隔週スマホニュース
スマホ業界のニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

楽天モバイルが6月15日にiOS版「Rakuten Link」の仕様を変更。iPhoneでのSMS送信は基本有料に

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、iOS版「Rakuten Link」の仕様変更など、3つの話題をお届けする。

iOS版「Rakuten Link」の仕様を変更。iPhoneでのSMSは原則有料に

楽天モバイルは、音声通話やSMSを行うオリジナルアプリ「Rakuten Link」のiOS版について、2021年6月15日に仕様変更を実施する。これにより、楽天モバイルの回線に契約しているiPhoneも、音声通話やSMSは、基本的にiOS標準アプリを使うこととなり、Rakuten Linkでの無料通話やSMSを利用の利用は限定的なものとなる。以下、各状況ごとに、今回の仕様変更の内容を整理してみた。

音声通話を着信する場合

楽天モバイルに契約しているiPhoneで音声通話を着信した場合、基本的に、通話アプリは、iOSの標準アプリを利用することになる。なお、相手先がRakuten Linkで発信している場合に限り、Rakuten Linkアプリで着信する。また、標準アプリで着信した相手にそのまま電話をかけ直すと有料通話となるため、Rakuten Linkでの無料通話を行う場合、少々面倒だがRakuten Linkアプリに切り替えて発信を行う必要がある。

標準の通話アプリがiOSの標準アプリに変更される。この場合、着信をそのまま折り返すと通話料が発生するので、無料通話を利用するならRakute Linkアプリに切り替えて発信する必要がある

標準の通話アプリがiOSの標準アプリに変更される。この場合、着信をそのまま折り返すと通話料が発生するので、無料通話を利用するならRakute Linkアプリに切り替えて発信する必要がある

Rakute Linkアプリから音声通話を発信する場合

Rakute Linkからの音声通話の発信は、従来と変わらず利用できる。料金もそのままで、日本国内への電話番号へかける場合は引き続き無料で利用できる。

海外で音声通話を着信する場合

国内と同様海外でも、音声通話の着信には標準アプリを使うため、海外で電話を受ける場合、従来は無料だったところが、国や地域別の従量制料金に変更される。

SMSを送信する場合

SMSは基本的にiOS標準のSMSアプリを使うため、SMSの送信は有料となる。なお、送り先がRakute Linkを利用している場合のみ、Rakute LinkからSMSが利用可能、その場合は従来どおり無料で利用できる。iOS標準アプリを使ったSMSの送信料金は以下の通り。

オッポが、「OPPO A54 5G」と「Find X3 Pro」のSIMフリー版を発表

オウガ・ジャパン(旧オッポジャパン)は、2021年5月25日、au向けとして発表されていたスマートフォン「OPPO A54 5G」と「Find X3 Pro」のSIMフリーモデルを発表した。

両機種とも、端末自体の基本スペックはau版と基本的に共通だが、SIMフリーモデルであるため、2基のSIMカードを備えるなど、通信機能に一部変更がある。
なお、「OPPO A54 5G」は、5Gのn3/28/77/78と、4GのB1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41/42にそれぞれ対応している。

「Find X3 Pro」はSIMカードに加えてeSIMにも対応しており、5Gの対応バンドはn1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78/79、4Gの対応バンドはB1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/34/38/39/40/41/66/となっている。特に、「Find X3 Pro」は、国内ではNTTドコモだけが免許を持っている5Gのn79に対応しており、スペック上は国内4キャリアの5G(Sub-6)ネットワークすべてに対応している。

「ROG Phone 5」が5月28日からauで取り扱い開始

KDDIは、2021年5月28日よりASUSのゲーミングスマートフォン「ROG Phone 5」を、au公式アクセサリー「au +1 collection」から発売すると発表した。「ROG Phone 5」にはいくつかのバリエーションがあるが、今回発売されるのは16GBメモリーと256GBストレージを搭載するモデル。SIMロックなど、au向けのカスタマイズは施されておらず、2基のSIMカードスロットを備えるなど、ハードウェアは一般流通向けのSIMフリーモデルそのものとなる。なお、端末補償や、購入サポートの「かえトクプログラム」といったauのサービスには対応しない。また、「ROG Phone 5」の専用周辺機器については、当面取り扱う予定はないとのこと。

購入はWeb直販サイト「au Online Shop」および、au直営店での取り扱いに限られる。価格は114,800 円(税込)。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2021年5月14日から5月27日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話などのソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

iOS(SIMフリー・キャリア共通)

iOS 14.6 および iPadOS 14.6の配布
・iPhoneシリーズ
・iPadシリーズ

NTTドコモ

Android 11へのバージョンアップ
・Galaxy A41 SC-41A

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Xperia 10 II SO-41A(ソニー)
・Xperia 5 II SO-52A(ソニー)
・Xperia 1 II SO-51A(ソニー)
・Galaxy S20+ 5G SC-52A(サムスン)
・Galaxy S20 5G SC-51A(サムスン)
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L(サムスン)
・Galaxy Note10+ SC-01M(サムスン)
・Galaxy Note10+ SC-01M(サムスン)

au・UQ mobile

Android 11へのバージョンアップ
・Galaxy A41 SCV48(サムスン)
・Galaxy A41※UQ mobile版(サムスン)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy Note10+ SCV45(サムスン)
・Galaxy S10+ SCV42(サムスン)
・Galaxy S10 SCV41(サムスン)
・Galaxy S8 SCV36(サムスン)
・Galaxy S8+ SCV35(サムスン)
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01(サムスン)
・Galaxy A20 SCV46(サムスン)
・Galaxy A30 SCV43(サムスン)
・Galaxy S20 Ultra 5G SCG03(サムスン)
・Galaxy S20+ 5G SCG02(サムスン)
・Galaxy S20 5G SCG01(サムスン)
・Galaxy A30(サムスン)
・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(サムスン)
・AQUOS sense3 plus サウンド SHV46(シャープ)
・Speed Wi-Fi 5G X01(シャープ)
・AQUOS sense2 かんたん(シャープ)
・AQUOS sense2 SHV43(シャープ)
・Xperia 5 II SOG02(ソニー)
・Xperia 1 II SOG01(ソニー)
・BASIO4(京セラ)
・TORQUE G04(京セラ)
・R17 Neo(オッポ)
・A5 2020(オッポ)

ソフトバンク・ワイモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・シンプルスマホ5(シャープ)
・AQUOS sense3 basic(シャープ)
・AQUOS sense3 plus(シャープ)
・AQUOS R5G(シャープ)
・Pocket WiFi 5G A004ZT(ZTE)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Rakuten Mini(楽天)
・Rakuten Hand(楽天)
・OPPO A5 2020(オッポ)
・R17 Pro(オッポ)
・Reno A 128 GB(オッポ)
・Reno 10x Zoom

SIMフリー

セキュリティアップデートおよび不具合修正
・A5 2020(オッポ)
・R15 Pro(オッポ)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る