口座振替やデビットカード、NTT電話料金合算などでもOK

クレジットカード以外で支払いができる格安SIMカード5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

今人気の格安SIMカードのほとんどは、支払い手段にクレジットカードを使っているが、それ以外の支払いに対応するものも一部ある。ここでは、価格.comの「格安SIMカード」カテゴリーで取り扱っているもののうち、クレジットカード以外の支払い手段にも対応している5社のサービスを取り上げよう。

手数料不要で口座振替に対応、ただしオンライン手続きには非対応
NTTコミュニケーションズ「OCN モバイル One」

NTTドコモのネットワークを使用する「OCN モバイル One」は、オンライン上の契約ではクレジットカードのみの対応となるが、紙による契約であれば、口座振替も利用可能だ。その場合、電話のサポート窓口「カスタマーズフロント」に口座振替を使うことを伝え申込用紙を入手して、手続きを行う必要がある。

価格.comの「OCN モバイル One」ページへ

データ通信用SIMカードなら口座振替も利用できる
BIGLOBE「BIGLOBE SIM」

NTTドコモのネットワークを使用する「BIGLOBE SIM」では、データ通信専用SIMカードであれば口座振替も利用できる(手数料が1回あたり税別200円かかる)。また、「ビッグローブ光」「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」「BIGLOBE 光 with フレッツ」などを利用するBIGLOBE会員であれば、支払いを合算することもでき、その場合、口座振替やNTTの毎月の電話料金と合算する「NTTファイナンス回収代行」や、KDDIの支払いと合算する「KDDI請求」も利用できる。

価格.comの「BIGLOBE SIM」ページへ

口座振替のほか、デビットカードも使用可能
楽天モバイル「楽天モバイル SIM」

NTTドコモのネットワークを利用する楽天モバイルでは、すべてのSIMカードで税込み108円の手数料がかかるものの、支払いに口座振替を利用できる。また、デビットカードについても「楽天銀行デビットカード」または「スルガ銀行デビットカード」の支払いがサポートされている。なお、楽天スーパーポイントを支払いに当てることも可能だ(端末の分割支払いを除く)。

価格.comの「楽天モバイル」ページへ

新興のMVNOだがデビットカード対応を公式に表明
エコノミカル「ロケットモバイル」

2016年5月にサービスを開始したロケットモバイルは、NTTドコモのネットワークを使用するMVNO。支払い手段として公式にデビットカードへの対応を表明しているのが特徴だ。なお、対応するデビットカードについてロケットモバイル側では制限を設けていないが、カード会社との契約内容によって、一部で利用できないものがあり、利用する際にはデビットカードの発行会社に問い合わせておきたい。

価格.comの「ロケットモバイル」ページへ

ソフトバンクのネットワークを使用する格安SIMは口座振替に対応
ワイモバイル「ワイモバイル SIM」

ソフトバンクのネットワークを使用するワイモバイルは、自社で電波の免許を保有するれっきとした通信キャリア(MNO)でもあり、口座振替に対応している。ただし、口座振替を利用する場合、実店舗の窓口または、サポート窓口から手に入れた書類を記入して郵送する必要がある。

価格.comの「ワイモバイル」ページへ

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.8.20 更新
ページトップへ戻る