新製品レポート
10コアCPU搭載と、5,000mAh大容量バッテリー搭載の個性的な2モデル

FREETELの最新SIMフリースマホ「KIWAMI 極 2」と「RAIJIN 雷神」速報

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラスワン・マーケティングは、2016年10月6日に、同社ブランド「FREETEL」のSIMフリースマートフォンとして「SAMURAI KIWAMI 極2」と、「RAIJIN 雷神」の2機種を発表した。いずれもかなりとがった個性を持った製品に仕上がっているが、その特徴についてレポートしよう。

10コアCPUと大容量バッテリーという、個性的な特徴を持った2つの新機種を両手に持つプラスワン・マーケティングの増田社長。いずれもこの秋のSIMフリースマホ商戦で注目を集めそうだ

10コアCPUやDSDSなど、注目の機能を豊富に備えた高性能モデル
「SAMURAI KIWAMI 極 2」

「SAMURAI KIWAMI 極2」は、2015年11月に登場した「SAMURAI KIWAMI 極」の後継モデル。1440×2560表示に対応する約5.7インチの有機ELディスプレイを採用するのが特徴だ。ボディサイズは、約77.5(幅)×157.2(高さ)×7.2(厚さ)mmで、重量は約168g。メディアテックの10コアCPU「MT6797(2.3GHz×2+2GHz×4+1.4GHz×4」を採用するのもトピック。これに、4GBのRAMと64GBのROMを組み合わせており、microSDメモリーカードスロットは搭載されない。OSは、Android 6.0が採用されるが、なるべく早い時点でAndroid 7.0のバージョンアップを行うことが発表された。

カメラは、メインカメラが約1,600万画素、サブカメラが約800万画素という組み合わせだ。センサー類では、指紋センサー、ジャイロセンサー、気圧センサーが搭載されている。内蔵バッテリーは3,400mAhだが、連続待ち受け時間などのスペック値は公開されていない。接続インターフェイスとして搭載されるUSB Type-Cポートは、最高5V/3Aの充電に対応する。

ネットワーク機能も強く、2基のnanoSIMスロットを備え、最近注目の新技術「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応。LTEネットワークではB3+B19および、B1+B19のキャリアアグリゲーションにも対応している。

カラーバリエーションはメタルシルバー1色のみの展開。価格は49,800円(税別)で、12月の発売を予定している。

動画や静止画に強い有機ELディスプレイを採用する

動画や静止画に強い有機ELディスプレイを採用する

ボディの素材はアルミ。同社の「REI」を大きくしたようなデザインだ

ボディの素材はアルミ。同社の「REI」を大きくしたようなデザインだ

厚さは約7.2mm、この厚さは「REI」と共通

厚さは約7.2mm、この厚さは「REI」と共通

メインカメラは約1,600万画素

メインカメラは約1,600万画素

USB Type-Cポートを搭載。5V/3Aの充電に対応している

USB Type-Cポートを搭載。5V/3Aの充電に対応している

5,000mAhの大容量バッテリーを備える新シリーズ
「RAIJIN 雷神」

新しいシリーズとなる「RAJIN 雷神」は、1080×1920のフルHD表示に対応した約5.5インチの液晶ディスプレイを備えるSIMフリースマートフォン。ボディサイズは、約76(幅)×153(高さ)×8.7(厚さ)mm、重量は約183g。CPUには8コアの「MT6750T(1.5GHz×4+1.0GHz×4)」を採用し、4GBのRAMと64GBのROMが組み合わされるほか、128GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットが搭載されている。なお、OSには最新のAndroid 7.0が搭載される。

5,000mAhという大容量バッテリーが搭載されているのが本機の大きな見どころだ。駆動時間などは明らかにされていないが、みずからスマホのヘビーユーザーだと語る増田社長が、フル充電で1週間持続したと語るように、かなりのロングスタミナが期待できる。センサー類では、指紋センサーとジャイロセンサーを搭載。接続インターフェイスにはUSB Type-Cポートが採用されている。カメラは、メインカメラが約1,600万画素、サブカメラが約800万画素という組み合わせで、「SAMURAI KIWAMI 極 2」と共通の仕様となっている。

ネットワーク機能では、nanoSIMスロットとmicroSIMスロットをそれぞれ1基ずつ装備。こちらも「デュアルSIMデュアルスタンバイ」に対応するが、キャリアアグリゲーションには対応していない。

カラーバリエーションは、シルバー、ブラックに加えて、このほかの1色(詳細は後日発表)の3色が用意される予定。本体価格は29,800円(税別)で、発売は12月を予定している。

5,000mAhのバッテリーを搭載するが、重量は約183gに抑えられている

5,000mAhのバッテリーを搭載するが、重量は約183gに抑えられている

背面の指紋センサーは写真では黒だが、製品版ではボディカラーとそろえられるという

背面の指紋センサーは写真では黒だが、製品版ではボディカラーとそろえられるという

USB Type-Cポートを搭載。5V/3A対応なので、大容量ながら高速な充電が可能

USB Type-Cポートを搭載。5V/3A対応なので、大容量ながら高速な充電が可能

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る