節約
普通に使うだけでも常時2%のキャッシュバック

決済アプリKyashなら“ポイント三重取り”で還元率5%超えも可能に【節約ハック】

※編集部注
下記は、2019年9月30日(月)まで有効な情報です。2019年10月1日(火)からは、新しいインセンティブプログラム「Kyashポイント」に変更される予定です。

―――

現金を使わずに支払う「キャッシュレス決済」が盛り上がりを見せています。その背景には「消費動向などのビッグデータの収集」や「現金の輸送コストの軽減」など、サービス提供側のさまざまな思わくがあるようですが、我々ユーザーの関心は「それを使って、どれくらいお得に買い物が楽しめるの?」という点に尽きるのでないでしょうか?

常時2%キャッシュバックの決済アプリが話題に

オンラインの買い物に使えるKyashのバーチャルカード(一部画像を加工しています)

オンラインの買い物に使えるKyashのバーチャルカード(一部画像を加工しています)

こちらはKyashのリアルカード。アプリから申込み、10日ほどで到着。記事の後半で実際にリアル店舗で使用した感想をレポートしています(一部画像を加工しています)

今回紹介するのは、節約好きの間で話題になっている「Kyash(キャッシュ)」というウォレットアプリです。Kyashは簡単に言うとキャッシュレス決済のためのツールで、個人間の送金が簡単に行えたり、買い物の履歴が残せたりといったウォレットアプリならではの機能を備えています。それに加えて「Kyashで決済すると常時2%キャッシュバック」というインパクトの強いサービスを打ち出しています。昨今、1%程度の還元率のクレジットカードで「高還元」と見なされていますので、Kyashの「2%還元」がいかに大きな数字かわかるはずです。

しかも、お得なのはこれだけではありません。Kyashにクレジットカードや最近話題のQRコード決済をひも付けることで、それらのポイント還元なども加わり、「二重」「三重」の「ポイント多重取り」もできてしまうのです。

まさに、節約優等生とも言えるKyash。ウォレットアプリということで、使うのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、これだけの節約効果をただ見過ごすのはもったいないこと。この記事で、まずはKyashの実力を知ってもらえればと思います。

Kyashは簡単に「Visaカード」を発行できるスマホのアプリ

Kyashは、株式会社Kyashが2017年にローンチしたウォレットアプリです。Kyashの大きな特徴は「スマホで簡単にVisaカードを発行できる」ということ。このカードを使って、リアルやオンラインの店舗での買い物に使うのが基本的な仕組みです。Visaの決済システムを使っているので、Visaカード対応の店舗であれば、基本的にKyashで支払うことができます。

Kyash(キャッシュ)
運営会社:株式会社Kyash
ローンチ:2017年
公式サイト:https://kyash.co/
アプリはApp StoreGoogle Playでダウンロード可能

しかし、ここまでなら「既存のクレジットカードと何が違うの?」「わざわざKyashを使う意味は?」という声が聞こえてきそうです。Kyashがすぐれているのは、ほかにない際立った特徴があるからです。順番に見ていきましょう。

Kyashのここがスゴイ1
⇒Kyashで支払うと決済金額の2%がキャッシュバックされる

すでに触れていますが、Kyashを使って支払うと決済金額の2%がキャッシュバックされます。戻ってくるのはKyash残高という独自のポイントで、Kyashで決済する際に1P=1円で使うことができるものです。つまり、毎日の買い物をKyashでの支払いに置き換えるだけで、2%お得になることを意味します。

Q. Kyashは、なぜ2%もの還元ができるのか?

A. 報道されているKyash関係者の取材記事を総合すると、「後発のスタートアップ企業としての宣伝効果を狙って」という意味合いが強いそうです。普通に広告を打つよりも、高い還元率を打ち出すほうがユーザーの獲得効率がよいとの判断なのでしょう。ユーザーにとってはうれしい限りですが、こうした背景があるので、高い還元率がいつまで続くかはわかりません。

参考記事:Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開(The Finance)https://thefinance.jp/fintech/181204

Kyashのここがスゴイ2
⇒きわめて簡単に「カード」が作れる

前述のとおり、Kyashでは「Visaカード」を発行することができます。厳密に言うとこのカードは「プリペイドカード」で、後で詳しく説明しますが事前に入金(コンビニなどでKyash残高をチャージ、あるいは引き落とし用のクレジットカードを登録するなど)することで決済に使えるようになります。

