ニュース
サービスを自由にトッピングできる20GB新プランが登場

auがドコモ「ahamo」よりも500円安い対抗プラン「povo」を3月に開始!

KDDI(au)は、2021年1月13日、オンライン専用の新料金「povo(ポヴォ)」 を3月から開始すると発表した。NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」に対抗する低価格プランとなるが、それらよりも月額料金が500円安い月額2,480円という料金設定であるうえに、オプションを「トッピング」として用意しており、柔軟性もある。また、同時に、auとUQ mobileの両ブランドについても、新料金や5G対応について発表された。

※本記事中の料金は税別で統一している。

月額2,480円の低料金と、トッピングサービスが特徴の「povo」

新料金ブランド「povo」は、月額2,480円で20GBの通信容量というシンプルな内容と、オンライン専用取り扱いが特徴となっており、先行して発表されているNTTドコモの「ahamo」や、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と直接競合するもの。月間通信容量は20GBで先行して発表された競合サービスと同等だが、月額料金は2,480円で500円も安い。ただし、この料金には、「1回5分まで国内音声通話かけ放題」といった音声通話の無料サービスは含まれておらず、後述する「トッピング」のひとつとして、月額500円のオプションを支払うことで利用できるようになる。なお、20GBの通信容量は、オプションなしでテザリングでも利用可能(トッピングした容量も含む)。海外ローミングは内容を検討中で、サービス開始前に詳細を発表するとしている。なお、「ahamo」と同じくキャリアメールには非対応となっている。

「povo」でユニークなのは、オプションサービスを、スマートフォンのアプリ上で簡単に追加・停止できる「トッピング」として用意しており、ニーズに合わせた柔軟なプラン構築が行える点。サービス開始当初に用意される「トッピング」は、24時間限定でデータ通信が使い放題になる「データ使い放題 24時間」(24時間200円)、「データ追加 1GB」(月額500円)、「5分以内通話かけ放題」(月額500円)、「通話かけ放題」(月額1,500円)の4種類。KDDIはトッピングの拡充に前向きで、各種のコンテンツサービスを日割りで契約したり、電子決済のクーポンやチケットと連携することも今後考えられるとしている。

なお、「povo」は、サービス開始当初は4Gだけのサービスとなるが、今夏には5Gにも対応する。4Gと5Gともにauと通信速度やエリアは共通。ただし、設備の構成がauとは異なるため、使えるSIMカードの種類や運用がauとは異なる可能性があるようだ。また、eSIMへの対応を行う予定も明らかにされている。

また、「povo」では、当面の間、端末の販売を行わない。そのため、サービスを利用するためには、auで購入した端末を利用するか、au回線に対応したSIMフリー端末などを用意する必要がある。

「povo」は、割引なしで2,480円という非常にシンプルなプラン。家族割引や固定回線セット割引もないので、ドコモの「ahamo」と同じく、単身者の契約を強く意識したプランと言える

「povo」は、割引なしで2,480円という非常にシンプルなプラン。家族割引や固定回線セット割引もないので、ドコモの「ahamo」と同じく、単身者の契約を強く意識したプランと言える

追加サービスのトッピングはアプリ上で簡単に手続きが行える。ユーザーインターフェイスの設計はシンガポールの通信事業者「Circles Asia」のノウハウが使われる

追加サービスのトッピングはアプリ上で簡単に手続きが行える。ユーザーインターフェイスの設計はシンガポールの通信事業者「Circles Asia」のノウハウが使われる

3月に4Gのサービスを開始。5Gへの対応は今夏になる予定だ

3月に4Gのサービスを開始。5Gへの対応は今夏になる予定だ

auから割安な使い放題プラン「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」が登場

いっぽう、大容量プランを受け持つ「au」からは、新料金プラン「使い放題MAX 5G」と「使い放題MAX 4G」が発表された。この2つのプランは、5Gと4G対応の違いはあるものの価格や内容は共通なので、まとめて解説しよう。

各プランともに、月額6,580円で通信容量無制限(テザリング・データシェア・国際ローミング通信には、月間30GBの上限がある)で利用できる。なお、月間通信容量が3GB以下の場合、上記料金から自動で1,500円の割引が適用される。また、固定回線とのセット割引「auスマートバリュー」(月額1,000円)、家族割引「家族割プラス」(2名で月額500円、3名以上なら月額1,000円)に加えて、支払いにau PAY カードを利用した場合に適用される「au PAY カード お支払い割」(月額100円)が利用できる。これらの割引をフルに活用した場合、家族1名の場合で月額5,480円、家族2名なら月額4,980円、家族3名なら月額4,480円で利用できる計算となる。

既存の「データMAX 4G」と比較すると月額1,070円の値下げ、「データMAX 5G」と比較すると月額2,070円の値下げとなる

既存の「データMAX 4G」と比較すると月額1,070円の値下げ、「データMAX 5G」と比較すると月額2,070円の値下げとなる

固定回線セットの「auスマートバリュー」、家族割引「家族割プラス」、「au PAY カード お支払い割」が適用可能。期間限定の「スマホ応援割」が廃止されている

固定回線セットの「auスマートバリュー」、家族割引「家族割プラス」、「au PAY カード お支払い割」が適用可能。期間限定の「スマホ応援割」が廃止されている

月額500円の値下げ&容量アップ、データ繰り越しが可能なUQ mobile「くりこしプラン」

低価格プランを受け持つ「UQ mobile」では、新料金「くりこしプラン」3種類を2月1日より提供する。これらの料金プランは、使い切らなかったデータ容量を翌月に繰り越せるのが特徴だ。また、家族割引や常時開催中だったキャンペーンを廃止ししており、シンプルでわかりやすくなった。

月間通信容量3GBの「くりこしプランS」は月額1,480円で、3GBを超過した場合通信速度は300kbpsに制限される。月間通信容量15GBの「くりこしプランM」は月額2,480円で、15GBを超過した場合の通信速度は1Mbpsに制限される。月間通信容量25GBの「くりこしプランL」は月額3,480円で、25GBを超過した場合の通信速度は「くりこしプランM」と同じく1Mpbsに制限される。なお、速度を制限する「節約モード」や、3種類の「通話オプション」は本プランでも引き続き利用できる。

「くりこしプランL」は、2月以降に実施する予定だった「スマホプランV」を手直ししたものだ。なお、本プランの実施に合わせて既存の「スマホプランS/R」の新規受付は終了する。

また、UQ mobileも、今夏、5Gに対応する予定であることが発表された。詳細は追って発表されるとのことだ。

「くりこしプラン」は、使い切らなかったデータ通信容量を翌月まで繰り越すことができる

「くりこしプラン」は、使い切らなかったデータ通信容量を翌月まで繰り越すことができる

既存の料金プランに対して月額500円の割引となる。特に「くりこしプランS」の3GBで月額1,480円という料金は、MVNO各社のサービスと比べてもかなり安い

既存の料金プランに対して月額500円の割引となる。特に「くりこしプランS」の3GBで月額1,480円という料金は、MVNO各社のサービスと比べてもかなり安い

au、povo、UQ mobile間のキャリア移行は無料で行える

au、povo、UQ mobile間のキャリア移行は無料で行える

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る