ニュース
人気の「moto gファミリー」の最新モデル

モトローラ、3万円台でトリプルカメラ搭載の「moto g8 plus」発表

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2020年2月25日、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「moto g8 plus」を3月16日に発売すると発表した。同社の売れ筋モデル「moto gファミリー」の新モデルで、トリプルカメラを搭載するのが特徴だ。Motoストアでの販売価格は38,800円(税込)。

6.3インチのディスプレイを搭載するmoto g8 plus。ノッチはU型

6.3インチのディスプレイを搭載するmoto g8 plus。ノッチはU型

4800万画素+500万画素 +1600万画素のトリプルカメラ

Moto g8 plusは約6.3インチのディスプレイを搭載するSIMフリースマートフォン。一番の特徴は、トリプルカメラシステムを搭載すること。4800万画素のメインカメラ、500万画素の深度センサー、それに1600万画素超広角アクションカメラの3つで構成されており、超広角カメラは動画用として利用する面白い仕組みだ。

トリプルカメラの詳細

トリプルカメラの詳細

4800万画素メインカメラ(F1.7)には、低光量時で感度が4倍向上する「ナイトビジョン」を搭載。1つのピクセルを4つのサブピクセルに分割する「クアッドピクセルテクノロジー」により、1200万画素相当ながら暗い場所でも明るい写真が撮影できるという。

ナイトビジョンの効果。左がオフ、右がオンの写真

ナイトビジョンの効果。左がオフ、右がオンの写真

深度カメラを利用した背景をぼかした写真の撮影も可能。「AIエンジン」を搭載しており、撮影シーンに応じて撮影モードや設定を自動で最適に化する機能も備える。1600万画素超広角アクションカメラでは、117°の超広角でブレの少ない動画が撮影できるという。動画はフルHD(30fps)での記録のほか、8倍デジタルズームの利用もできる。

インカメラは2500万画素(F2.0)で、こちらもクアッドピクセルテクノロジーにより、画素数が600万画素相当ながら、暗い場所でも明るい画質で自撮りが楽しめるという。

スナドラ665搭載。DSDV対応

スペック面ではSoCにクアルコム製の「Snapdragon 665」を搭載。2.0GHz×4+1.8GHz×4のオクタコアCPUだ。メモリーは4GB、ストレージは64GB。microSDメモリーカードスロットも備えており、最大512GBの外部メディアをサポートする。ディスプレイはアスペクト比19:9の6.3インチ。解像度は2280×1080。U型ノッチを採用している。

カラーはコズミックブルーとポイズンベリーの2色。Mロゴ部分が指紋認証センサーとなっている

カラーはコズミックブルーとポイズンベリーの2色。Mロゴ部分が指紋認証センサーとなっている

ネットワーク面では、4G+4GのデュアルSIMデュアルVoLTEに対応。1台のスマホで2つの電話番号を利用できる。nanoSIMカードスロットで、1つのカードスロットはmicroSDメモリーカードスロットとは排他利用となる。対応バンドは、B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B4/B41。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)。

バッテリーは4000mAh。18Wターボチャージャーが同梱されており、15分で最長約8時間分の急速充電ができる。外部インターフェイスはUSB Type-C、イヤホンジャックを備える。本体サイズは約75.8(幅)×158.4(高さ)×8.24(厚さ)mm、重量は約188g。OSはAndroid 9.0でGoogleレンズなども利用できる。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る