Kyashのカードは実に簡単に発行することができます。これは事前入金で決済するプリペイドカードならではの強みと言えるでしょう。つまり、クレジットカードのようにユーザーの信用情報の調査や本人確認が不要で、パソコンやスマホで申し込むだけでOKという手軽さです(ただし未成年は保護者の同意が必要)。

カードは「バーチャル」と「リアル」の2種類があり、バーチャルカードなら、メールアドレスと電話番号だけあればすぐに作れ、オンライン決済で使うことができます。またリアルカードは文字どおり実際のカードで、申し込み後に送られてきます。こちらは、オンライン決済に加え、リアルの店舗での買い物にも使えます。

カード発行に必要な情報は、メールアドレス、自分で設定するパスワード、生まれた年、電話番号の4つ(一部画像を加工しています)

バーチャルカードかリアルカードか、好きなほうを選択します。今回はバーチャルカードを選択(リアルカードはバーチャルカード発行後に申し込むことも可能)

インストールから数分もかからずにVisaカード(バーチャルカード)を発行。チャージすることですぐにオンラインでの買い物に使え、2%キャッシュバックも適用されます(一部画像を加工しています)

Kyashのここがスゴイ3
⇒クレジットカードをひも付けるとポイントが二重取りできる

ここからはKyashを使った「節約ハック」の応用編です。前述のとおりKyashで発行できるのは「Visaのプリペイドカード」という位置付けです。そのため、あらかじめKyashに入金し、「Kyash残高」をチャージして使うのが基本になります。入金方法は下記の3つあります。

・コンビニで現金をチャージ
・銀行でペイジーを使ってチャージ
・クレジットカードから自動チャージ

このうち、注目したいのは「クレジットカードから自動チャージ」です。あらかじめクレジットカードをKyashに登録しておけば、仮にKyash残高が足りない場合、不足分がクレジットカードから引き落とされます。その際、クレジットカードの引き落とし額に応じて、クレジットカード側のポイントも貯まるため、「Kyashの2%キャッシュバック」と「クレジットカードのポイント」の二重取りになるのです。

(活用例)Kyashに「楽天ゴールドカード」をひも付けた場合


・Kyash残高が400円
・楽天ゴールドカードの自動チャージを設定済み

と仮定し、Kyashを使って1,000円の買い物をするケースで考えます。

まず、400円分はKyash残高から支払われ、残りの600円分はクレジットカードから引き落とされることになります。この際のポイント還元は下記のとおりです。


・Kyashの2%キャッシュバックが適用 → 1,000円×2%=20円キャッシュバック(Kyash残高)
・楽天ゴールドカードのポイント還元 → 600円×1%=6ポイント(楽天スーパーポイント)


つまり、合計で2.6%相当が還元される計算になります。


これが仮に、Kyash残高0円だった場合は、1,000円全額を楽天ゴールドカードで決済する計算になり、10ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。つまり、合計3%相当の還元になります。

ぜひ、高還元のクレジットカードとの組み合わせを探してみてはいかがでしょうか?
※Kyashにひも付けられるのはVisaまたはMastercardのクレジットカードになります。

Kyashのここがスゴイ4
⇒QRコード決済にもひも付け可能で、三重取りもできてしまう

賢い人ならすでにお気づきかもしれませんが、「Kyashのここがスゴイ3」の仕組みを応用し「さらにもう1枚かませる」ことでポイント獲得のチャンスが広がります。かませるのはQRコード決済です。

QRコード決済の中には、利用することでポイントが貯まるものがあります。そのQRコード決済の決済手段としてKyash(クレジットカードから自動チャージを設定済み)をひも付けることで、ポイントが三重取りになるというわけです。

(活用例)Kyashに「楽天ゴールドカード」をひも付け、さらにQRコード決済の「Origami Pay」の支払い元にKyashを設定した場合


・Kyash残高は0円
・楽天ゴールドカードの自動チャージをKyashに設定済み
・上記のKyashをOrigami Payの支払い元に設定

この状態で、Origami Payで1,000円の買い物をするケースで考えます。

・Origami Payの2%OFFが適用 → 1,000円×2%=20円が割引に
・Kyashの2%キャッシュバックが適用 → 1,000円×2%=20円キャッシュバック(Kyash残高)
・楽天ゴールドカードのポイント還元 → 1,000円×1%=10ポイント(楽天スーパーポイント)


