ニュース
さらなる値下げと大幅に拡充されたトッピング

基本料金無料&オールトッピングに変身。KDDIが新料金プラン「povo2.0」を9月末に開始

KDDIは、2021年9月13日、今年の3月にスタートした、オンライン専用の携帯電話料金プラン「povo」の内容を早くも変更し、新料金プラン「povo2.0」を9月下旬に開始すると発表した。基本料金を無料とし、データ通信、音声通話パック、コンテンツなどの「トッピング」を大幅に強化した内容で、柔軟性を高めつつ、容量あたり、月あたりの料金はさらに値下げされている。

※本記事中の料金は税込で統一している。

基本料金無料!トッピングを強化した「povo2.0」

「povo」は、KDDIが2021年3月末にサービスを開始した、オンライン専用の料金プラン。月額2,728円で月間通信容量20GBというシンプルかつ安価な料金プランと、コンテンツや通信容量を、専用のアプリで手軽に追加できる「トッピング」が特徴だ。今回発表された新料金プラン「povo2.0」は、この「トッピング」の魅力をさらに高めたものとなっている。

「povo2.0」は、無料の基本プラン「ベースプラン」を契約したうえで、6種類の「データトッピング」、2種類の「通話トッピング」と、「DAZN」や「smash.」といった「コンテンツトッピング」を、必要な時に組み合わせて使う。なお、従来の「povo」との違いとして、決済方法は従来通りクレジットカードのみとなるが、契約対象者が20歳以上から、13歳以上に引き下げられている点も注目だろう。

「povo2.0」の基本となる「ベースプラン」は、月額料金無料。後述する「データトッピング」がない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなる。なお、有料のトッピング購入が180日以上ない場合、利用停止、サービス終了となる場合がある。

「データトッピング」は、390円の「データ追加1GB (7日間)」、990円の「データ追加3GB (30日間)」、2,700円の「データ追加20GB (30日間)」、6,490円の「データ追加60GB (90日間)」、12,980円の「データ追加150GB (180日間)」、330円の「データ使い放題 (24時間)」という6種類が用意されている。従来の月割りの料金と異なり、利用期間には24時間から最長180日間という幅がもたせてあり、その時々の通信容量の変動に対して柔軟に対応できる。
なお、「データプラン60GB (90日間)」を、毎月通信容量20GBずつ利用する場合、月ごとの料金は2,163円となり、従来の月額2,728円と比較すると大幅な値下げになる。このように、長期間利用するほど料金がオトクになっていく構成だ。

データトッピングは6種類用意。24時間から180日間という期間で選べるのが特徴だ

データトッピングは6種類用意。24時間から180日間という期間で選べるのが特徴だ

「通話トッピング」は、月額550円の「5分以内通話かけ放題」と月額1,650円の「通話かけ放題」の2種類が用意されている。「コンテンツトッピング」は、760円の「DAZN使い放題パック (7日間)」と、220円の「smash.使い放題パック (24時間)」のラインアップだ。

なお、「povo2.0」の実施にともない従来の「povo」は「povo1.0」に名称を変更し、2021年9月下旬に新規受付を中止する予定。「povo1.0」ユーザーの「povo2.0」への移行については後日詳細が発表されるとのことだ。

ポイントを集めるように通信容量が貯まる「#ギガ活」スタート

「povo」の新たなサービスとして「#ギガ活」が発表された。これは、ポイントを貯める「ポイ活」のように通信容量を集めることができるというもの。具体的には、提携するコンビニや小売店、外食店などを利用することで「povo」の通信容量を入手できるほか、街中やバーチャルイベントなどに隠れている通信容量を探したり、店舗やオンラインサービスなどの利用で通信容量が当たる抽選に参加することもできる。

提携する店舗を利用することで、ポイントを貯めるように通信容量を貯めることのできる「#ギガ活」が始まる。なお、サービス当初における提携先は、画像に掲載された店舗チェーンとなる

提携する店舗を利用することで、ポイントを貯めるように通信容量を貯めることのできる「#ギガ活」が始まる。なお、サービス当初における提携先は、画像に掲載された店舗チェーンとなる

事前エントリーキャンペーン「povo2.0 デビューキャンペーン」を実施

「povo2.0」の開始にともない、事前エントリーキャンペーン「povo2.0 デビューキャンペーン」が実施される。これは2021年9月13日以降に専用フォームから「povo2.0」の事前エントリーを行ったうえで、「データ使い放題 (24時間)」を除く5種類の「データトッピング」のいずれかを購入することで、最初に購入したデータ容量に応じて最大20GBのデータ通信容量がもらえるというもの。

衛星ブロードバンドインターネット「Starlink」と提携。地方エリアの通信速度を強化

このほか、KDDIと、「Space Exploration Technologies (スペース エクスプロレーション テクノロジーズ) Corp.」(通称「SpaceX」)との業務提携も発表された。この提携は、「SpaceX」の持つ、衛星ブロードバンドインターネットサービス「Starlink(スターリンク)」を、KDDIが地方エリアに設置する基地局約1,200か所のバックホール回線としてまずは使用するというもの。

「Starlink(スターリンク)」は、人口密度の低い地方では光ファイバーと比較して、コスト面で有利と言われている。また、高速かつ低遅延という特徴もあるので、地方エリアでも都市部のような、高品質なネットワークを構築できるという。

「Starlink」を地方基地局のバックホール回線として利用。地方エリアの通信品質向上を実現する

「Starlink」を地方基地局のバックホール回線として利用。地方エリアの通信品質向上を実現する

「鬼滅の刃」とのコラボコンテンツを9月23日に公開

また、人気のアニメ・漫画作品「鬼滅の刃」とのコラボレーションコンテンツを2021年9月23日に発表することも明らかになった。専用サイトで、「鬼滅の刃」の明言をランダムに表示する動画や、5Gの特徴を生かした拡張現実コンテンツ、Webゲームが公開される予定だ。

9月25日にフジテレビ系で地上波初放送される『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に合わせたコラボレーション企画となっている

9月25日にフジテレビ系で地上波初放送される『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に合わせたコラボレーション企画となっている

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る