新製品レポート
AQUOS初の有機ELディスプレイを採用するハイエンドスマホなど2機種が登場

シャープ「AQUOS zero」「AQUOS sense2」を発表

シャープは、2018年10月3日にスマートフォンの秋・冬モデルとして「AQUOS zero」と「AQUOS sense2」の2機種を発表した。好調の伝えられるシャープのスマートフォンだが、新機種はどんな特徴を備えているのか詳細を解説しよう。

約6.2インチの有機ELディスプレイを備えつつ約146gの軽量ボディを実現
「AQUOS zero」

「AQUOS zero」は、シャープ初の有機ELディスプレイを備えたハイエンドスマートフォンだ。注目の有機ELディスプレイは、シャープの国内工場で生産され、1440×2992のWQHD+表示に対応する約6.2インチという大型のものを採用。画面の上部に切り欠き(ノッチ)を備えているほか、ディスプレイ全体がゆるやかなカーブを描いており、デザインの自由度が高い有機ELディスプレイの持ち味を生かしたものとなっている。画質面では、100万:1という高いコントラスト比と、デジタルシネマの標準規格DCI-P3の色域を100%クリアしており、有機ELディスプレイらしい、深みのある発色を堪能できる。

暗部の表現に強く、コントラスト比の高さを生かした映像は有機ELディスプレイならではだ

暗部の表現に強く、コントラスト比の高さを生かした映像は有機ELディスプレイならではだ

ディスプレイ全体が大きく弧を描くような曲面で構成されている

ディスプレイ全体が大きく弧を描くような曲面で構成されている

有機ELディスプレイ搭載スマホでは先駆者となるサムスンの最新モデル「Galaxy S9」(写真右)と発色を比べてみた。白の部分を見比べると、本機はややマゼンタ寄りの発色傾向になっているようだ

「AQUOS R2」や「AQUOS R Compact」よりもノッチ部分が広くとられている

「AQUOS R2」や「AQUOS R Compact」よりもノッチ部分が広くとられている

「AQUOS R2」同様にDolby Visionに対応。ステレオスピーカーも備えておりDolby Atomsによる立体音響サウンド再生も行える

ディスプレイとともに注目なのはボディだ。サイズは約73(幅)×154(高さ)×8.8(厚さ)mmで、重量は約146gに抑えられている。近ごろのスマートフォンは、ディスプレイの大型化に加えて表面素材にガラスを多用するものが多いので、本機のような6インチ以上の画面サイズを持つ製品では200gを超えるものも少なくない。だが、本機は構造のシンプルな有機ELディスプレイに加えて、フレームに軽量なマグネシウム合金を採用し、背面の素材にアラミド繊維を使った複合素材を組み合わせることで大幅な軽量化を実現している。

基本スペックだが、クアルコム社のハイエンドSoC「Snapdragon 845」に、6GBの大容量メモリーと、128GBのストレージを組み合わせている。OSは、最新のAndroid 9.0だ。なお、増設用のmicroSDメモリーカードスロットは搭載されていない。ボディの排熱処理にも注力されており、充電用のICコントローラーを2個併用する「パラレル充電」を採用することで、充電しながらスマートフォンを使い続けても、本体の過熱を防止できる。メインカメラは、約2,260万画素のイメージセンサーにF1.9の大口径レンズを組み合わせたシンプル仕様。フロントカメラは約800万画素となっている。

背面はアラミド繊維を使った複合素材で作られている。軽量かつ強度も高いうえに、カーボンや金属系の素材と異なり電波の透過性にもすぐれている

ボディ上面にはSIMカードスロットが配置される

ボディ上面にはSIMカードスロットが配置される

ボディ下面にはUSB Type-Cポートが配置される。ヘッドホン端子は搭載されない

ボディ下面にはUSB Type-Cポートが配置される。ヘッドホン端子は搭載されない

メインカメラは最近のハイエンド機では珍しいシングル仕様。撮影機能重視の「AQUOS R2」とのコンセプトの違いが端的に表れている。指紋認証センサーも背面に配置される

なお、本機と同じくハイエンドモデルに分類される「AQUOS R2」は継続販売される。大容量メモリーと有機ELディスプレイを採用した軽量薄型の「AQUOS zero」と、デュアルカメラや倍速駆動のIGZO液晶を搭載し、カメラ撮影やコミュニケーションにより適した「AQUOS R2」はそれぞれ独自の方向性を持っているためだ。価格については明言されなかったが、「AQUOS R2」に比較的近いものとなるようだ。発売は年内の予定。

