個人向けパソコン全8シリーズをフルモデルチェンジ

“オトナの2in1タブレット”から4万円台の格安モデルまで、日本HPが新型パソコンを一挙発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本HPは2017年7月13日、個人向けパソコンの新モデルを発表した。全シリーズをフルモデルチェンジした夏商戦向けモデルで、直販サイトのHP Directplusなどで同日より順次発売する。高性能な2in1タブレットから5万円以下の手ごろなノートパソコンまで、豊富なラインアップをそろえる。夏モデルのポイントは“ワンランク上”。各モデルの特徴を紹介したい。

Surface Pro対抗の“オトナの2in1タブレット”「HP Spectre x2」

着脱式のキーボードとアクティブペンが付属する2in1タブレット。黒と金という高級感のあるカラーリングと質感が特徴で、タブレット本体はアルミニウム&マグネシウム合金CNC削り出し。梨地処理が施されており、滑らかな触り心地だ。マイクロソフトの「Surface Pro」と同じように、本体背面のキックスタンドで自立する機構を採用。ゴールドのキックスタンドはステンレス製で、無段階で角度を調整でき、ペン入力に適した165°まで倒せる。

12.3型IPS液晶ディスプレイを搭載するHP Spectre x2。マグネットで装着するキーボードとアクティブペンが付属する

ゴールドのキックスタンドはステンレス製。強度が高く、デザイン上のアクセントにもなっている

ゴールドのキックスタンドはステンレス製。強度が高く、デザイン上のアクセントにもなっている

搭載するディスプレイは解像度が3000×2000の12.3型IPS液晶。輝度が450ニットで、HP Specterシリーズ史上最も鮮やかなディスプレイという。スピーカーは高級オーディオブランドのBang&Olufsenのテクノロジーを採用。スペック面では、インテルの「第7世代Coreプロセッサー」や「Iris Plusグラフィック640」、NVMe対応PCI Express接続のSSDなどを搭載する。30分で50%充電できる急速充電や「Windows Hello」対応のIRカメラなども備える。

重量はタブレットが775g、キーボードが365gで合計1.14kg。厚さはタブレットが8mm、キーボードが5.2mm。バッテリー駆動時間は約8時間。外部インターフェイスには、USB Type-C 3.1×2、microSDメモリーカードスロットなどを備える。

HP Directplusでの価格はCPUに「Core i5-7260U」を搭載する「スタンダードモデル」が159,800円(税別)から、「Core i7-7560U」を搭載する「パフォーマンスモデル」が199,800円(税別)から。

●HP Spectre x2 スタンダードモデル
・CPU:Core i5-7260U
・メモリー:8GB
・ストレージ:512GB(PCIe NVMe M.2)
・OS:Windows 10 Pro
・サイズ/重量:294(幅)×207(奥行)×8.0(厚さ)mm/775g
・価格:159,800円(税別)〜

●HP Spectre x2 パフォーマンスモデル
・CPU:Core i7-7560U
・メモリー:16GB
・ストレージ1TB SSD(PCIe NVMe M.2)
・OS:Windows 10 Pro
・サイズ/重量:294(幅)×207(奥行)×8.0(厚さ)mm/775g
・価格:199,800円(税別)〜

薄型・軽量・長時間バッテリー、三拍子そろった「HP ENVY 13」

13.3型IPS液晶ディスプレイ(1920×1080のフルHD)を搭載するノートパソコン。タッチ非対応のクラムシェルタイプで、薄型・軽量ボディとバッテリー駆動14時間のスタミナが特徴だ。ボディにはアルミニウム素材を使用し、手に触れる部分には梨地処理が施されている。重量は約1.24kg、厚さは14.0mm。カラーはシルクゴールドとナチュラルシルバーの2色を用意する。アップルの「MacBook」や先日ファーウェイが発表した「MateBook X」、ASUS JAPANの「ZenBook 3」などと競合しそうなモデルだ。

クラムシェルタイプのENVY 13

クラムシェルタイプのENVY 13

13.3型IPS液晶を搭載し、重量は約1.24kg、厚さは14.0mm

13.3型IPS液晶を搭載し、重量は約1.24kg、厚さは14.0mm

ディスプレイは流行りのナローベゼル。13.3型IPS液晶を搭載しつつ、11.6型のノートパソコン並みのコンパクトさを実現した。左右のベゼルは細いが、Webカメラを搭載するため、上部は厚め。スリムなボディだが、USB3.0×2、USB Type-C×2、microSDメモリーカードスロットと外部インターフェイスは充実している。

HP Directplusの価格はCPUに「Core i3-7100U」を搭載する「ベーシックモデル」が99,800円(税別)から、「Core i5-7200U」を搭載する「スタンダードモデル」が129,800円(税別)から。

●HP ENVY 13 ベーシックモデル
・CPU:Core i3-7100U
・メモリー:4GB
・ストレージ:256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:305(幅)×215(奥行)×14.0(厚さ)mm/1.24kg
・価格:99,800円〜

●HP ENVY 13 スタンダードモデル
・CPU:Core i5-7200U
・メモリー:8GB
・ストレージ:512GB SSD(PCIe NVMe M.2)
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:305(幅)×215(奥行)×14.0(厚さ)mm/1.24kg
・価格:129,800円(税別)〜

パワフルでも見た目は“普通”の新シリーズ「HP Pavilion Power」

新シリーズの「HP Pavilion Power」は、ゲーミングPCに匹敵するパフォーマンスや拡張性を持ちながら、見た目が“普通”のパソコンだ。ゲームはもちろん、動画編集やRAW現像、イラスト作成など、比較的ヘビーな作業を快適にこなしたいが、ゲーミングPCのような派手なデザインは敬遠したい、という人向けのシリーズ。ラインアップはノートパソコンの「HP Pavilion Power 15」とデスクトップの「Pavilion Power 580」の2モデル。

