ケーブルから液晶ディスプレイまで!ただ今続々増加中

今すぐ手に入る、USB Type-Cアクセサリー・周辺機器をジャンル別に厳選!

このエントリーをはてなブックマークに追加

USBの新しいコネクター規格として徐々に採用機器が増えているUSB Type-C。スマートフォンやタブレットを中心に広がっており、新型MacBook Proでは電源や映像出力といったものまですべてUSB Type-Cポートに統一された。そんなケーブル1本でいろいろ使えるUSB Type-C関連製品を大調査。ケーブルから各種周辺機器まで今すぐ購入できる製品をご紹介する!

USB Type-Cの基礎知識

初めにUSB Type-Cについておさらいしておきたい。USB Type-Cとは、次世代のUSB規格「USB 3.1」で採用された、新しいUSBコネクター。microUSB並みに端子部を小さくしながら、USB 3.0の2倍となる最大転送速度10Gbpsを実現。さらにUSB PD(Power Delivery)と言われる給電規格に対応しノートパソコンを充電できるほどの給電能力を備えた。加えて映像信号の伝送にも対応している。コネクターには、従来異なるコネクターを採用していたホスト(パソコン)側とデバイス(機器)側で共通となり、上下の向きがないリバーシブル仕様を採用するなど、使い勝手もよくなっている。

なお、USB Type-Cでは、USB 3.0やUSB 2.0といった従来のUSB規格にもしっかり対応している。最新機器同士だけでなく新旧の機器を混在させて接続することも可能となっている(ただし、コネクターの形状が異なるので変換コネクターなどが必要になるうえ、転送速度は遅い規格に合わせられる)。

ちなみに、USB 3.1の規格の中には、最大転送速度5GbpsのGen1と、Gen1をベースさらに高速化を遂げた最大転送速度10GbpsのGen2の2種類が存在している。なかでもGen2接続を使う際には、ケーブルを含めてGen2に対応している必要があるので注意しよう。

USB 3.1規格は、速度面だけでなく、給電能力も向上している。バスパワーはUSB 3.0の5V/900mAから5V/1Aに、またUSB PD時は最大5V/20Aまでサポート。コネクターは、USB 3.0以前ではホスト(パソコン)側が長方形状のUSB Type Aコネクター、デバイス(機器)側がUSB Type Bコネクターと決められていたが、USB 3.1世代ではUSB Type-Cに統一されている

USB 3.1世代ではUSB Type-Cコネクターに統一されたとはいえ、当面は新旧機器を混在させて使うのが一般的だ。くわしくは後述するが、そうしたときは、従来のUSB機器と新規格のUSB機器(USB Type-C)をつなげる、「A to C」ケーブルや「C to B」ケーブルが必要になってくる。これらのなかにはUSB Type-Cコネクターが付いているものの、インターフェイスはUSB 3.0やUSB 2.0の対応に留まるものもある。

USB 3.1規格の正規認証品で幅広く使えるGen2対応のUSB Type-Cケーブル
エレコム「USB3-CC5PNBK」シリーズ

エレコムのUSB 3.1 Gen2対応の「C to C」ケーブル「USB3-CC5PNBK」

エレコムのUSB 3.1 Gen2対応の「C to C」ケーブル「USB3-CC5PNBK」

USB 3.1世代の標準的なUSBケーブルが、両端にUSB Type-Cコネクターを備えた製品だ。エレコム「USB3-CC5PNBK」シリーズは、2016年3月下旬より発売された比較的新しいUSB 3.1 Gen2対応のType-Cケーブル。USB 3.1規格の正規認証品で、USB 3.1(Gen2/Gen1)/3.0/2.0とほぼすべてのUSB規格に対応しているほか、給電能力も最も高い20A/5V(100W)に対応しているのが特徴だ。新しいMacBook ProやMacBook(2015)の電源ケーブルとして使えるだけでなく、今後発売される機器にも幅広く対応できるモデルとなっている。なお、規格上の最大ケーブル長自体が1mと短いため、本製品もケーブル長は0.5mと1mの2種類となっている。ちなみに、正規認証品のため、0.5mモデルの価格.com最安価格は1,591円(2016年12月22時点)と割高だが、相性が起こりにくく安心だ。特に給電用途やパフォーマンスを重視する場合は、正規認証品を選びたい。

