増やす
ANAマイラー待望のゴールド、非接触型決済を3種搭載など個性派カードが続々

2020年春、新登場のカード4選! 初年度3%還元「LINE Payクレジットカード」などを解説

近頃のキャッシュレス関連のニュースと言えば、QR・バーコード決済の話題が多いが、クレジットカードも負けてはいない。初年度3%還元の「Visa LINE Payクレジットカード」の一般申し込みが2020年4月下旬より始まるのをはじめ、この春は新しいクレジットカードが続々と登場している。その中でも注目の4枚を紹介する。
(本記事内の価格表記は基本的に税込です)

【1】Visa LINE Payクレジットカード:2021年4月までは3%還元

まずは、最も注目を集める「Visa LINE Payクレジットカード」から紹介する。もともとは2019年中にオリコから発行される予定だったが、業務提携解消を経て、三井住友カードから発行されることになった。2020年4月18日現在、申し込み受け付けは昨年の先行案内時に応募した人のみ可能で、一般申し込みの受付時期は4月20日以降に発表される予定となっている。

「Visa LINE Payクレジットカード」の目玉は、2021年4月までは利用金額に対して3%のLINEポイントが貯まること。クレジットカードは1%でも高還元と言われるので、3%は大盤振る舞いと言える数字だ。基本還元率は1%だが、2021年5月以降の還元率については改めて案内される予定なので、3%還元で使えるうちに申し込んでおいたほうがよいだろう。LINEポイントはLINE Payのスマホ決済時に1P=1円として利用できるほか、LINEの各種サービスで支払いに充当可能だ。有効期限は、最後にポイントを獲得した日から180日後となっている。

また、LINEでは2020年5月からLINE POINT CLUBの制度が開始予定で、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」のランクに応じた特典を受けられるようになるが、最上位のプラチナは「Visa LINE Payクレジットカード」を保有していることが必須条件となる。

特徴1:Visaのタッチ決済機能が搭載

「Visa LINE Payクレジットカード」は機能面も充実している。カードにはVisaのタッチ決済の機能が搭載されており、ローソンやマクドナルドなどの対応店では、端末にカードをタッチするだけで支払いができる。

特徴2:スマホ決済「LINE Pay」が、チャージなしで利用可能に

2020年5月からは「チャージ&ペイ」と呼ばれる機能も開始予定。スマホ決済「LINE Pay」は通常、事前に銀行口座などからチャージした残高から引き落とされるが、「Visa LINE Payクレジットカード」を登録して「チャージ&ペイ」を選択すれば、残高ではなく「Visa LINE Payクレジットカード」からの支払いとなる。つまり、チャージなしで「LINE Pay」のスマホ決済が利用できるようになる。

特徴3:2020年夏から、支払いと同時にLINEアカウントに決済通知が送信

さらに2020年夏からは、支払いと同時にLINEアカウントに決済通知が送られてくるサービスが開始予定。不正利用された際に気付きやすくなるため、セキュリティ面を重視する人にはうれしい機能だ。決済額を間違えられた際も、すぐに気付くことができるので、レシートを受け取り忘れがちな人にも役立つだろう。

特徴4:東京2020オリンピックエンブレムデザインの券面も

「Visa LINE Payクレジットカード」の年会費は初年度無料で、2年目以降は1,375円。ただし、年に1度でも利用すれば次年度は無料になるため、実質的には年会費無料で利用できる。デザインは色違いで4種類あるが、こちらは6月ごろから受け付け開始予定。それまでは東京2020オリンピックエンブレムデザインとなり、赤と青の2種類から選べる。

Visa LINE Payクレジットカード
発行元/三井住友カード
国際ブランド/Visa
年会費/1,375円(初年度無料)
ポイント/LINEポイント
還元率/3%(2021年4月30日までの予定)

東京2020オリンピックエンブレムデザインの「Visa LINE Payクレジットカード」(写真はプレスリリースより引用)

東京2020オリンピックエンブレムデザインの「Visa LINE Payクレジットカード」(写真はプレスリリースより引用)

【2】Tカード Prime:毎週日曜は1.5%還元

続いては、2020年3月30日に申し込み受け付けが開始された「Tカード Prime」。ジャックスがTポイントと提携して発行するカードだ。利用額に応じてTポイントが貯まり、通常は100円につき1P。毎週日曜は200円につき3Pの1.5%還元になる。