薄く軽いボディと、処理性能が高いうえに、充電しながら使ってもボディの発熱が少ないなど、ゲーミングスマホとしても「AQUOS zero」は適している

画面サイズ(解像度):約6.2インチ(1440×2,992、有機ELディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約73×154×8.8mm
重量:約146g
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 845(2.8GHz×4+1.77GHz×4)
RAM容量:6GB
ストレージ容量:128GB
増設用メモリーカードスロット:非搭載
OS:Android 9.0
SIMカードスロット:nanoSIM×1
LTE対応バンド:非公開
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
NFC:搭載
FeliCa:搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約2,260万画素
サブカメラ:約800万画素
バッテリー容量:3,130mAh
USB:USB Type-C(USB PD対応)

着実な機能アップを果たした大人気モデルの後継機
「AQUOS sense2」

2017年秋に登場し、好評を博したミドルレンジ向けスマホ「AQUOS sense」の後継モデルがこの「AQUOS sense2」だ。前モデルの特徴だった、必要十分な機能と使いやすさへの配慮といった特徴は継承しつつ、1080×2160のフルHD+表示に対応する約5.5インチの縦長IGZO液晶ディスプレイを採用することで表示領域を約23%アップさせている(AQUOS senseは約5.0インチのフルHD液晶)。また、パネルの開口率を向上させたことで、最大輝度を47%向上させつつ、消費電力は21%削減されるなど、バッテリー効率も高められた。ボディサイズは、約71(幅)×148(高さ)×8.4(厚さ9mmで重量は約155gとなっており、「AQUOS sense」よりも横幅が約1mm、厚さも約0.2mm薄くなり、画面が大型化したものの持ちやすさはむしろ向上している。メインカメラは約1200万画素のイメージセンサーにF2.0のレンズを組み合わせたもの。AQUOSのスタンダードシリーズとしては初めてAIオートのシーン認識機能を備えており、普段使いの使いやすさが高められている。

ボディ正面にはヘッドホン端子が備わる

ボディ正面にはヘッドホン端子が備わる

ボディ下面にはUSB Type-Cポートが配置される

ボディ下面にはUSB Type-Cポートが配置される

SIMカードスロットはnanoSIMスロットが1基のみ

SIMカードスロットはnanoSIMスロットが1基のみ

メインカメラはシングル仕様だが、AIオートのシーン認識機能を備えており、日常使うカメラとしての扱いやすさが高まった

右が前モデル「AQUOS sense」、左が「AQUOS sense2」。横幅は1mmコンパクトになっている

右が前モデル「AQUOS sense」、左が「AQUOS sense2」。横幅は1mmコンパクトになっている

基本スペックは、ミドルレンジ向けSoC「Snapragon 450」に、3GBのRAMと32GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードを組み合わせる。Android 8.1。本機のSoCは、前モデル「AQUOS sense」よりも処理能力が約20%、描画能力も約30%向上しており、基本性能も底上げされている。また、新たに5GHz帯のWi-Fiに対応した。発売元や発売日は未定だが、3万円台で発売されていた「AQUOS sense」から価格帯の変動は想定されていないという。

円周率の演算を行ったところ、左の「AQUOS sense2」では9.2秒、右の「AQUOS sense」で11.6秒となった

円周率の演算を行ったところ、左の「AQUOS sense2」では9.2秒、右の「AQUOS sense」で11.6秒となった

画面サイズ(解像度):約5.5インチ(1080×2160、IGZO液晶ディスプレイ)
サイズ(幅×高さ×厚さ):約71×148×8.4mm
重量:約155
防水/防塵:○(IPX5/8)/○(IP6X)
CPU:Snapdragon 450(1.8GHz×8)
RAM容量:3GB
ストレージ容量:32GB
増設用メモリーカードスロット:microSDXC(最大512GBまで対応)
OS:Android 8.1
SIMカードスロット:nanoSIM×1
LTE対応バンド:非公開
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯)
NFC:搭載
FeliCa:搭載
指紋認証センサー:搭載
メインカメラ:約1,200万画素
サブカメラ:約800万画素
バッテリー容量:2,700mAh
USB:USB Type-C

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る