同じくエレコムからは、USB 3.1規格にそって作られた規格準拠品の「C to C」ケーブル「USB3-CC05BK」シリーズも発売されている。こちらは先述の正規認証品に比べてリーズナブルなのが魅力。たとえば、0.5mモデルの価格.com最安価格は1,222円(2016年12月22日時点)と若干だが安くなっている。仕様上ではUSB 3.1 Gen2/Gen1といった表記はないものの、最大転送速度は10Gbpsに対応(ただし、ケーブル長が1m以下の場合。それ以上では最大5Gbpsとなる)。給電能力は最大3A /5Vで、新しいMacBook ProやMacBookの充電ケーブルとしても使用可能だ。ケーブル長は最大2m。長さによって0.5m/1m/1.5m/2mの4種類がラインアップされている。

USB Type-A搭載パソコンにType-C採用の最新スマホを接続するときに便利な「A to C」ケーブル
バッファロー「BSUAC311」シリーズ

バッファローのUSB 3.1 Gen1対応の「A to C」ケーブル「BSUAC311」シリーズ

バッファローのUSB 3.1 Gen1対応の「A to C」ケーブル「BSUAC311」シリーズ

片側にPC用のUSB Type Aコネクターを、もういっぽうにUSB Type-Cコネクターを装備する、「A to C」タイプのUSBケーブル。従来のType AのUSB 3.0ポートを持つPCと、Type-Cポートを備えるスマートフォンといった最新機器などを接続するときに使う。USB 3.1 Gen1(3.0)対応のため、コネクターが青く色付けされている。ちなみに、同じコネクターで白色の場合はUSB 2.0となり、最大転送速度が大きく異なるので注意しよう。

Type-C搭載パソコンにAndroidスマホを接続するときに役立つ「C to microB」ケーブル
エレコムの「U2C-CMB05NBK」

エレコムのUSB 2.0対応の「C to B」ケーブル「U2C-CMB05NBK」。

エレコムのUSB 2.0対応の「C to B」ケーブル「U2C-CMB05NBK」

エレコムの「U2C-CMB05NBK」は、片側にUSB Type-Cコネクターを、もういっぽうにデバイス用のmicroBコネクターを装備する「C to microB」タイプのUSBケーブル。インターフェイスはUSB 2.0に対応しており、USB 2.0規格の正規認証品となっている。USB Type-Cポートを持つ最新のパソコンと、microBポートを持つスマートフォンを接続するときに使うモデルだ。長さは最大2m。0.5m/1m/1.5m/2.0mの4種類がラインアップされている。

コネクターだけ変換したい時に便利な変換アダプター
エレコム「USB3-AFCMADBK」シリーズ

エレコムのUSB 3.1 Gen1対応の変換アダプター「USB3-AFCMADB」

エレコムのUSB 3.1 Gen1対応の変換アダプター「USB3-AFCMADB」

「ケーブルが直付けされて交換できない」や「USBメモリーのコネクターの形だけを変換したい」といったときに役立つのが、変換アダプターだ。たとえば、愛用の有線マウスをUSB Type-Cポートしかない最新のパソコンにつなげたいときなどにこれを使えば解決できる。エレコムの「USB3-AFCMADBK」は、USB Type-CポートをUSB 3.1 Type Aポートに変換できるアダプター。USB 3.1(Gen1)規格に準拠しており、最大転送速度は5Gbpsとなっている。給電能力は最大3A/5Vに対応しているという。ノイズに強い3重シールドを本体に施すほか、金メッキピンコネクターを採用することでサビに強く信号劣化を抑えている。