特徴1:宿泊・レジャー施設や大手映画館など17万か所以上で優待

「Tカード Prime」は全国17万か所以上で割引などの優待が受けられる会員制サービス「J’sコンシェル」が利用できることも特徴。宿泊・レジャー施設をはじめ、大手映画館、カラオケ、ネットカフェ、さらに医療、育児、介護など、幅広い施設・サービスが対象だ。

特徴2:海外旅行保険は最高2000万円が自動付帯

旅行傷害保険も付帯しており、海外最高2,000万円、国内最高1,000万円を補償。海外はカードを保有しているだけで適用される自動付帯となり、国内は所定の旅行代金を事前にカードで払った場合のみ適用される利用付帯となる。

特徴3:入会金、更新料不要でTSUTAYAのレンタル会員証としても利用可能

年会費は初年度無料で、2年目以降は1,375円。年に1度でも利用すれば次年度は無料になるため、実質的には年会費無料で利用できる。カードにはTポイント機能が付帯しており、TSUTAYAのレンタル会員証としても利用可能。レンタル入会金・更新料は無料となる。

Tポイントが直接貯まるクレジットカードは多数あるが、基本還元率が1%以上となるのは、「Yahoo! JAPANカード」、「Tカードプラス PREMIUM」、そして新登場の「Tカード Prime」の3枚のみとなる。いずれも年会費無料または実質無料で持つことができ、それぞれ強みは異なるが、「Tカード Prime」は毎週日曜の1.5%還元、全国各地で優待を受けられる「J’sコンシェル」、旅行傷害保険を付帯していることが特長。週末に出かける機会が多い人に向いたカードと言えそうだ。

Tカード Prime
発行元/ジャックス
国際ブランド/MasterCard
年会費/1,375円(初年度無料)
ポイント/Tポイント
還元率/1%

通常は1%還元だが、毎週日曜日には1.5%還元にアップする「Tカード Prime」(写真はプレスリリースより引用)

【3】Orico Card THE GOLD PRIME:年会費1万1,000円のゴールド。iD・QUICPay払いは1.5%還元

4月1日より申し込み受け付けが開始された「Orico Card THE GOLD PRIME」は、オリコが発行する年会費1万1,000円(Web申し込みは初年度無料)のゴールドカード。利用金額に応じてオリコポイントが貯まり、基本は100円につき1Pの1%還元。オリコポイントは500Pから交換でき、基本1P=1円相当。各種電子マネーや共通ポイント、Amazonギフト券、ANAやJALのマイルなど、約20種類の交換先が選べる。

特徴1:Mastercard Contactlessを含めた3種類の非接触型決済が搭載

カードには3種類の非接触型決済が搭載されており、iD、QUICPay、Mastercard Contactlessを利用可能。そのうちiDまたはQUICPayで支払った際は、0.5%のポイント特別加算があり、1.5%還元になる。

特徴2:オリコモールを経由すれば、Amazon.co.jpで2.5%還元

「Orico Card THE GOLD PRIME」は、「オリコモール」を経由したネットショッピングでも、1%の特別加算が受けられる。「オリコモール」は対象のカードを使って掲載されているショップを利用すると、ショップごとに設定された還元率でオリコポイントが貯まり、たとえばAmazon.co.jpは0.5%に還元率が設定されている。これを「Orico Card THE GOLD PRIME」で支払うと、通常利用分の1%、特別加算分の1%のポイントも貯まり、合計で2.5%還元になる。

特徴3:空港ラウンジの利用をはじめ、海外旅行の付帯サービスが充実

ゴールドカードのため、付帯サービスも充実している。空港ラウンジサービスは、国内32空港、および韓国の仁川国際空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港で利用可能。また、ハワイとシンガポールの街中にあるラウンジも利用できる。

さらに世界100万か所以上のWi-Fiスポットが使える「Boingo Wi-Fi」、保健師や看護師などの医療スタッフに24時間365日電話相談ができる「オリコマイドクター24H」、全国の宿泊・レジャー・グルメ施設などで優待が受けられる会員制サービス「Orico Club Off」も利用可能だ。

