新製品レポート
加入者専用帯域使用。アップロードし放題の「プレミアム帯域オプション」対応

nuroモバイル、月々2,980円(税別)から使える「Xperia XZ Premium」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーネットワークコミュニケーションズは、 同社が運営するMVNOサービス「nuroモバイル」において、「Xperia限定 プレミアム帯域オプション」(以下、プレミアム帯域オプション)の提供を、2017年11月28日より開始する。あわせて、その対応スマートフォンとして、ソニーモバイルのハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」を限定13000台で提供する。

nuroモバイルで販売する「プレミアム帯域オプション」対応「Xperia XZ Premium」は、限定13000台で提供

NTTドコモの回線に近い高速データ通信を実現!

nuroモバイルは、高速パケット通信容量が1GB刻みで選べるシンプルな料金体系や、翌月の高速通信容量の「前借り」など、ユニークなサービスを提供する格安SIMサービスだ。

【関連記事】チャージではなく前借りで月末を乗り切る! 「nuroモバイル」が業界初の「データ前借り」をスタート

今回の新オプション「プレミアム帯域オプション」は、アップロード・ダウンロードともに専用帯域を利用し、快適で安定した通信が楽しめる、「Xperia XZ Premium」専用のサービスとなる。

通常はデータ通信帯域をほかのユーザーと共有するが、「プレミアム帯域オプション」では加入者専用のデータ通信帯域が提供される

「プレミアム帯域オプション」は、NTTドコモなどの通信キャリアの回線にできるだけ近い通信速度を実現するだけでなく、アップロードにかかるパケット通信が使い放題。「Xperia XZ Premium」で撮影した高画質の写真や動画を、データ容量を気にせずにSNSなどへアップロードできる。

通信速度測定システム「RBB SPEED TEST」により測定した通信速度の結果。左が「プレミアム帯域オプション」対応の「Xperia XZ Premium」、右が非対応の同端末だ。同社のスタッフが東京・銀座で測定したものではあるが、通信速度では下りも上りも「プレミアム帯域オプション」対応端末のほうが圧倒的に上回っていることがわかる

対応スマホとして、人気のハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」を用意

高速通信を実現した「プレミアム帯域オプション」の長所を存分に生かせるハイエンドスマホとして、唯一の対応モデルに選ばれたのが、ソニーモバイル製の「Xperia XZ Premium」だ。

2160×3840の4K表示に対応するスマートフォン「Xperia XZ Premium」。nuroモバイルでの取り扱いは、写真のディープシーブラックのみ

「Xperia XZ Premium」は、価格.com上でも人気のハイエンド機。2160×3840の4K表示に対応する約5.5インチの液晶ディスプレイを備えるのが大きな特徴で、豊かな色彩とコントラストのリアルな映像を映し出す4K HDR表示に対応する。また、メモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を採用した「Motion Eyeカメラシステム」により、 1秒960コマのスーパースローモーション動画が撮影可能だ。これまでは、NTTドコモのみの取り扱いだったが、今回13000台限定でnuroモバイルより発売されることになった。

「Xperia XZ Premium」のより詳細なスペックは、下記記事を参照してほしい。

【関連記事】NTTドコモ「Xperia XZ Premium SO-04J」7日間使用レビュー

nuroモバイルの記者発表会において、タレントの若槻千夏さんが「Xperia XZ Premium」で撮影した写真を「Instagram」にアップ

【外部リンク】若槻千夏さんの「Instagram」アカウント該当ページ

記者発表会において、プロボクサー・井上尚弥さんのミット打ちを、「Xperia XZ Premium」のスーパースローモーションで撮影。その動画は当人の「Instagram」にアップされている

【外部リンク】井上尚弥さんの「Instagram」アカウント該当ページ

端末代&通信料で月額3,980円(税別)から使える!

今回nuroモバイルより発売される「Xperia XZ Premium」は、端末割賦代金(36回)と通信料金込みで1年目は月額2,980円(税別)から利用可能。これに「プレミアム帯域オプション」を付けでも、1年目は月額3,980円(税別)から利用できる。この場合、月々のデータ容量は2GBとなるが、もちろんnuroモバイルならではの、1GB刻みでの容量追加が可能だ。

nuroモバイルの「Xperia XZ Premium」の料金プラン。「ベーシックプラン」と「ベーシックPlusプラン」には「プレミアム帯域オプション」が付き、「ベーシックPlusプラン」にはさらに端末補償サービスが付属する。もちろん、データ通信容量は、1GB刻みで追加できる

ちなみに、NTTドコモで「Xperia XZ Premium」を購入した場合、端末割賦代金(24回)と通信料金込みで1年目は月額7,587円(税込/新規契約/カケホーダイライトプラン[5分以内の国内通話無料]/データSパック[2GB]の場合)から。これに対して、nuroモバイルでは、月額4,000円程度から使える。「プレミアム帯域オプション」の通信速度が実際にどの程度になるかが気になるところだが、人気の「Xperia XZ Premium」をリーズナブルに使える魅力なサービスなのは間違いないだろう。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る