ニュース
iOSでも使えるスマートウォッチ「ZenWatch 2」や既存モデルの新色も!

ASUS、人気SIMフリースマホ「ZenFone 2 Laser」に6型大画面モデルを追加

ASUS JAPANは2015年11月11日、都内で「Zensation」と題した新製品発表会を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 2 Laser(ZE601KL)」と、スマートウォッチ「ZenWatch 2」を発表した。どちらも11月13日に発売する。市場想定価格はZenFone 2 Laser(ZE601KL)が41,800円(税別)、ZenWatch 2が29,800円(同)から。

発表会で、同社のマーケティング部部長のCynthia Teng氏が、ZenFoneを国内投入してからの1年を振り返りつつ、国内のSIMフリースマホの累計販売台数1位を獲得したことを紹介。他社では真似のできない豊富なラインアップが同社の強みであると語った。発売中の「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」や「ZenFone Selfie(ZD551KL)」に新色を追加するなど、年末商戦に向けてラインアップの充実を図る。

ZenFone 2 Laser(ZE601KL)とZenWatch 2。左はZenFoneのイメージキャラクターである禅太郎

ZenFone 2 Laser(ZE601KL)とZenWatch 2。左はZenFoneのイメージキャラクターである禅太郎

ASUS JAPANは国内SIMフリースマホの累計販売台数で1位を獲得。2015年1月から10月、BCN調べ

ASUS JAPANは国内SIMフリースマホの累計販売台数で1位を獲得。2015年1月から10月、BCN調べ

6.0型のフルHD液晶を搭載する大画面SIMフリースマホ

ZenFone 2 Laser(ZE601KL)は、価格.comの「スマートフォン」カテゴリーの人気ランキングで4位(2015年11月11日時点)に入っている「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」の兄弟モデルだ。ZenFone 2 Laser(ZE500KL)は、画面サイズが5.0型なのに対して、ZenFone 2 Laser(ZE601KL)は6.0型のフルHD液晶を搭載する。面積は約1.44倍で、写真や動画をより大きな画面で楽しめるという。CPUにオクタコアの「Snapdragon S616」(1.7GHz+1.0GHz)、3GBのメモリー、32GBのストレージを搭載するなど、5.0型モデルより基本スペックが高いのも特徴だ。

本体サイズは約84(幅)×164.5(高さ)×3.9〜10.55(厚さ)mm、重量は約190g。左右のベゼル幅を狭めることで、画面占有率72%を実現しているが、さすがに片手だけで操作するのは難しいサイズだ。画面全体を四隅に寄せる「片手モード」などを上手に活用したい。また、5マグネットスピーカーを2つ搭載するなど、サウンドにもこだわった。

バッテリー容量は3000mAhで、バッテリーパックは着脱できる。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acをサポート。通信方式としてGSM/EDGE、W-CDMA、LTEに対応。LTEの対応バンドは1/2/3/5/6/8/9/19/28/38/39/40/41となっている。microSIMカードに対応するデュアルSIMスロットを搭載。どちらもLTEに対応するが、国内では同時利用はできず、切り替えて利用する。

カメラは背面が1300万画素、前面が500万画素。製品名にあるようにレーザーオートフォーカスを搭載するのが特徴だ。最速約0.2秒でピントを合わせられるほか、コントラストAFや位相差AFが苦手な薄暗い場所でも素早くピントを合わせられるという。

市場想定価格は41,800円(税別)。価格.com最安価格が27,300円のZenFone 2 Laser(ZE500KL)より14,000円ほど高いが、スペックを考えるとコストパフォーマンスは悪くない。

6.0型の大画面フルHD液晶やオクタコアCPUを搭載するZenFone 2 Laser(ZE601KL)

6.0型の大画面フルHD液晶やオクタコアCPUを搭載するZenFone 2 Laser(ZE601KL)

左が5.0型のZenFone 2 Laser(ZE500KL)、右が6.0型のZenFone 2 Laser(ZE601KL)

左が5.0型のZenFone 2 Laser(ZE500KL)、右が6.0型のZenFone 2 Laser(ZE601KL)