特徴4:海外旅行保険も最高5000万円が自動付帯

旅行傷害保険は海外、国内ともに最高5,000万円を補償。家族も最高1,000万円が補償される家族特約も付帯。海外はカードを保有しているだけで適用される自動付帯となり、国内は所定の旅行代金を事前にカードで払った場合のみ適用される利用付帯となる。海外航空機遅延費用等補償特約もあり、航空機の遅延や欠航で発生した宿泊費(乗継遅延時のみ)や食事代、手荷物の遅延や紛失で発生した衣料費などが最高3万円まで補償される。ショッピング保険も年間最高300万円まで補償が受けられる。

このほかにもオリコからは、年会費無料の「Orico Card THE POINT」から、年会費2万370円の「Orico Card THE PLATINUM」まで、グレードに応じて付帯サービスが異なるクレジットカードが数種類発行されている。自分の利用状況に応じて、コスパのよい年会費のカードをチョイスしよう。

Orico Card THE GOLD PRIME
発行元/オリエントコーポレーション
国際ブランド/MasterCard
年会費/1万1,000円(初年度無料)
ポイント/オリコポイント
還元率/1%

3種類の非接触決済機能が搭載された「Orico Card THE GOLD PRIME」(写真は公式サイトより引用)

3種類の非接触決済機能が搭載された「Orico Card THE GOLD PRIME」(写真は公式サイトより引用)

【4】ソラチカゴールドカード:ANAマイラーの人気カードに待望の上位版

最後は3月30日に申し込み受け付けが開始された「ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)」。ジェーシービーが東京メトロと提携して発行し、数あるANAカードのなかでも屈指の人気を誇る「ソラチカカード」のゴールド版だ。年会費は1万5,400円。参考までに新登場の「ソラチカゴールドカード」と、既存の「ソラチカカード」の主な相違点を表にまとめた。

特徴1:1枚のカードでANAマイル、メトロポイント、Oki Dokiポイントを貯められる

ソラチカゴールドカードにはANAマイレージクラブ、PASMOの機能も付帯。1枚のカードでANAのマイル、東京メトロのメトロポイントおよびメトポ、発行会社であるジェーシービーのOki Dokiポイントを貯めることができる。なお、メトロポイントはTo Me CARD会員のみ貯めることができ、メトポはPASMOを保有していれば誰でも貯められる(どちらも要申込)。

クレジット払いの際はOki Dokiポイントが貯まり、基本1,000円につき1P。年間利用額に応じて次年度のポイント付与率はアップし、年間50万円以上利用で+10%、100万円以上で+20%、300万円以上で+25%となる。通常の「ソラチカカード」の場合は、年間300万円以上利用時のポイントアップはなく、+20%が最高だ。

特徴2:入会と毎年の継続時に2,000マイルが積算

マイルに関してはほかのANAゴールドカードと同様に、入会および毎年の継続時に2,000マイルが積算。ANAおよび提携航空会社の搭乗で貯まるANAフライトマイルは、通常よりも25%アップする。ちなみに一般カードの場合は、入会・継続は1,000マイル、搭乗ボーナスマイルは10%アップだ。

特徴3:東京メトロ1乗車につき平日20P、土休日40Pのメトロポイントが積算

メトロポイントについては付帯のPASMOで東京メトロに乗車すると、1乗車につき平日は20P、土休日は40Pが貯まる(定期区間対象外)。また、対象の駅売店や自販機で買い物をした際も、1〜2%のメトロポイントが貯まる。普通の「ソラチカカード」の場合は、乗車ポイントが平日5P、土休日15Pで、対象店利用時も0.5〜1%還元。

Oki DokiポイントはANAのマイル、メトロポイントに交換できる。ANAのマイルに交換の場合は1P→10マイル(ボーナスで獲得したポイントは1P→3マイル)、メトロポイントに交換の場合は100P→500P。ANAのマイルとメトロポイントは相互交換可能で、ANAからは1万マイル→1万P、メトロポイントからは100P→90マイルとなる。

「ソラチカゴールドカード」で貯まる3種類のポイント・ANAマイルの相関図(公式サイトより引用)

