ニュース
固定回線割引と家族割引も500円から1,080円に増額

ワイモバイルが「シンプルM/L」の容量追加と割引を強化。3GBの「シンプルS」なら月額900円から利用可能に

ソフトバンクは、2021年2月1日、同社グループの携帯キャリア「ワイモバイル」における料金プラン「シンプル S/M/L」の内容改定を発表した。「シンプルM」および「シンプルL」の月間通信容量が増やされるとともに、固定回線割引と家族割引の割引額が月額1,080円に変更される。適用開始は2月18日より。

※本記事中の価格は税別で統一している。

「シンプルM」と「シンプルL」の通信容量アップ。固定回線割引と家族割引は増額

ワイモバイルは、2月18日より、4G/5Gに対応の料金プラン「シンプル S/M/L」(詳細はこちらのリンクを参照)の内容改定を行う。この改定により、「シンプル M」(月額2,980円)の月間通信容量が10GBから15GBへ、「シンプルL」(月額3,780円)の月間通信容量は20GBから25GBへそれぞれ増量される。なお、月間通信容量3GBの「シンプルS」(月額1,980円)は据え置きとなる。

また、これらの料金プランに適用される固定回線セット割引の「おうち割 光セット(A)」と、家族割引「家族割引サービス(2 回線目以降)」の割引額が月額500円から1,080円に増額される。なお、この2つの割引は併用できない。この割引を適用することで、「シンプルS」は月額900円〜、「シンプルM」は月額1,900円〜、「シンプルL」は月額2,700円〜でそれぞれ利用できる。

このほか、2月1日〜17日の期間に「スマホベーシックプラン S/M/R」を契約したユーザーを対象に(プラン変更は対象外)、2021年3月末までの基本料金を無料にするキャンペーン「3 月末まで基本料無料キャンペーン」を実施。また、ソフトバンクからワイモバイルにMNPでキャリア移行するユーザーを対象に、契約事務手数料が無料になる「ソフトバンク→ワイモバイル事務手数料無料キャンペーン」を、2 月 1 日から実施する。なお、ソフトバンクでは今春、契約解除料、MNP 転出(番号移行)手数料、契約事務手数料を無料化する予定だが、本キャンペーンはそのうち一部を前倒しで実施するものだ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る