世界最速で最大容量を実現したM.2 SSD

Samsung、リード3000MB/秒超えの新型NVMe SSD「960 PRO」と「960 EVO」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Samsung Electronicsは2016年9月21日(現地時間)、韓国・ソウルで「Samsung SSD Global Summit 2016」を開催し、NVMe対応高速SSDの新シリーズ「Samsung SSD 960」を発表した。

M.2のSSDとして世界最速・最大容量

Samsung SSD 960シリーズは、ゲーマーなどのハイエンドユーザ向けとなる「Samsung SSD 960 PRO」と、性能を絞って価格を抑えた「Samsung SSD 960 EVO」の2モデル。昨年登場した「Samsung SSD 950 PRO」に続く、第2世代のデスクトップ向けNVMe対応高速SSDで、前世代に比べて大幅に読み書き性能を向上させている。

今回発表された、960 PROと960 EV0。960 PROはゲーマーなどをターゲットにしたハイエンドモデル。960 EVOは性能を絞り価格を抑えたメインストリーム向けに位置づけられたモデルだ

搭載コントローラーは新型Polarisで、NANDは第3世代の3次元構造のV-NANDを採用する。インターフェイスは最大32GbpsのPCI Express 3.0 x4。NVMeプロトコルはバージョン1.2に対応。フォームファクタはM.2(基板サイズ20×80mm)で、同社によればM.2のSSDとしては、世界最速、最大容量を実現しているという。

960 PROは、512GB/1TB/2TBの3モデルを用意。容量2TBのM.2 SSDは世界初とのことだ。最大転送速度は、リード3500MB/s、ライト2100MB/s。4KBランダムの性能は、リード最大44万IOPS、ライト最大36万IOPS。搭載NANDはMLC V-NAND。耐久性を表すTBWについては容量の小さい順に、400TB、800TB、1200TB。保証期間は5年間。北米での価格は、512GBモデルが329ドル、1TBモデルが629ドル、2TBモデルが1299ドル。ワールドワイドでの出荷は2016年10月頃の見込みだ。日本国内での発売や価格は未定。

960 PROのラインアップは、512GB/1TB/2TBの3モデル。搭載するNANDは、MLC V-NAND

960 PROのラインアップは、512GB/1TB/2TBの3モデル。搭載するNANDは、MLC V-NAND

960 PROの基板本体

960 PROの基板本体

いっぽうの960 EVOは、250GB/500GB/1TBの3モデルを用意。最大転送速度は、リード3200MB/s、ライト1900MB/s。4KBランダムの性能は、リード最大38万IOPS、ライト最大36万IOPS。搭載NANDは、3bit MLC V-NAND。耐久性を表すTBWは容量の小さい順に、100TB、200TB、400TB。保証期間は3年間。北米での価格は、250GBモデルが129ドル、500GBモデルが249ドル、1TBモデルが479ドル。こちらも日本国内での発売や価格は未定だ。

960 EVOのラインアップは、250GB/500GB/1TBの3モデル。上位モデルと同じV-NANDを採用するが、こちらは3bit MLCタイプだ

960 EVOの基板本体

960 EVOの基板本体

960 PROと960 EVOの各モデルの耐久性

960 PROと960 EVOの各モデルの耐久性

北米での価格

北米での価格

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.20 更新
ページトップへ戻る