SkylakeやNVMe SSD搭載で中身がパワーアップ

レノボから約1.32kgの14型ノートPC「ThinkPad T460s」が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

レノボ・ジャパンは2016年1月19日、ノートパソコン「ThinkPad」の新モデルを1月19日に発売すると発表した。主力モデルのT/X/Lシリーズとワークステーションは、インテルの「第6世代Coreプロセッサー」(開発コード名Skylake)を採用して基本性能を底上げしたのが大きな強化点だ。モバイルノートは、12〜14型を重要な画面サイズに位置付け、特に増加傾向にあるという14型にフォーカスしていくという。ここでは注目度の高いモバイルノート3機種の特徴を紹介したい。

初代X1 Carbon並みの軽さと薄さを実現した「ThinkPad T460s」

従来機種より10%の薄型化と15%の軽量化を実現した14型のモバイルノート。本体サイズは約331(幅)×226.8(奥行き)×16.9〜18.8(高さ)mm、重量は約1.32kg(最軽量構成時)。同社の最上位モバイルノート「ThinkPad X1 Carbon」の初代モデル並みの薄さと軽さを実現している。バッテリー駆動時間は最大約10時間。このほか、膝の上で使っているときなどに表面温度を下げる独自のサーマルコントロール技術を搭載。細かい点では、指紋認証がスワイプ式からタッチ式に変わり、使い勝手が高まっている。

主な仕様は、OSが「Windows 10 Pro 64ビット」か「Windows 7 Professional 64ビット/32ビット」から選択可能。CPUには第6世代Coreプロセッサーを搭載する。メモリーは最大24GB DDR4、ストレージは最大512GB SSDでPCIe NVMe SSDをサポートする。ディスプレイは14型で1920×1080のIPS液晶(タッチ選択可能)または2560×1440のIPS液晶が選べる。直販価格は152,000円(税別)から。

重量を約1.32kg(最軽量構成時)に抑えたThinkPad T460s。第6世代Coreプロセッサーと高解像度なディスプレイを搭載しており、メインパソコンとしても十分利用できるパフォーマンスを実現

最薄部16.9mmとスリムだが、LAN(RJ-45)や3基のUSB3.0端子、HDMI、Mini DisplayPort、メディアカードリーダーを搭載しており、拡張性も高い

Skylakeを搭載した12.5型モバイルノート「ThinkPad X260」

携帯性のすぐれた12.5型のモバイルノート。第6世代Coreプロセッサーを採用することで基本性能を底上げしたのが主な強化点だ。本体サイズは約305.5(幅)×208.5(奥行き)×19.3〜20.3(高さ)mm、重量は約1.34kg(最軽量構成時)。バッテリー駆動時間は最大約11時間で、外出先でも長時間利用できる。オプションでバックライトキーボードも選択可能。

主な仕様は、OSがWindows 10 Pro 64ビット、Windows 7 Professional 64ビット/32ビットから選択可能。CPUは第6世代Coreプロセッサーを搭載する。メモリーは最大16GB DDR4、ストレージはHDDが最大1TB、SSDが最大512GBでPCIe NVMe SSDをサポートする。ディスプレイは12.5型で1600×900のIPS液晶または1920×1080の液晶が選べる。直販価格は127,500円(税別)から。

12.5型ノートパソコンのThinkPad X260。コンパクトなボディにThinkPad T460sと同じ外部インターフェイスを搭載するなど拡張性も高い

ヨガスタイルのモバイルワークステーション「ThinkPad P40 Yoga」

ディスプレイ部分が360度回転する、いわゆるヨガスタイルのモバイルワークステーション。同スタイルのモバイルワークステーションは世界初という。ドローイングやスケッチはタブレット端末、そして編集作業はデスクトップパソコンという2台で行った作業を1台でこなせる。14型ディスプレイは10点マルチタッチに対応し、オプションの「ThinkPad Pen Pro-1」は2048段階の筆圧検知をサポートする。カーボンファイバーとマグネシウム合金を使ったボディの重量は約1.8kg。

主な仕様は、OSがWindows 10 Pro 64ビット、Windows 7 Professional 64ビット/32ビットから選択可能。CPUは第6世代Coreプロセッサーを搭載。グラフィックスにはNVIDIAの「Quadro Maxwell M500M」を採用する。メモリーは最大16GB DDR4、ストレージは最大512GBのSSDをサポート。ディスプレイは14型で2560×1440のIPS液晶または1920×1080のIPS液晶が選べる。直販価格は220,000円(税別)から。

ThinkPad P40 Yogaは、世界初のヨガスタイルのワークステーション。第6世代Core i7プロセッサーとNVIDIAのQuadro Maxwell M500を搭載する。本体サイズは約338(幅)×236.3(奥行き)×19.9(高さ)mm

ThinkPad Yoga 260と同じく、タブレットスタイルに切り替えるとキーボードカバーがせりあがり誤操作を防げる。外部インターフェイスには、3基のUSB3.0端子、メディアカードリーダー、HDMI、Mini DisplayPortを搭載する

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.4.28 更新
ページトップへ戻る