使った分だけ支払う月額2,980円からの新料金と、20GBと30GBの大容量料金

auの新料金「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

auは2017年7月10日、スマートフォン向けの新料金プラン「auピタットプラン」と、「auフラットプラン」を発表した。「auピタットプラン」は、5段階の従量制プランで月額2,980円から、「auフラットプラン」は、20GBで月額6,000円から、30GBで月額8,000円からという料金設定で、いずれも格安SIMを強く意識したものと言えるだろう。どちらも14日より受付を開始する。各新料金プランの概要を解説しよう。

7月10日に行われた発表会には、KDDIの田中孝司社長(写真左)とともに、auのテレビCMで親子を演じる女優の斉藤由貴さん(写真中央)と夏帆さん(写真右)が登場

使った分だけ支払う5段階の従量制「auピタットプラン」

「auピタットプラン」は、データ使用量に合わせて、月額2,980円(1GBまで)、3,980円(2GBまで)、4,480円(3GBまで)、5,480円(5GBまで)、6,480円(20GBまで)という5段階の料金が自動で適用される従量制料金プランだ。音声通話料金は、かけ放題の「カケホ」、5分間のみかけ放題の「スーパーカケホ」、話した分(20円/30秒)だけ料金がかかる「シンプル」の3タイプを組み合わせられる。

従来からの料金プラン「カケホとデジラ」や「LTEフラット」と比較すると、月額の料金は大幅な値下げとなるが、「毎月割」のような端末の割引がこの新料金には適用されない。その代替措置として、分割を従来の24回から48回に延長しつつ、さらに、毎月390円(課税されない)の「アップグレードプログラム EX」を24回、合計9,360円を支払うことで、25か月以降の端末の分割支払い金が不要となる。これを使えば最大半額で、最新端末を購入できる計算となる。

「auピタットプラン」は、新規契約や機種変更の場合、Androidスマートフォンが対象で、当面iPhoneでは選ぶことができない。ただし、すでにiPhoneを使用しているユーザーが「auピタットプラン」にプランを変更することは、Androidスマートフォン同様に可能。KDDIの田中社長は、今後のiPhoneへの対応について、明言はしていないものの、将来対応する可能性をほのめかしていた。

なお、「auピタットプラン」の開始にともなうキャンペーン「ビッグニュースキャンペーン」が、2017年7月14日〜12月31日の期間で実施される。このキャンペーン期間中に「auピタットプラン」に加入すると利用料金が、12か月間1,000円割引されるので、月額で1,980円からという料金で「auピタットプラン」が利用可能となる。固定回線とセットで割引される「auスマートバリュー」の割引額については条件によって異なり、永年で月額500円、または1,000円の割引が適用される(ただし「auピタットプラン(シンプル)」で、月間1GBまでの通信に限っては、割引が適用されない)。

使った分だけデータ通信料金が5段階の中から適用されるため、月々のデータ通信量に幅がある場合、無駄な出費を抑えることができる

auピタットプランは、音声通話料金の違いにより3系統に分かれている。最安は「シンプル」と「スーパーカケホ」を組み合わせた場合で2,980円から、「カケホ」と組み合わせた場合は3,980円からとなっている

当初12か月分について毎月1,000円の割引が適用される「ビッグニュースキャンペーン」は、「auピタットプラン」のほか後述する「auフラットプラン」にも適用される

「auスマートバリュー」の割引は、「auピタットプラン」でも利用可能。割引額はプランや条件によって細かく分かれている

通信容量20GBと30GBの新料金「auフラットプラン」

「auフラットプラン」は、月間20GBの「auフラットプラン 20」と、月間30GBの「auフラットプラン30 」という、2種類が用意される。

各プランに「カケホ」「スーパーカケホ」「シンプル」という音声通話料金の違いによる3種類のバリエーションが設定されており、最安の「シンプル」の場合、月間20GBの「auフラットプラン 20」で月額6,000円、月間30GBの「auフラットプラン30 」なら月額8,000円からという料金となる。なお、「auフラットプラン」も、上記の「auピタットプラン」と同様に、端末の割引である「毎月割」が利用できず、「アップグレードプログラム EX」を利用する。また、当面、新規契約および機種変更でiPhoneと組み合わせることができない。

なお、月額1,000円の「ビッグニュースキャンペーン」は本料金プランについても適用される。加えて、固定回線とセットの「auスマートバリュー」の月額1,000円の割引も適用されるので、両方合わせて最大月額2,000円の割引が適用される。

auフラットプランも、音声通話の扱いで3種類のバリエーションが用意される

auフラットプランも、音声通話の扱いで3種類のバリエーションが用意される

「ビッグニュースキャンペーン」および「auスマートバリュー」と組み合わせれば最大で月額2,000円の割引が適用される

「auピタットプラン」と「auフラットプラン」のいずれも、当面はAndroidスマートフォンのみが対象

「auピタットプラン」と「auフラットプラン」のいずれも、当面はAndroidスマートフォンが対象。iPhoneの新規契約や機種変更時に選ぶことができない

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.22 更新
ページトップへ戻る