つまり、合計で5%相当が還元される計算になります。

KyashをOrigami Payの支払い元に設定した画面。見た目は普通のVisaカードと変わらないため、もしほかのVisaカードも登録している場合は(Origami Payは複数のカードを登録できるため)、混同しないように注意が必要(一部画像を加工しています)

下記の記事では、現在幅広く使われている6つのQRコード決済の還元率やキャンペーンの情報をまとめています。こちらもあわせてお読みください。

Kyashのここがスゴイ5
⇒ユーザー側の利用手数料は無料

いくら高い還元率を誇っていても、使うのに高いコストがかかっては元も子もありません。Kyashはユーザーが「Kyash Visaカード」を利用して買い物をすると、店舗からカード発行発行会社であるKyashに決済手数料が支払われる仕組みです。つまり、ユーザーが手数料を負担する必要はなく、また、カードの年会費も必要ありません。つまり「高還元」をそのまま享受できるのです。

KyashにどのクレジットカードやQRコード決済をひも付けるか? あれこれ考えてみるのも楽しそうです

KyashにどのクレジットカードやQRコード決済をひも付けるか? あれこれ考えてみるのも楽しそうです

Kyash利用時の注意点もチェックしておこう

いいことずくめのように感じるKyashですが、利用の際には注意が必要な点もあります。下記の4点は頭に入れておきましょう。

Kyashの注意点1
⇒キャッシュバック対象外の取引がある

Kyashのキャッシュバックの対象とならない取引は下記のとおりです。

キャッシュバック対象外の取引一覧

・買い物がキャンセルになった決済
・WAON/nanaco/楽天Edyなどへのチャージ
・Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入
・交通系電子マネー PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなどへのチャージ
・寄付の支払い
・公共料金の支払い
・各種税金、ふるさと納税の支払い、Yahoo!公金支払い
・金券、商品券や有価証券などの現金同等物の購入
・郵便局の販売サイト
・造幣局の販売サイト

公式ページもご参照ください。

Kyashの注意点2
⇒キャッシュバックにはタイムラグがある

キャッシュバックされるタイミングも理解しておきましょう。買い物をしてすぐにはキャッシュバックが反映されないので「焦り」は禁物です。

Kyashのキャッシュバックのタイミング


・キャッシュバックは、決済が成立した月の翌月末に付与されます。

(例)
6/25に1,000円の商品を購入(仮売上の状態) ⇒ 7/5に1,000円の売上電文をKyashが受信(売上成立) ⇒ 8月末にキャッシュバックとして20円を付与(7月分の対象)

Kyashの注意点3
⇒利用限度額が細かく設定されている

Kyashでは、決済金額などの上限が細かく設定されています。1回の決済で使えるのは最高でも5万円なので、高価な家電製品の購入などには使えない点には留意しておきましょう。

■Kyash残高の保有限度額
・1,000万円以下


送金
・1回あたりの送金限度額は5万円以下
・1か月間(毎月1〜末日)での送金上限は10万円まで
・1回あたり送金できる人数はひとりまで
・1回あたり請求できる人数は10人まで


決済(購入)
・前述のとおりKyashには「バーチャルカード」と「リアルカード」があります。どちらを保有しているかによって、決済(購入)のルールが異なります。


バーチャルカードだけを持っている人
・24時間あたりの利用限度額は3万円以下
・1回あたりの利用限度額は3万円以下
・1か月間(毎月1〜末日)での利用限度額は12万円まで


リアルカードを持っている(有効化している)人
・24時間あたりの利用限度額は5万円以下 
・1回あたりの利用限度額は5万円以下
・1か月間(毎月1〜末日)での利用限度額は12万円まで
⇒月の途中で、バーチャルカードからリアルカードに切り替えた場合は、各カードの上限金額が適用されます。

Kyashの注意点4
⇒Kyashで発行できるVisaカードには有効期限がある

Kyashで発行するVisaカードには有効期限があります。これは、既存のクレジットカードと同じですね。

・発行したカードの有効期限は5年
・有効期限内の利用限度額は、総額で100万円まで


有効期限内での利用が100万円を超える際には、カードを更新することで継続しての利用が可能です。上限が近くなった場合、Kyashから連絡届く仕組みになっています。また、カードを更新してもKyash残高は引き継がれます(Kyash残高の有効期限は無期限)。

編集部員が発行したバーチャルカードの有効期間は、5年後の2024年5月まで

編集部員が発行したバーチャルカードの有効期間は、5年後の2024年5月まで(一部画像を加工しています)

ストレスフリーで導入できる!

