ニュース
有機ELディスプレイを搭載し、薄くスリムに変身!

シャープが「AQUOS sense6」と「AQUOS zero6」を発表。秋以降順次発売

シャープは、2021年9月28日、スマートフォンの新モデル「AQUOS sense6」と「AQUOS zero6」の2機種を発表した。両機種の特徴をレポートしよう。

シリーズ初の有機ELディスプレイ採用。特徴の電池持ちは維持
「AQUOS sense6」

「AQUOS」シリーズの最新ベーシックモデルとなる「AQUOS sense6」。シリーズの基本的なコンセプトは維持しつつ、ディスプレイをIGZO液晶から有機ELを採用した点が特徴だ。

採用されるディスプレイは2,432×1,080のフルHD+表示に対応する約6.1インチの自社製「IGZO OLEDディスプレイ」。このディスプレイは、ピーク輝度1,300nitとコントラスト比1,300万:1を実現し、約10億色となる10bitの階調表現、ディスプレイ指紋認証に対応するなど、ハイエンド機に迫る性能を備えている。

ボディサイズは約70(幅)×152(高さ)×厚さ7.9mm、重量が約156gで、前モデル「AQUOS sense5G」と比較すると横幅がと厚さがそれぞれ約1mm短く、重量は約22g軽くなっている。これは、バックライトのない有機ELディスプレイを採用することで実現したものだ。なお、ボディはIP68等級の防水・防塵仕様に対応するほか、耐衝撃性能にも対応。FeliCaポートやヘッドホン端子も引き続き搭載している。SoCは、「AQUOS sense5G」と同じ「Snapsdragon 690 5G」で、6GBメモリー/128GBストレージモデルと4GBメモリー/64GBストレージモデルの2種類が用意される。OSは、Android 11。バッテリー容量は4,570mAhで、「AQUOS sense4」シリーズと同レベルの1週間の電池持ちを実現している。

メインカメラは、約4,800万画素の標準カメラ(焦点距離26mm)、約800万画素の広角カメラ(焦点距離15mm)、約800万画素の望遠カメラ(焦点距離53mm)という組み合わせのトリプルカメラ。標準カメラは「AQUOS sense4」シリーズと比較して2倍の光量を取り込むことができるようになったうえに、上位モデル「AQUOS R6」のカメラで使われている高画質技術を応用した新しい画像処理エンジン「ProPix3」を組み合わせることで、高感度撮影機能が強化されているという。

通信機能では、eSIMに対応するほか、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応。なお、5Gは、Sub 6のみの対応となる。

国内での取り扱いについては、NTTドコモが「SH-54B」として、auが「SHG05」としてそれぞれ秋以降に発売することを表明している。

左に本機を、右に前モデル「AQUOS sense5G」を並べてみた。モチーフは共通だがシルエットが細長くなり、厚みも抑えられ洗練されたデザインになっている

左に本機を、右に前モデル「AQUOS sense5G」を並べてみた。モチーフは共通だがシルエットが細長くなり、厚みも抑えられ洗練されたデザインになっている

ディスプレイは1,300nitの高輝度や、10bitの階調表現に対応するなど、ハイエンドモデルに迫る性能を誇る

ディスプレイは1,300nitの高輝度や、10bitの階調表現に対応するなど、ハイエンドモデルに迫る性能を誇る

標準カメラは、取り込める光量が「AQUOS sense4」シリーズと比べて2倍に増えた。苦手だった暗所のディテール表現が大幅に向上しているという

標準カメラは、取り込める光量が「AQUOS sense4」シリーズと比べて2倍に増えた。苦手だった暗所のディテール表現が大幅に向上しているという

ディスプレイが大型化し、バッテリー容量は据え置かれているが、それでも1週間の電池持ちを維持しているという

ディスプレイが大型化し、バッテリー容量は据え置かれているが、それでも1週間の電池持ちを維持しているという

5Gミリ波対応。ヘッドホン端子やメモリーカードスロットを搭載しつつ146gの軽さを実現
「AQUOS zero6」

「AQUOS zero5G Basic」の後継機となる「AQUOS zero6」。シャープでは、軽量さと高性能を両立したハイエンド機のもうひとつの姿“ネオハイエンド”機と位置づけている。

約73(幅)×158(高さ)×7.9(厚さ)mmというサイズと、約146gという軽量ボディが特徴。この軽量ボディに、ヘッドホン端子やmicroSDメモリーカードスロット、4,010mAhの大容量バッテリーを搭載するうえ、IPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵性能にも対応する。

搭載するディスプレイは、2,340×1,080のフルHD+表示に対応する約6.4インチの有機ELディスプレイ。120Hzの倍速駆動に対応するほか、240Hz相当の残像低減機能付き倍速駆動にも対応。また、240Hzのタッチサンプリングレートにも対応する。約10億色の表現が可能な10bitの階調表現を持ち、ディスプレイ指紋認証機能も搭載している。

通信機能では、AQUOSシリーズとして初となる5Gのミリ波に対応しており、下り最大2.8Gbps、上り最大480Mbpsの高速なデータ通信が可能となっている。なお、本機もeSIM
およびDSDVに対応。基本スペックは、ミドルハイ向けのSoC「Snapdragon 750G 5G」に、8GBのメモリーと128GBのストレージを組み合わせる。OSは、Android 11だ。

メインカメラは、約4,800万画素の標準カメラ(焦点距離26mm)、約800万画素の広角カメラ(焦点距離15mm)、約800万画素の望遠カメラ(焦点距離53mm)、ToFセンサーという組み合わせのクアッドカメラとなる。ToFセンサーを搭載することで暗い場所でも高速で正確なオートフォーカスが可能となっているという。

国内での取り扱いに関しては、auより「SHG04」として今秋以降に発売されるほか、ソフトバンクでも取り扱われる。

やみくもに軽さを追求するのではなく、5Gのミリ波対応や、ヘッドホン端子、メモリーカードスロットといった、必要な機能を搭載したうえで、この軽さを実現しているのがポイント

やみくもに軽さを追求するのではなく、5Gのミリ波対応や、ヘッドホン端子、メモリーカードスロットといった、必要な機能を搭載したうえで、この軽さを実現しているのがポイント

ボディの素材にマグネシウム合金や軽く強い保護ガラス「CORNING GORILLA GLASS VICTUS」を採用するほか、バックパネルを薄くするなどの設計の最適化により、5Gスマホでは世界最軽量となる146gという軽量化を実現している

ボディの素材にマグネシウム合金や軽く強い保護ガラス「CORNING GORILLA GLASS VICTUS」を採用するほか、バックパネルを薄くするなどの設計の最適化により、5Gスマホでは世界最軽量となる146gという軽量化を実現している

AQUOSシリーズとして初めて5Gのミリ波に対応。理論上の上りの最大速度が480Mbpsとなり、ファイルのアップロードで大幅な速度向上が実現する

AQUOSシリーズとして初めて5Gのミリ波に対応。理論上の上りの最大速度が480Mbpsとなり、ファイルのアップロードで大幅な速度向上が実現する

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る