ニュース
高性能トリプルカメラや、21:9の超ワイドディスプレイを備え内容一新

国内初披露された、ソニーの新型ハイエンドスマホ「Xperia 1」速報レポート

ソニーモバイルは、2019年4月16日に、スマートフォンの新モデル「Xperia 1」の国内披露会を開催した。すでに今年2月にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル製品の見本市「MWC2019」で披露されているが、どんなスマートフォンに仕上がっているのか、レポートをお届けしよう。

縦横比21:9の縦長ディスプレイを搭載

「Xperia 1」は、現行の「Xperia XZ」シリーズを置き換える形で登場する、最新のハイエンドスマートフォンだ。国内での取り扱いキャリアについては明らかにされていないが、今夏に登場するものと見られる。なお、この記事中のスペックはすべてグローバルモデルのものである。

ボディサイズは、約72(幅)×167(高さ)×8.2(厚さ)mmで、重量約178g。搭載されるディスプレイは、画面サイズ約6.5インチで、1644×3840表示に対応した縦横比21:9の4K HDR有機ELディスプレイだ。近ごろのスマートフォンは縦長のディスプレイが主流だが、本機のディスプレイはその中でも一段と縦長となる。そのメリットとして、マルチウインドウ機能を使用することで16:9の横画面と、9:16の縦画面を2画面表示できるほか、ゲームや動画コンテンツにおける迫力のある映像や、1画面で表示できる情報量の向上などがある。

画質については、通常の画質モードである「HDRリマスターモード」に加えて、プロユースのモニターディスプレイの画質を再現する「クリエイターモード」も備えている。「クリエイターモード」は、「ITU-R BT.2020」の色域や10bitの階調表現に対応するほか、「DB65」ホワイトポイントを採用することで、制作者の意図をより忠実に再現できるプロユース向けの表示モードのことだ。

縦横比21:9のディスプレイはかなり縦に長い。ノッチ(切り欠き)は設けておらず、あくまでディスプレイとしての使い勝手にこだわった

「Xperia 1」で用意されるカラーは、ブラック、グレー、ホワイトに加えてパープルが復活、Xperiaシリーズの古くからのファンにはうれしいところ。ボディはIP65対応の防塵、およびIP68対応の防水仕様をクリアしている

「Xperia 1」(写真左)と縦横比16:9の従来型ディスプレイを備えた「Xperia XZ1」でゲームの画面を比較。迫力もさることながら、画面の広い「Xperia 1」のほうがより広い周囲の状況を確認でき、実用性にもすぐれる

縦横比21:9の縦長ディスプレイは、マルチウインドウとの相性が良好。特に、16:9の横画面と、16:9の縦画面を同時に表示できるのは大きなメリットだ

プロ用のモニターディスプレイの手前に、クリエイターモードの「Xperia 1」を置いて画質を比較。モニターディスプレイとそん色のない画質だ

メモリーの解放や通知の制限が行える新機能「ゲームエンハンサー」。また、2画面表示でゲームと攻略情報を同時に表示させることもでき、ゲームを意識した機能が増えた

基本性能を見てみよう。SoCには従来の「Snapdragon 845」よりも設計世代の新しいハイエンド向け「Snapdragon 855」を採用。6GBのRAMと、64GBまたは128GBのストレージを組み合わせ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットが備わる。OSは「Xperia XZ3」と同じくAndroid 9を搭載。外部接続インターフェイスとしては、USB 3.1対応のUSB Type-Cポートを搭載する。無線接続機能では、NFCポート、Bluetooth 5.0や IEEE802.11a/b/g/n/acに対応。通信機能だが、5波のキャリアアグリゲーション(CAT 19、4×4MIMO)に対応する。5Gには対応していない。

側面にボリュームボタン、指紋認証センサーと電源ボタンが別々に配置されている

側面にボリュームボタン、指紋認証センサーと電源ボタンが別々に配置されている

USB Type-Cポートを搭載、USB PD 3.0の充電に対応している

USB Type-Cポートを搭載、USB PD 3.0の充電に対応している

Xperiaシリーズ初のトリプルカメラを搭載。3.25倍までの光学ズームに対応

完全に一新されたと言っていいのがカメラ機能だ。メインカメラは約1,220万画素のデュアルフォトダイオードイメージセンサーに、26mm(以下、いずれも35mm換算)の光学手ぶれ補正付きレンズ(F1.6)を組み合わせた標準カメラに、約1,220万画素のイメージセンサーに52mmのレンズ(F2.4)を組み合わせた望遠カメラと、約1,220万画素のイメージセンサーに焦点距離16mmの超広角カメラ(F2.4)というトリプルカメラ仕様となり、全体で3.25倍の光学ズームに対応した。なお、標準カメラは52mmまで、望遠カメラは260mmまでのデジタルズームに対応している。

また、光学式手ぶれ補正と電子式手ぶれ補正を組み合わせたハイブリッド手ぶれ補正を備え、動画と静止画の両方で暗所での手ぶれを抑えることが可能。RAWデータの時点で赤、緑、青の各色情報に対してノイズ除去を行うことで、細部の情報を残しつつ強力なノイズ除去を行えるようにもなっている。高感度撮影機能も強化されており、「Xperia XZ3」と比較して4倍の性能向上を果たしているという。

Xperiaシリーズ初のトリプルカメラ仕様となった。カメラを切り替えることで3.25倍の光学ズームに対応する

Xperiaシリーズ初のトリプルカメラ仕様となった。カメラを切り替えることで3.25倍の光学ズームに対応する

3.25倍の光学ズームに対応。ハイブリッドズームを使えば16.25倍までのズームも利用できる

3.25倍の光学ズームに対応。ハイブリッドズームを使えば16.25倍までのズームも利用できる

フロントカメラは約800万画素のイメージセンサーに、焦点距離23mmのレンズ(F2.0)を組み合わせる

フロントカメラは約800万画素のイメージセンサーに、焦点距離23mmのレンズ(F2.0)を組み合わせる

ソニーのデジタル一眼カメラ「α」シリーズに搭載されている「瞳AF」を搭載。瞳の動きを追いかけてピントを合わせてくれる便利機能だ

「Xperia 1」は、映像技術に強いソニーのパワーを集結したスマートフォンに仕上がっている。21:9の超ワイドディスプレイは動画配信やゲームプレイに有利なだけでなく、プロユースまで想定した画質設定など、カメラや映像にこだわるユーザーに強くアピールする。また、一新されたトリプルカメラは、3.25倍の光学ズームや超高感度撮影の対応など、ライバルにも引けをとらない内容だ。国内での発売が今から待ち遠しい。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る