貯める
ポイントの達人が語る!

「Apple Pay(アップルペイ)」と相性のよいクレジットカード6選(2018年版)

Apple Pay(アップルペイ)はiPhoneやApple Watchをかざすだけで登録した電子マネーやクレジットカードで決済できるサービスで、該当する端末のユーザーにとっては利便性が高く人気です。Apple Payに相性のよいクレジットカードを登録すれば、便利なだけでなくポイントもどんどんたまります。

そこでApple Payと相性のよいクレジットカードを、ポイントの達人としてメディアなどで活躍し、ポイント交換案内サービス「ポイ探」を運営する菊地崇仁さんが語ります。

Apple Payとは?


Apple Pay とは、新発売の「iPhone XS MAX」や「iPhone XS」、「iPhone 8」「Apple Watch Series3」など、ICカードと瞬時に情報のやり取りができるFeliCa(フェリカ)が搭載された端末で使える電子決済サービスです(FeliCa未搭載の端末では実店舗で利用不可)。Apple Pay にはクレジットカードやプリペイドカード、電子マネーが「iPhone 8」以降では合計12枚まで、それ以前のモデルでは合計8枚まで登録でき、電子マネーは「Suica」「iD」「QUICPay」の3種類が利用できます。

実店舗での支払いは端末にタッチするだけで、少額であればサインや暗証番号の入力は不要です。ネットショップでは「Apple Payで購入」を選択すればワンタップで支払いが完了します。Apple Payを利用すれば、普段の買い物では財布がカードでかさばる煩わしさから解放され、オンラインショップではクレジットカード情報を入力する手間が省けて大変便利です。
(関連記事:「Apple Pay(アップルペイ)」2018年版最新ガイド 仕組みとメリットをおさらい!

登録するクレジットカードの注意点は?

Apple Payには、日常生活でよく使うカードをメインカードとして登録し、ポイントの還元率などを考慮してサブカードを2〜3枚くらいプラスするといいでしょう。

ただし、登録するカードの国際ブランド注意が必要です。「JCB」と「Mastercard」は実店舗だけでなく、ネットショップやモバイルSuicaのチャージにも対応していますが、「Visa」はネットショッピングやモバイルSuicaのチャージには対応していません(実店舗では利用可能)。どこでも気兼ねなく使えるという意味では、「JCB」と「Mastercard」の相性がいいでしょう。

クレジットカードのそもそものスペックが一番大事!

残念ながら、Apple Payで決済したからお得になるといった特典のあるカードは今のところありません。そのため、Apple Payでのクレジットカード利用を前提とした場合は、「ポイントのたまりやすさ」「利便性・付帯サービスの充実度」といった、そもそものカードスペックや「電子決済でのポイント還元率」など実生活との相性も重視するといいでしょう。

それでは、ポイントがたまりやすいなど、ぜひともApple Payに搭載したい、おすすめの高スペックカードをご紹介します。

楽天市場のヘビーユーザーならゴールドカードでさらにお得

「楽天カード」は、年会費無料で基本の還元率が1.0%と高いのでとても有利です。もし楽天市場など楽天グループのサービスをよく使うようであれば、年会費2,160円(税込)払ってでも通常のポイント還元率がアップする「楽天ゴールドカード」がおすすめです。

欲しいものはアマゾンで検索するあなたは

ネットショッピングはAmazonが中心という方にとっては、「Amazon Mastercardクラシック」がよいでしょう。還元率は1.0%と高くAmazonプライム会員(年会費3,900円、税込)になるとポイント還元率が2.0%になります。

一般カードの中では驚異の還元率1.2%!

「リクルートカード」は、年会費無料でポイント還元率が1.2%と高いのが特長です。たまったリクルートポイントはPontaポイントに交換できます。Pontaポイントはローソンなどさまざまな提携店で利用でき、リクルートカードとPontaカードを両方提示すれば二重でポイントをためることができます。

QUICPay利用で還元率がアップする年会費の安いゴールドカード

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、基本の還元率は1.0%ですがQUICPayで払うと必ず1.5%の還元になります(カード本体にはiDも搭載)。コンビニなどの実店舗で電子決済をよく利用する人にはおすすめです。ゴールドカードにもかかわらず、年会費が1,950円(税込)と安いのも魅力です。

キャンペーンを利用すればポイントがどんどんたまる

「dカード」は、ローソンやローソンストア100で利用すると後日、請求額から3.0%が割引され、ポイントカード提示で1.0%、クレジット決済で1.0%のポイントが加わって、実質5.0%もの還元率になります。期間限定のポイントアップキャンペーンも頻繁に実施されているので、ポイントがどんどんたまります。

プリペイドカードでもクレジットカード並みの還元率

Apple Payには、クレジットカードだけでなくプリペイドカードも登録できます。具体的には「au WALLET プリペイドカード」と「ソフトバンクカード」がApple Payに対応しています。プリペイドカードなら「au WALLET プリペイドカード」がおすすめです

「au WALLET プリペイドカード」は、国際ブランドが「Mastercard」の楽天カードでチャージした場合に1.0%、Apple Payの決済で0.5%のポイント還元になり、合計の還元率は1.5%になります。また、au簡単決済でチャージすると、月額の通話料金と合算して引き落とされます。引き落とし先を楽天カードにしておけば楽天スーパーポイントもたまります。ソフトバンクカードは、おまかせチャージを設定すると還元率は1.0%となりますが、「Visa」ブランドのみのため実店舗以外では利用できません。

まとめ

Apple Payに登録するクレジットカードは、国際ブランドが「JCB」か「Mastercard」でポイント還元率の高いカードがおすすめです。またコンビニ利用が多い、ネットショッピングをよく使うなど自身のライフスタイルによって相性のよいカードは変わるので、自身の利用シーンを想定してどのカードを登録するか決めるといいでしょう。

※記事の内容は、2018年10月13日時点のものです。本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。

取材・文:末吉陽子(やじろべえ)

菊地崇仁

菊地崇仁

北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る