新製品レポート
5Gに対応した試作スマホもお披露目

シャープが新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」を発表

シャープは、2019年5月8日、ハイエンドスマートフォンの新モデル「AQUOS R3」を発表した。10億色の色表現に対応する「Pro IGZO」液晶ディスプレイや一新されたカメラ機能に加えて、ダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」といったユニークな機能を備えている。同時に披露された5G対応の試作スマホとともに、その詳細をお伝えしよう。

ディスプレイ、SoC、カメラを全面的に刷新したフラッグシップ機「AQUOS R3」

「AQUOS R3」は、ハイエンドスマートフォン「AQUOS R」シリーズの3代目にあたる新モデルだ。3,120×1440表示に対応する約6.2インチの「Pro IGZO」液晶を搭載し、ボディサイズは約74(幅)×156(高さ)×8.9(厚さ)mmで、重量は約185gとなっている。前モデル「AQUOS R2」と比較すると、幅と厚さはそのままで、厚さは約0.1mm薄くなり、重量は約4g重くなった。

搭載される「Pro IGZO」ディスプレイは、「AQOUS R2」で採用されていた「第3世代IGZO」と比較すると、電子移動速度が約2.5倍速くなり、透過率も18%向上した。これにより、最大輝度が2倍になり、同じ明るさで比べた場合の省エネ性能が10%向上している。また、120Hzの倍速駆動に加えて、約10億色(10ビット階調)の色表現に対応しており、HDRコンテンツをより正確な色合いで表示できるようになった。

「AQUOS R3」(写真左)と「AQUOS R2」(写真右)を並べてみた。ボディサイズはほぼ変わらないが、画面サイズは「AQUOS R3」のほうが0.2インチほど広がった

ディスプレイ上部の円形のノッチにはフロントカメラ(約1,630万画素)が収まる

ディスプレイ上部の円形のノッチにはフロントカメラ(約1,630万画素)が収まる

下部のノッチには指紋認証センサーが収まっている

下部のノッチには指紋認証センサーが収まっている

カラーバリエーションは左から、プラチナホワイト、プレミアムブラック、エレガントグリーン、ピンクアメジスト、ラクジュアリーレッドの5色

「AQUOS R3」(写真左)と「AQUOS R2」(写真右)の最大輝度を比較。明るい場所での視認性が向上していることがわかる

「AQUOS R3」(写真左)と「AQUOS R2」(写真右)のディスプレイが消費する電力を比較。「AQUOS R2」が平均で666mAなのに対し、「AQUOS R3」が平均で552mAと少なくなっている

HDRコンテンツを表示させた「AQUOS R3」(写真上段)と「AQUOS R2」(写真下段左側)、そしてSDRコンテンツを表示させた「AQUOS R2」(写真下段右側)を比較。画面の明るさはもちろん、遠景の山脈や雲の明るさなどに違いが見られる

基本性能も高められており、最新世代のハイエンドSoC「Snapdragon 855」(2.8GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4)に、6GBのRAMと128GBのストレージを組み合わせた、現在最高レベルのスペックだ。「Snapdragon 855」は、前モデル「AQUOS R2」に搭載されていた「Snapdragon 845」と比較すると、CPUの処理性能が約30%、グラフィック性能が約20%、AI処理については200%の性能アップを実現している。なお、OSはAndroid 9がプリインストールされており、将来的に2回までのバージョンアップが保証されている。

本機が採用する「Snapdragon 855」は、CPU、グラフィック性能、AI処理の各性能が向上している

本機が採用する「Snapdragon 855」は、CPU、グラフィック性能、AI処理の各性能が向上している

「AQUOS R3」(写真左)と「AQUOS R2」(写真右)のゲーム中の表面温度を比較。表面温度には5℃ほどの違いがある

カメラ機能にも注力されている。メインカメラは、1,220万画素の静止画用カメラと約2,010万画素の動画用カメラを組み合わせた「AQUOS R2」同様のデュアルカメラだ。静止画用カメラは、画素数こそ「AQUOS R2」の約2,260万画素から減っているが、F1.7の大口径レンズの採用とフォトダイオードのサイズを大型化(1.4μm)したことにより、高感度撮影機能が2.4倍に高められた。また、センサーの全面が位相差のオートフォーカスに対応したことで、正確で高速なオートフォーカスが行えるようにもなっている(静止画用カメラのみ)。

このほか、撮影した動画をAIが解析して約15秒のビデオクリップとして自動的にまとめる機能「AIライブストーリー」が搭載されている。「AIライブストーリー」では、3種類の演出の異なるビデオクリップが平行して作成されるが、各ビデオクリップは、個別の動画ファイルではなくベースの動画ファイルに対するスクリプトデータとして保持されるため、ストレージ容量の圧迫が抑えられている。

メインカメラは、「AQUOS R2」と同様、動画専用と静止画専用に分けられたデュアルカメラだ

メインカメラは、「AQUOS R2」と同様、動画専用と静止画専用に分けられたデュアルカメラだ

「AIライブストーリー」は、どんな長さの動画でも15秒程度のダイジェストとしてまとめることができる機能。設定やアプリの立ち上げなどは不要で、撮影した動画に対して自動的に適用される

静止画撮影に備わる新機能「被写体ブレ検出エンジン」。AIが構図を認識し、シャッター速度とISO感度をリアルタイムで調節することで、高感度撮影時のノイズと被写体ブレを同時に抑えることが可能だ

AQUOS R3の取り扱いキャリアや価格について公表されなかったが、いずれかの通信キャリアから初夏に登場する可能性が高い。また、先日発表された「AQUOS zero」のようなSIMフリー版の発売については明言が避けられた。

5G対応の試作スマホも公開

今回発表された5G対応の試作スマホは、「AQUOS R3」をベースに、5Gモデムを組み合わせたもの。総務省が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの各社に割り当てた、3.7GHz帯および4.5GHz帯の周波数帯、いわゆる「sub-6」と、28GHz帯に対応しており、国内での5G環境に合わせたものとなっている。会場でもシールドされた環境の下で、28GHz帯の帯域幅400MHzの電波を使い、実際に通信速度約2Gbpsの5Gデータ通信を行っていた。来年の5Gの商用サービス開始に向けて順調に開発が進んでいるとのことだ。

5G対応の試作スマホ。ベースとなっているのは「AQUOS R3」

5G対応の試作スマホ。ベースとなっているのは「AQUOS R3」

背面を見るとかなり厚みがあるが、説明員によれば「5Gモデムをなかば無理矢理詰め込んだためこのサイズになった。製品版ではもっと小型化する」とのこと

5Gの通信デモは、写真のような電波シールドされたケースの中で行われた

5Gの通信デモは、写真のような電波シールドされたケースの中で行われた

5G実演中のデモ機の画面をディスプレイに投影したもの。右上のアンテナピクトが「5G」になっているほか、2.08Gbpsという実効スループットで、LTEとはけた違いな高速通信が行えていた

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る