新製品レポート
新生FREETELから2機種の新スマホが登場

ダブルレンズカメラを備える「REI 2 Dual」と、税別16,800円の「Priori 5」

2017年12月に経営破綻したプラスワン・マーケティングから、端末事業を継承したMAYA SYSTEMは、2018年2月9日に記者向けの説明会を開催し、事業継承の経緯や、今後の方針、新しいスマートフォンの発表を行った。ここでは、そのうち2機種の新しいスマートフォンの概要と、今後の端末の方針を中心にレポートしよう。

新生FREETELから発表された「REI 2 Dual」(右)と「Priori 5」(左)を発表。従来は外注していた部分をFREETEL社内ですべて内製したという新端末。製品の企画はプラスワン・マーケティングが行ったものだ

ダブルレンズカメラを備えた約5.5インチの大型モデル
「REI 2 Dual」

FREETELのラインアップではミドルレンジを受け持つ「REI(麗)」の後継モデル。1080×1920のフルHD表示に対応する約5.5インチの液晶ディスプレイを備えた大型モデルだ。CPUは、従来のMediaTek製から、国内で主流のクアルコム製Snapdragonシリーズのミドルハイ向けCPU「Snapdragon 625(2.0GHz×8)」に変更された。これにより通信やゲームなど動作全般の安定性向上が見込める。このCPUと組み合わせられるRAMは4GB、ストレージは64GBで、OSはAndroid 7.1.1と必要十分なスペック構成。microSDXCメモリーカードスロットは256GBまで対応している。

本機のメインカメラは、カラー情報とグレースケールの階調情報をそれぞれ別のカメラで撮影するダブルレンズカメラとなっている。それぞれは約1,300万画素のイメージセンサーを搭載しており、一眼レフカメラのような背景をぼかした撮影や、キレイな夜景を撮影できる。また、フロントカメラは約1,600万画素とこちらもハイスペック。なお、カメラアプリはすべてFREETEL自社製となっている。見どころは美肌(修正)機能で、他メーカーのものより自然な仕上がりになっているとのこと。また、NTTドコモ、au、ソフトバンクの各VoLTEサービスに対応するほか、豊富な対応バンド(下記のスペック表を参照)、IEEE802.11ac規格もサポートするWi-Fiなど、通信性能もかなり向上している。

カラーバリエーションは、ホワイト、ブルー、ブラックの3色を用意。2月9日より予約を受けつけ、2月16日より発売を開始する。市場想定価格は36,800円(税別)だ。

従来の「REI」よりもボディはかなり大型化した。CPUがSnapdragonになったことにより、システムの安定性が向上するとともに、Snapdragonに最適化されているゲームの動作レスポンスも改善が見込める

表面と裏面いずれもが2.5Dの曲面ガラスで覆われておりなめらかな感触

表面と裏面いずれもが2.5Dの曲面ガラスで覆われておりなめらかな感触

メインカメラは、色情報と、グレースケールの階調情報を別々に記録する方式のダブルレンズカメラ。イメージセンサーにはソニー製の「IMX258」を使用している

フロントカメラは約1,600万という高画素仕様だ

フロントカメラは約1,600万という高画素仕様だ

USB 2.0対応のUSB Type-Cポートを搭載。Snapdragon搭載ではあるが、クアルコムの急速充電規格「QuickCharge」には対応しておらず、5V/2Aの充電にとどまる

画面サイズ(解像度):約5.5インチ(1080×1920)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約75×152×7.9mm
重量:158g
CPU:Snapdragon 625 MSM8953(2.0GHz×8)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1.2
SIMカードスロット:nanoSIM×2(DSDS対応、スロット2はmicroSDカードと排他利用)
LTE対応バンド:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28B/38
キャリアアグリゲーション:対応
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1,300万画素×2
フロントカメラ:約1,600万画素
バッテリー容量:3,300mAh
USBポート:USB Type-C(USB2.0)

