「M570」から7年、ついにトラックボールの新製品が登場

ロジクールの高級トラックボール「MX ERGO」登場! 価格は約1.4万円

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロジクールは2017年9月6日、トラックボールマウスの新モデルとして、「ワイヤレストラックボール MX ERGO」(以下、MX ERGO)を9月22日に発売すると発表した。人にとってよりよい手のポジションになるようデザインされたのが特徴で、手首や腕の負担を軽減し長時間でも快適に作業できるという。市場想定価格は13,910円(税込)。

右利き用の親指操作型トラックボールマウス「MX ERGO」

右手用の親指操作型トラックボールマウス「MX ERGO」

一度触れたら手放せない快適性

「MX ERGO」は、ロジクールのトラックボールとしては、ロングセラーの定番機「M570」以来、7年ぶりとなる新製品。プレミアムブランド「MXシリーズ」に含まれるハイエンドモデルで、究極の快適性と操作性にこだわったという。

なかでも快適性を左右するデザインについては、かなり工夫されている。手のひらの力を分散させ指を支えるフォルム。さらに、本体を20°傾けられる仕組みにより、手になじむ自然なポジションが可能となった。これにより、通常のマウスに比べて筋活動量を20%軽減。仕事や趣味でよく使うマウスだからこそ、疲れを軽減できるという。

水平(角度0°)のとき
角度違いの試作品を何度も作り、最終的にこの形に仕上げたとのこと

試作品をいくつか作りこの形に仕上げたとのこと。独自の研究により「握手をするときの角度」がもっとも自然な手のポジションだったとのことで、この20°という角度をつけている

「M570」との比較。パッと見は同じように見えるが、細部を見比べてみると、かなり違うことがわる。角度20°のときのボールの位置がだいぶ上になる

ボール側面から見たときの比較

ボール側面から見たときの比較

DPI切り替え変更ボタンとチルト対応スクロールホイールを搭載

操作性に関わる機能も「M570」から大きく進化している。

ボールの隣には「プレシジョン(DPI切り替え変更)モードボタン」が搭載されており、カーソルの動きを瞬時に切り替え可能。アプリケーションに合わせて、速くしたり、精密にしたりと、使い分けることもできる。また、センターホイールには、正確なスクロールが行えるプレシジョンスクロールホイールを採用するのに加えて、チルト(水平スクロール)も行えるようになった。

ボール隣に搭載されたプレシジョンモードボタン。カーソルの動きを瞬時に切り替えることができる

ボール隣に搭載されたプレシジョンモードボタン。カーソルの動きを瞬時に切り替えることができる

センターホイールには水平スクロールも行えるチルト機能を搭載している。ちなみに、左右クリックボタンには、「M570」より3倍耐久性の高い(1000万回のテスト実施済み)スイッチを採用しているとのこと

さらに、高速充電可能なバッテリーを搭載。1回のフル充電で最長4か月間使用可能で、1分という短時間の充電でも約8時間駆動できる。レーザーセンサーを採用するのが一般的なMXシリーズの中では珍しく、光学式センサーを採用することでこの長時間駆動を実現している。

光学式のトラッキングセンサーを採用。ボールは3点支持で、ボールサイズは「M570」と同様とのこと

光学式のトラッキングセンサーを採用。ボールは3点支持で、ボールサイズは「M570」と同様とのこと

このほか、専用アプリにより、1台のマウスを使って複数台のコンピューターを操れる「FLOW」機能もサポート。最大2台(一部のMX/KXシリーズの製品では最大3台)までだが、Windows/Mac環境をシームレスにコントロールすることもできる。

ワイヤレス接続は、Unifying(2.4GHz帯)とBluetooth(Bluetooth Low Energy)の2種類に対応。パソコンのUSB端子に接続可能な「Unifyingレシーバー」が付属する。解像度は320〜440dpi(初期値380dpi)で、ボタン数は8個。本体サイズは51.4(幅)×132.5(高さ)×99.8(奥行)mm。重量は164g(メタルプレートおよびレシーバー除く)。ボディカラーはブラック。対応OSは、Windows 10/8/7、Mac OS 10.12以降(Bluetooth接続のみWindowsは、Windows 8以降)。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る