この記事を作るにあたり、編集部員も実際にKyashをインストールしバーチャルカードを実際に発行してみましたが、インストールからの流れは実にスムーズで、ユーザーインターフェースにかなりこだわっている印象です。

また、同時にリアルカードにも申し込みましたが、当初は「現在申し込みが集中しており、届くまでに数週間かかる」旨がアプリ上に表示され、その人気ぶりがうかがえました。しかし実際は、申し込みから10日程度で手元に到着する結果に。ここでは、Kyashのリアルカードについて補足します。

Kyashのリアルカードが到着。その使い心地は?

まず、リアルカードの材質ですが、他のクレジットカードによくあるような券面の光沢がなく、マットな仕上がりです。個人的にはシックな印象を受けましたが、人によっては意見が分かれる点かもしれません。

鮮やかなブルーが印象的なKyashのリアルカード。写真ではなかなか伝えづらいものの、券面はマットな仕上がりで光沢はありません(一部画像を加工しています)

使用感はクレカと同じ。Kyash残高優先に注意

早速、セブンイレブンとファミリーマートで支払いに使用しましたが、問題なく決済することができました。支払いの際は「クレジットカードで」と伝えれば、店員さんもスムーズに対応してくれます。使い心地に関しては、クレジットカードとほとんど変わらない印象です。

ただ、これは個人的な感覚かもしれませんが、普通のクレジットカードに比べ、レジを通した後の「決済完了」までに、数秒ほどかかる印象です(レシートが出てくるまでに時間が少し長く感じました)。アプリ内の処理や、ひも付けているクレジットカードの処理が影響しているのかもしれません。

また、支払いはKyash残高から優先して行われ、設定でこれを変更することはできません。QRコード決済の中には、貯まったポイントを使うかどうか設定できるものもあります。ここは、今後に向け、改善を期待したい点かもしれません。

買い物の履歴はアプリに残る

下の画面は、アプリ内の履歴画面です。セブンイレブン、ファミリーマートでの買い物も、金額とともにログに残っています。先ほど、「レジでの決済完了にやや時間がかかる印象」と書きましたが、ひとたび決済が終わると、即座にスマホのプッシュ機能で支払い完了の旨が飛んで来るので、無事にKyashでの決済が終わったことを実感できます。

Kyashのアプリ内で、支払いの履歴が確認できます。コンビニでの決済が終了するのとほぼ同時に、プッシュ機能でスマホに「支払い完了」の通知が来ます(一部画像を加工しています)

1年で1万〜3万円程度の還元は射程圏内

JCBの調査(※)によると、クレジットカードの月平均の利用額は、「一番多く使うカード」で5.16万円。「2番目に多く使うカード」で1.45万円という結果だったそうです。合計すると月に6.5万円程度。おそらくこの金額は、読者の皆さんの実感値とも近いのではないでしょうか?

上記の「Kyashの注意点1」で書いたように、Kyashのキャッシュバック対象外の決済もありますが、それらを考慮して仮に年間60万円を「Kyashをかませて」決済するだけで、2%還元なら1万2,000円。クレジットカード(1%還元)をひも付けて合計3%の還元なら1万8,000円。さらにQRコード決済(仮に2%還元のOrigami Pay)をひも付けて合計5%の還元なら3万円お得になる計算です。

好むと好まざるにかかわらず、キャッシュレス決済の普及を後押しするお得なツールやキャンペーンはこれからも登場してくるはずです。今回紹介したKyashも、2019年7月にアメリカのベンチャーキャピタル「Goodwater Capital」などから、約15億円の資金調達を実施したと発表。来たるべきキャッシュレス社会に向け、さらなる開発体制の強化をはかる見込みです。変化が大きいキャッシュレス業界。こまめな情報集めと「まずは試してみる」精神が、これからの時代の「節約の王道」かもしれません。

※クレジットカードに関する総合調査 2018年度版調査結果レポート(株式会社ジェーシービー)より https://www.global.jcb/ja/press/00000000162779.html

価格.comマネー編集部

価格.comマネー編集部

投資・資産運用・保険・クレジットカード・ローン・節約に至るまで、マネーに関する情報を毎日収集。「知らないで損するなんてもったいない」をモットーに、読者のためになる記事を制作します!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る