税別16,800円で買えるエントリー向け端末
「Priori 5」

フリーテルのスマートフォンのラインアップではボトムを受け持つ「Priori(プリオリ)」シリーズの最新モデル。720×1280のHD表示に対応する約5.0インチの液晶ディスプレイを備えた標準的なサイズの製品だ。こちらもCPUはクアルコム製で、エントリー向けの「Snapdragon 210 MSM8909 (1.1GHz×4)」を採用。2GBのRAMと16GBのストレージを組み合わせる。OSは、Android 7.1.2だ。microSDXCメモリーカードスロットは256GBまでサポートしている。
本機は、「Priori 3」以来の、ユーザーが交換可能なバッテリーパックを採用している。バッテリーは、フリーテルの取り扱い店舗やオンラインショップなどを通じて販売される見込みだ。また、2個のnanoSIMカードスロットを搭載しておりDSDSに対応する。SIMカードスロットはmicroSDメモリーカードスロットとは別になっている。

カラーバリエーションとして、製品パッケージには7色の裏ブタが同梱されており、付け替えることで自由にカラーを選ぶことができる。2月9日より予約を受けつけし、発売は2月23日より開始される。価格は、16,800円(税別)だ。

低価格で人気のあった「Priori」シリーズの最新モデル。ユーザーで交換可能なバッテリーや、豊富なカラーが特徴だ

メインカメラは約800万画素。こちらもFREETEL自製の美肌(修正)機能を備えている

メインカメラは約800万画素。こちらもFREETEL自製の美肌(修正)機能を備えている

交換可能なバッテリーパックは容量2,300mAh。バッテリーパック自体は、FREETEL製品を取り扱う家電量販店や直販サイトを通じて販売される

2基のSIMカードスロットを備えDSDSに対応。microSDメモリーカードはSIMカードと別なので、メモリーカードを使用しながら、DSDSが利用できる

製品パッケージには7色の裏ブタが同梱されており、気分に合わせて付け替えできる

製品パッケージには7色の裏ブタが同梱されており、気分に合わせて付け替えできる

画面サイズ(解像度):約5.0インチ(720×1280)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約70×140×8.5mm
重量:135g
CPU:Snapdragon 210 MSM8909(1.1GHz×4)
RAM容量:4GB
ストレージ容量:64GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大256GB)
OS:Android 7.1.2
SIMカードスロット:nanoSIM×2(DSDS対応、microSDカードと併用可能)
LTE対応バンド:B1/3/8/19
キャリアアグリゲーション:非対応
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
NFC:非搭載
FeliCa:非搭載
指紋認証センサー:非搭載
メインカメラ:約800万画素
フロントカメラ:約500万画素
バッテリー容量:2,300mAh
USBポート:microUSB

従来ユーザーのサポートを再開。製品ラインアップは今後整理される模様

今後のFREETEL端末の方針についてだが、プラスワン・マーケティングの法的整理のため中断していたユーザーサポートは、1月18日より再開している。なお、経営を受け継いだMAYA SYSTEMは、コールセンターの外注委託が事業の柱となっており、近いうちにそちらに一元化されることになっている。本業ということもあり、今後のユーザーサポートについては明るい見通しが立ったといえそうだ。また、経営破綻とともにサービスの受付を停止した端末の残金を残したまま新機種に変更できる「とりかえ〜る」については、プラスワン・マーケティングからMVNO事業を受け継いだ楽天モバイルと協議のうえ、今後の方針が決められるという。

このほか、MAYA SYSTEMでは、SIMカードをソフトウェア化した「eSIM」を使用することで、SIMカードの差し替え不要で世界中で使えるモバイルWi-Fiルーター「jetfi」を発売している。その流れでeSIMを取り入れたなんらかの端末を2018年夏にリリースすることが発表された。また、製品のラインアップについては、プラスワン・マーケティング時代のようなフルラインは志向せず、エントリーからミドルレンジまでの整理されたものになるとのこと。ただし、上記のeSIM技術を利用するため、ネットワークの対応バンドについては、サポートする海外どこでも使えるだけの数(MAYA SYSTEMの吉田社長によれば最低でも39バンド程度)がフォローされることになるようだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る