ニュース
スタンダードノートとモバイルノートのいいとこ取り

家での使いやすさにこだわった14型のホームモバイルPC「dynabook M」誕生

Dynabookは2021年6月24日、ノートパソコンの新モデルとして、14型のディスプレイを搭載した「dynabook Mシリーズ」を7月中旬発売すると発表した。コロナ禍のオンライン生活に適した“ホームモバイルPC”という新しいコンセプトのモデルだ。価格はオープンで、市場想定価格は上位機種の「dynabook M7」が19万円台前半、下位機種の「dynabook M6」が14万円台後半の見込み(税込)。

14型のディスプレイを搭載するdynabook Mシリーズ。写真はオニキスブルーモデル

14型のディスプレイを搭載するdynabook Mシリーズ。写真はオニキスブルーモデル

真っ白なパールホワイトモデルもラインアップ

真っ白なパールホワイトモデルもラインアップ

スタンダードノートとモバイルノートのいいとこ取り

dynabook Mシリーズはスタンダードノートとモバイルノートのそれぞれのいいところを取り入れた新コンセプトのノートパソコン。スタンダードノートの画面の大きさや生産性の高さ、モバイルノートの持ち運びやすさたすぐれたけんろう性という両方のいいところを組み合わせたモデルだ。家の中で使いやすい“ホームモバイルPC”として売り込む。

具体的にはスタンダードノートとモバイルノートの中間となる14型のディスプレイを搭載し、大画面と持ち運びやすさを両立。それでいてけんろう性が高く、家庭内で持ち運びやすいスリムでコンパクトなサイズ感を実現した。

スタンダードノートよりもスリムでコンパクトなdynabook Mシリーズ。光学ドライブは非搭載

スタンダードノートよりもスリムでコンパクトなdynabook Mシリーズ。光学ドライブは非搭載

本体サイズは約323.6(幅)×220.6(奥行)×19.9(高さ)mm、重量はカラーにより異なりオニキスブルーが約1.47kg、パールホワイトが約1.49kg。本体サイズは13.3型のモバイルノート並みだが、高密度設計技術によって一回り大きな14型のディスプレイを搭載。表示範囲は13.3型よりも約10%アップしており、オンライン会議で小さくなりがちな画面資料などを大きく見ることができる。

ディスプレイは1920×1080のフルHD。ノングレアタイプなので、部屋の照明が反射しにくいという。

フルHD解像度の14型ディスプレイを搭載。高密度設計技術により、本体のサイズは13.3型のモバイルノート並みに抑えている

フルHD解像度の14型ディスプレイを搭載。高密度設計技術により、本体のサイズは13.3型のモバイルノート並みに抑えている

ディスプレイは180°開くので、ほかの人と簡単に画面を共有できる

ディスプレイは180°開くので、ほかの人と簡単に画面を共有できる

けんろう性では、アメリカ国防総省制定のMIL規格(MI-STD-810H)に準拠したテストを実施予定。指紋センサーやWebカメラシャッターなどセキュリティ面にも配慮している。

キーボードはテンキーなし

キーボードはテンキーなし

パフォーマンス面では、第11世代インテルCoreプロセッサーをTDP28Wで動作させる「エンパワーテクノロジー」を搭載。内部の熱を効率的に処理することで、CPUのパフォーマンスを十分に発揮させられるという。バッテリー駆動時間は約15時間(JEITA 2.0)とモバイルノート並みに長いので、電源が取りにくい場所でも安心して利用できる。主なスペックは以下のとおり。

●dynabook M7
CPU:Core i7-1165G7
メモリー:8GB
ストレージ:512GB

dynabook M5
CPU:Core i3-1115G4
メモリー:8GB
ストレージ: 256GB

外部インターフェイスはThunderbolt 4×2、USB 3.1×2、HDMI出力、LANポート、microSDメモリーカードスロット、マイク入力/ヘッドホン出力端子とスタンダードノート並みに充実している。無線LANは最新規格のWi-Fi 6をサポート。

モバイルノートよりも豊富な外部インターフェイスを搭載

モバイルノートよりも豊富な外部インターフェイスを搭載

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る