AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の両方を楽しめる超ハイスペックモデル

TangoとDaydreamに対応したSIMフリースマホ「ZenFone AR」 発売は夏

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASUS JAPANは2017年4月13日、GoogleのAR規格「Tango」とVR規格「Daydream」に対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone AR(ZS571KL)」を今年の夏に発売すると発表した。AR(拡張現実)とVR(拡張現実)の両方を楽しめる高性能なスマートフォン。価格はオープンで、市場想定価格は82,800円(税別)から。SIMフリースマホと言えば、手ごろな価格でスペックが控えめというモデルが主流だが、最先端の技術を盛り込んだZenFone ARは、ほかのSIMフリースマホとは一線を画す先進的なモデルだ。

GoogleのTangoとDaydreamに対応するZenFone AR。市場想定価格は8GBメモリーを搭載する上位機種が99,800円(税別)、6GBメモリーを搭載する下位機種が82,800円(税別)

GoogleのTangoとDaydreamに対応するZenFone AR。市場想定価格は8GBメモリーを搭載する上位機種が99,800円(税別)、6GBメモリーを搭載する下位機種が82,800円(税別)

ARとVRを1台で

ZenFone ARは5.7型の有機ELディスプレイを搭載するSIMフリーのAndroidスマホ。一番の特徴は、AR対応のゲームやアプリを楽しめるTangoとVR向けプラットフォームであるDaydreamに対応していること。Tango対応スマホはレノボが発売済みだが、2つに対応したスマホは世界初だという。

Tangoは、複数のカメラとセンサーを駆使して、人の目のように周囲の環境を立体的に認識できる技術。ZenPhone ARでは、モーショントラッキングカメラでユーザーの場所を追跡し、赤外線を使った深度カメラで距離を測定。2300万画素のカメラを通じて取得した映像と合わせて、周囲の環境を認識する。このTangoを使えば、手の届かない天井までの距離を測ったり、物体を3Dデータで取り込んだりといった使い方ができる。将来的には店舗内ナビゲーション、博物館などで視覚的に情報を補うなどの利用が見込まれているという。

デモンストレーションでは、バーチャルに家具を配置してシミュレーションしたり、恐竜を表示したり、Tangoならではの活用法が披露された。動作自体はスムーズで、精度もなかなか高かった。深度カメラで測定できる距離は4mまで、Tangoを連続使用できるのは3時間までという制約はあるが、家具の配置シミュレーションなどには十分活用できるレベルだと感じた。ただ、Tangoの可能性を広げるためには、キラーアプリの存在が不可欠で、Tangoが広がるかどうかはアプリ次第という側面がある。

カメラで取得した映像に恐竜を重ねるアプリ。床を認識し、床の上に立っているのがポイント

カメラで取得した映像に恐竜を重ねるアプリ。床を認識し、床の上に立っているのがポイント

部屋を3Dキャプチャで取り込んだもの。自動車や人なども取り込める

部屋を3Dキャプチャで取り込んだもの。自動車や人なども取り込める

距離を測れるのもTangoの特徴。定規が使えない場所や手の届かない高いところも測れるが、いまのところは“距離の目安”として利用してほしいとのこと

Daydreamは、対応のVRヘッドセットにZenFone ARをセットして、ゲームや仮想現実の世界に没入できるというものだ。残念ながら、Daydreamは国内でサービスが開始されていないため、すぐに楽しむことはできないが、ほかのVRコンテンツがすぐに楽しめるように組み立て式VRメガネが付属する。

化粧箱が組み立て式VRメガネになる

化粧箱が組み立て式VRメガネになる

メモリー8GB!? スペックの高さにも注目

ZenFone ARは、ZenFoneシリーズ史上最高クラスのスペックなのもポイント。CPUにはTangoに最適化された「Snapdragon 821」(クアッドコア、2.35GHz)を搭載する。最上機種はメモリーが8GB、ストレージが128GBと非常にハイスペックな仕様となっている。下位機種でもメモリーが6GB、ストレージが64GBと、こちらも十分すぎる仕様だ。

5.7型の有機ELディスプレイの解像度は2560×1440。サウンド面はハイレゾ音源の再生に対応しており、対応イヤホンも付属する。デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)や指紋センサー、Quick Charge 3.0など、基本機能も充実している。

LTEはバンド1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41をサポート。2CAと3CAのキャリアアグリゲーションにも対応している。SIMカードスロットはnanoSIM×2で、1つのSIMカードスロットはmicroSDメモリーカードと兼用する仕組みだ。通信機能は、IEEE802.11ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2。OSには「Android 7.0」を搭載する。

外部インターフェイスはUSB Type-C(USB2.0)、microSDメモリーカードスロット、マイク入力/ヘッドホン出力を備える。バッテリー容量は3300mAh。駆動時間はWi-Fi通信時が約15.3時間、モバイル通信時が約14.4時間。Tango/Daydreamの利用時間は、3時間ほどになるという。本体サイズは約77.7(幅)×158.98(高さ)×4.6〜8.95(厚さ)mm、重量は約170g。

TangoとDaydreamに対応するが、本体サイズは他社のTango対応スマホよりもスリムで軽量だ

TangoとDaydreamに対応するが、本体サイズは他社のTango対応スマホよりもスリムで軽量だ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.23 更新
ページトップへ戻る