「ソラチカゴールドカード」で貯まる3種類のポイント・ANAマイルの相関図(公式サイトより引用)

ここからややこしくなるが、前年に300万円以上利用していた場合、ポイント付与率が25%にアップし、単純計算で年間80万円の利用で通常ポイント(Oki Dokiポイント)800P+ボーナスポイント(Oki Dokiポイント)200Pが貯まる。最終的にANAマイルに集約する場合、
(1)通常ポイント800P→ANAマイル8,000マイルに交換
(2)ボーナスポイント200P→メトロポイント1,000Pに交換
(3)(2)のメトロポイント1,000P→ANAマイル900マイルに交換
することが可能で、(1)+(3)で合計8,900マイルを貯めることができる。これを利用した80万円で割って、マイル還元率に換算すると1.1125%。メトロポイントを経由しない場合は還元率1.075%なので、0.0375%の上乗せができる。なお、Oki Dokiポイントのボーナスポイントは、マイルには500P以上1P単位、メトロポイントには200P以上100P単位での交換となる。

特徴4:ANA国際線利用時に、ビジネスクラス専用カウンターでチェックイン可能

ポイント、マイル以外の特典としては、ANA国際線利用時にビジネスクラス専用カウンターでチェックインできることや、ANAグループ空港内免税店で10%引き(一般カードは5%引き)、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを直接予約した際に朝食とウェルカムドリンクが無料などの特典がある。

空港ラウンジサービスは、国内32空港、およびハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港で利用可能。また、世界1,100か所以上の空港ラウンジを1回32米ドルで利用できる「ラウンジ・キー」のサービスも付帯している。

特徴5:海外旅行時は、家族も最高1000万円が補償される特約が付帯

旅行傷害保険は海外最高1億円、国内最高5,000万円を補償。海外旅行時は家族も最高1000万円が補償される家族特約も付帯。海外・国内ともにカードを保有しているだけで適用される自動付帯だが、海外については所定の旅行代金を事前にカードで支払っていない場合は、死亡後遺障害時の最高補償額が5,000万円となる。

航空機遅延保険もあり、海外・国内ともに航空機の遅延や欠航で発生した宿泊費(乗継遅延時のみ)や食事代が最高2万円、手荷物の紛失で発生した衣料費などが最高4万円まで補償される。ショッピング保険も年間最高500万円まで補償が受けられる。

ソラチカゴールドカード
発行元/ジェーシービー
国際ブランド/JCB
年会費/1万5,400円
ポイント/Oki Dokiポイント
還元率/0.5%

ANAマイラー人気の「ソラチカカード」の上位版として登場した「ソラチカゴールドカード」(写真はプレスリリースより引用)

まとめ

それぞれ特徴の異なる4枚の新登場カードについて、概要を下記に表にまとめた。

「Visa LINE Payクレジットカード」と「Tカード Prime」は、実質年会費無料で利用でき、ポイントの使い道に困る心配も少ないので、持っておいて損はないだろう。特に「Visa LINE Payクレジットカード」は、3%還元で利用できるのは2021年4月までで、おそらく申し込みが殺到して発行までに時間がかかると予想されるので、早めに申し込んでおくことをおすすめする。また、公式サイトには「3%還元の期間は、予告なく変更・終了となる可能性がある」という注意書きが記載されているので、利用している間も、情報をこまめにチェックしておいたほうがよいだろう。

「Orico Card THE GOLD PRIME」は電子マネーやネットショッピングを利用する人向き。「ソラチカゴールドカード」はANAのマイルを貯め、かつ東京メトロを利用する人におすすめの1枚。どちらも年会費1万円以上のゴールドカードのため、利用目的が合う人でなければ持つ意味がない。検討の際はほかのグレードのカードや、同じグレードでも異なる種類のカードと比較して、本当に一番トクになるのかシミュレーションをしたほうがいいだろう。

※本記事は、執筆者個⼈または執筆者が所属する団体などの⾒解です。また、各サービスには⼀部対象外となる店舗や商品があります。ご利⽤の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。

タナカヒロシ

タナカヒロシ

普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、2008年に当時勤めていた会社の都合でクレジットカード本を制作。以降、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなり、各種媒体で編集・執筆を手がける。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
クレジットカード・ローンのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る