HP Pavilion Power 15は、15.6型IPS液晶を搭載する据え置き用のノートパソコン。4K(3840×2160)ディスプレイを備えたモデルもラインアップする。ディスプレイは長時間の作業に適した非光沢タイプ。本体は黒一色のシンプルなデザインで、パームレスト部分にダイヤモンドカットが施されている。キーボードには、ブラックカラーに映えるホワイトのバックライトが埋め込まれている。CPUにクアッドコアの第7世代Coreプロセッサーを、GPUに「GeForce GTX 1050」を搭載。OSに「Windows 10 Pro」を選択することも可能だ。HP Directplusでの価格は99,800円(税別)から。

HP Pavilion Power 15

HP Pavilion Power 15

●HP Pavilion Power 15 ベーシックモデル
・CPU:Core i5-7300HQ
・メモリー:8GB
・ストレージ:1TB HDD
・OS:Windows 10 Hom
・サイズ/重量:378(幅)×254(奥行)×22〜27(厚さ)mm/2.29kg
・価格:99,800円(税別)〜

HP Pavilion Power 580は、VRにも対応するタワー型のデスクトップ。本体はさし色に緑を使ったシンプルなデザインで、緑のHPロゴが目を引く。CPUにクアッドコアの第7世代Coreプロセッサーを、GPUに「GeForce GTX 1060」を搭載。「HTC Vive」や「Oculus Rift」など、VRヘッドマウントディスプレイの利用も可能だ。別売でマイクロソフトのMixed Realityに対応する「HP Windows Mixed Reality Headset」が選べる。HP Directplusでの価格は158,800円(税別)から。

HP Pavilion Power 580

HP Pavilion Power 580

●HP Pavilion Power 580
・CPU:Core i7-7700(3.60GHz)
・メモリー:16GB
・ストレージ:256GB SSD+2TB HDD
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:165(幅)×378(奥行)×364(高さ)mm/7.15kg
・価格:158,000円(税別)〜

スタンダードの「HP Pavilion」は基本性能+α

売れ筋モデルである「HP Pavilion」は、デザインを一新した据え置き用の「HP Pavilion 15」と2in1コンバーチブルPCの「HP Pavilion x360」の2機種。HP Pavilion 15は、キーボード面にアルミニウム素材を使うなど、上位モデルのテイストを取り入れ、“安さ”を感じさせないデザインに仕上げている。カラーはロイヤルブルーとモダンゴールドの2色で、キーボード上部にあるスピーカーグリルにも天板と同じカラーが使われている。HP Directplusでの価格は84,800円(税別)から。

いっぽうのHP Pavilion x360は、ディスプレイ部分が360度回転する2in1コンバーチブルPC。HP Directplusでの価格は99,800円(税別)だが、フルHDの14型IPS液晶ディスプレイや第7世代Coreプロセッサー、12GBのメモリーなどスペックが充実しており、コストパフォーマンスが高いのが特徴だ。2in1コンバーチブルPCの楽しさを多くの人に知ってもらうのが狙い。

HP Pavilion 15

HP Pavilion 15

HP Pavilion x360

HP Pavilion x360

●HP Pavilion 15 スタンダードモデル
・CPU:Core i5-7200U
・メモリー:4GB
・ストレージ:1TB HDD
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:379(幅)×252(奥行)×22.5〜25.0(厚さ)mm/2.17kg
・価格:84,800円(税別)〜

●HP Pavilion x360 スタンダードモデル
・CPU:Core i5-7200U
・メモリー:12GB
・ストレージ:256GB SSD
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:335(幅)×227(奥行)×19.5(厚さ)mm/1.68kg
・価格:99,800円(税別)〜

手ごろな価格のエントリーモデルには珍しい17.3型ノートを用意

エントリーシリーズは、「HP 17」と「HP 15」の2モデルをラインアップする。

HP 17は最近では珍しい17.3型の大画面液晶ディスプレイを搭載する据え置き用のノートパソコン。シンプルなデザインで、木目調のパームレストが目を引く。スタンダードモデルはCore i5-7200U、4GBのメモリー、1TBのHDDなどを搭載し、HP Directplusでの価格は89,800円(税別)。

HP 15は天板がリネン(麻)をイメージした立体パターンで、パームレストは木目調。インテルインテルモデルとAMDモデルがあり、HP Directplusでの価格はどちらも44,800円(税別)から。この価格でフルHD解像度の15.6型液晶ディスプレイを搭載するなど、コストパフォーマンスが高い。

HP 15は44,800円(税別)からという手ごろな価格が魅力のノートパソコン

HP 15は44,800円(税別)からという手ごろな価格が魅力のノートパソコン

●HP 15(インテルモデル)ベーシックモデル
・CPU:Celeron N3060
・メモリー:4GB
・ストレージ:500GB HDD
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:360(幅)×254(奥行)×23.8(厚さ)mm、約2.1kg
・価格:44,800円(税別)

●HP 15(AMDモデル)ベーシックモデル
・CPU:E-9009e
・メモリー:4GB
・ストレージ:500GB HDD
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:360(幅)×254(奥行)×23.8(厚さ)mm/約2.1kg
・価格:44,800円(税別)

●HP 17スタンダードモデル
・CPU:Core i5-7200U
・メモリー:4GB
・ストレージ:1TB HDD
・OS:Windows 10 Home
・サイズ/重量:415(幅)×280(奥行)×25〜28(厚さ)mm/2.58kg
・価格:89,800円(税別)〜

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.23 更新
ページトップへ戻る