンツタイプが増えているようです。パッドを使うタイプの場合、きちんと装着できていなかったり、要介護者が触るなどしてパッドがズレが起こることもありますが、そういった心配がないのもメリット

大王製紙「アテント 夜1枚安心パンツ パッドなしでずっと快適」は尿とりパッドなしで使用します。約8回分の排尿を吸収可能。寝た姿勢でも背中からのモレを防ぐ「背モレ防止ポケット」が後方に装備されています

<その他のおむつ単体での使用が推奨されている長時間用パンツタイプ>

・ユニ・チャーム「ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ」
背中から足の付け根にまでピタッとギャザーがフィットする構造とすることで、すき間モレを低減。吸収量は7回分で、MサイズとLサイズの商品がラインアップされています。

<尿とりパッドを組み合わせ使う長時間パンツタイプ>

・大王製紙「アテント さらさらパンツ長時間お肌安心 男女共用」
自分ではく時は片手でもはけ、介護者が要介護者にはかせる時にははかせやすいように、足まわりに伸縮性の高いゴムを採用。やわらかな素材なので、はき心地も◎。吸収回数は約5回分で、M〜LサイズとL〜LLサイズがラインアップされています。

・ユニ・チャーム「ライフリー 長時間あんしん うす型パンツ」
自分ではく時は片手でもはけ、介護者が要介護者にはかせる時にははかせやすいように、足まわりに伸縮性の高いゴムを採用。やわらかな素材なので、はき心地も◎。吸収回数は約5回分で、M〜LサイズとL〜LLサイズがラインアップされています。

なお、ここまでのパンツタイプは下着のような形であるため、上げ下げして着脱しますが、ちょっと変わった商品もあるので紹介しておきましょう。装着や内側の尿とりパッド交換をしやすいように、おむつのサイドが開くようになっているのが特徴です。

ユニ・チャーム「ライフリー 座ったままラクラク ズボンを脱がずに交換 リハビリパンツ」。吸収量は4回分で、MサイズとLサイズがラインアップされています

両脇のテープをはがすと、前側の面と後ろ側の面が分離します

両脇のテープをはがすと、前側の面と後ろ側の面が分離します

パンツに足を通してはかせるのではなく、展開したおむつを膝上くらいで貼り合わせてもとの状態に戻し、そこから紙パンツを引き上げてはかせる装着方法となります。テープは繰り返してつけ外しできるので、サイドを開いて尿とりパッドを交換することも可能

リブドゥコーポレーション「リフレ へんしん自在 ピタッチパンツ」。吸収量は6回分で、MLサイズとLLサイズがラインアップされています

前側にあるミシン目を破ると、上で紹介した「ライフリー 座ったままラクラク ズボンを脱がずに交換 リハビリパンツ」のようにおむつが展開

普通のパンツタイプの紙おむつと同じように上げ下げしてパッドを交換することもできますが、パンツの両脇を開いて尿とりパッドを交換時することも可能。日中はパンツタイプと同じように使い、就寝時にはおむつを展開してパッドを交換するという使い方もできます

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。記事内で紹介している商品は人によっては合わない可能性もありますので、試供品などがある場合は、試されてからの購入を推奨します。
  • 紙おむつは自治体の助成サービスが利用できるので(上限あり)、市区町村のホームページでご確認ください。
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る