瞬時にピントを合わせられるレーザーオートフォーカスを搭載

瞬時にピントを合わせられるレーザーオートフォーカスを搭載

発売中のモデルには新色を追加することも発表された。1300万画素の前面カメラを備え、充実した自撮り(セルフィー)機能が特徴のZenFone Selfie(ZD551KL)には、イリュージョンパープルとイリュージョンホワイトの2色が追加される。ダイアモンド・カットが施された立体的な造形も目を引く2色だ。ZenFone 2 Laser(ZE500KL)には、シルバーとゴールドの2色が追加される。現行のモデルと違い、ヘアライン加工が施されており、高級感のある仕上がりとなっている。

立体的な造形が目を引くZenFone 2 Laser(ZE500KL)の新色

立体的な造形が目を引くZenFone 2 Laser(ZE500KL)の新色

ZenFone 2 Laser(ZE500KL)の新色であるシルバーとゴールド。既存のブラック、レッド、ホワイトはマット仕上げなのに対し、新色はヘアライン加工が施される

MVNO限定カラー。左はビッグローブ限定のアクアブルー、右はインターネットイニシアティブ限定のパープル

サイズやカラーが増えた「ZenWatch 2」

ZenWatch 2は、昨年2014年11月に発売した「ZenWatch」の後継モデル。グーグルのスマートウォッチ向けOS「Android Wear」を搭載したスマートウォッチで、「Android 4.3」以降を搭載したスマホとペアリングして、スマホに届いた各種通知などを手元で確認できる。最新のAndroid Wearを搭載することで、Androidスマホだけでなく、アップルの「iPhone」(iOS 8.2以降)ともペアリングできるようになった。Android Wearを搭載したスマートウォッチ同士で、画面に書いた文字や写真を送り合える「Together」機能もサポートする。

初代ZenWatchはサイズもカラーも1種類だったが、ZenWatch 2では49mmと45mmの2つのサイズに、ガンメタル、ローズゴールド、シルバーの3色のカラーバリエーションを用意。6つのストラップをオプションで用意するなど、バリエーションが豊富になった。ディスプレイは有機ELで、表面のカーブしたガラスにはコーニング社の「ゴリラガラス3」を採用する。

バッテリー性能は1.5倍向上し、最長で1.5日間の利用が可能になっている。約36分の充電で50%まで充電できる急速充電にも対応。充電方法も、クレードルではなく、マグネット式の充電コネクターを採用することで、充電しやすくした。また、Wi-Fiを搭載し、Bluetoothのペアリングが解除される距離であってもWi-Fi接続で通知を受け取れるようになった。

ソフトウェア面では、スマホでZenWatch 2のバッテリー残量の確認や各種設定ができる「ZenWatch Manager」や、ウォッチフェイスをカスタマイズできる「FaceDesigner」を用意する。市場想定価格は、メタルストラップモデルが36,800円(税別)、本革ストラップモデルが29,800円(同)。

ZenWatch 2の45mmモデル

ZenWatch 2の45mmモデル

マグネット式の充電コネクターを採用。初代モデルでは裏面にあった電源ボタンが、側面に移動している

マグネット式の充電コネクターを採用。初代モデルでは裏面にあった電源ボタンが、側面に移動している

カラーはシルバー、ローズゴールド、ガンメタルの3色を用意

カラーはシルバー、ローズゴールド、ガンメタルの3色を用意

スマホでZenWatch 2のバッテリー残量の確認や設定の変更ができるZenWatch Manager

スマホでZenWatch 2のバッテリー残量の確認や設定の変更ができるZenWatch Manager

ウォッチフェイスをカスタマイズできるFaceDesigner

ウォッチフェイスをカスタマイズできる「FaceDesigner」

同日に発表された液晶一体型デスクトップPC「Zen AiO」。最上位機種は、4K解像度の23.8型液晶や「第6世代Coreプロセッサー」を搭載する

「人」という漢字からインスパイアされたというスタンド。予想実売価格は最上位機種が229,800円(税別)。12月上旬以降に発売する

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る