変換アダプターでの干渉を回避できる延長ケーブル
エレコム「USB3-AFCM01NBK」

エレコムのUSB 3.1 Gen1対応の延長ケーブル「USB3-AFCM01NBK」シリーズ

エレコムのUSB 3.1 Gen1対応の延長ケーブル「USB3-AFCM01NBK」シリーズ

先述した変換アダプターは、通常のコネクターより大きめとなるため、場合によっては周辺にあるインターフェイスと干渉することがある。そんなときに便利なのが延長ケーブルだ。エレコム「USB3-AFCM01NBK」は、USB Type-CポートをUSB Type Aポートに変換するケーブル。トピックはUSB 3.1規格の正規認証品であること。インターフェイスは最大5GbpsのUSB 3.1 Gen1に対応している。コネクタを含む全長は0.15m。

USB Type-Cポートの近くにインターフェイスが用意されている場合は、変換アダプターでは干渉するおそれがあるので注意しよう

USB Type-Cポート×2+USB Type Aコネクター×2が追加できる4ポートUSBハブ
エレコム「U3HC-A412B」

エレコム「U3HC-A412B」

エレコム「U3HC-A412B」

USBポートが足りないときにお手軽にポート数を増やせるのがUSBハブだ。エレコム「U3HC-A412B」は、USB 3.1 Gen1対応の4ポートUSBハブ。USB Type-CポートとUSB Type Aポートをそれぞれ2基ずつ搭載。ACアダプターが不要なバスパワータイプながら、最大5V/3Aの電力供給に対応している。ケーブルは本体直付けタイプで、ケーブル長は10cm。

USB Type-C経由でPCを充電しながら、従来のUSBデバイスも使用できるUSB PD対応ハブ
エレコム「U3HC-A413B」

エレコム「U3HC-A413B」

エレコム「U3HC-A413B」

同じくエレコムの「U3HC-A413B」シリーズは、USB 3.1 Gen1対応の3ポートUSBハブ。最大の特徴は、ホスト側のパソコン本体をUSB経由で充電しながら、同時にUSBデバイスも使用できるというUSB PD(Power Delivery)に対応していること。ただし、MacBookなどのパソコン本体を充電するには、ハブ背面に用意される給電専用のUSB Type-Cポートに、パソコン本体に付属するUSB Type-C対応の電源アダプターを接続する必要がある。データ転送用は、USB Type-Cポート×1、USB Type Aポート×2。

エレコム「U3HC-DC03BBK」

エレコム「U3HC-DC03BBK」

なお、同社ではこれに加えて映像出力も行える製品「U3HC-DC03BBK」もラインアップ。「U3HC-A413B」シリーズ同様、3ポートのUSBハブに加えてUSB PDにも対応しているほか、さらにHDMIポートを1基搭載し、フルHD(1920×1080)映像出力に対応する。

ギガビット対応のLANアダプター
サンワサプライ「LAN-ADURC」

サンワサプライ「LAN-ADURC」

サンワサプライ「LAN-ADURC」

サンワサプライ「LAN-ADURC」は、USB 3.1 Gen1インターフェイス採用の1000BASE-T対応LANアダプター。1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tに対応する、RJ-45ポートを1基搭載する。Windows 10/8.1ではドライバーのインストール不要で使用可能だ(Windows 8/7はドライバーが必要)。ケーブル長は8cm(コネクター部除く)、重量は22.6g。最大消費電力は1.5W。

なお、Mac用モデル「LAN-ADURCM」もラインアップされている(Mac OS X 10.5以前はサポート対象外)。

内蔵SSDより高速! 最大10GbpsのUSB 3.1 Gen2対応の外付けSSD
サンディスク「エクストリーム900 ポータブルSSD」

サンディスク「エクストリーム900 ポータブルSSD」

サンディスク「エクストリーム900 ポータブルSSD」

爆速のポータブルSSD。インターフェイスに最大10GbpsのUSB 3.1 Gen2を採用。読み書き速度は最大850MB/秒を公称し、一般のパソコン内蔵のSATA SSDを大きく上回る転送速度を実現したのが特徴だ。容量は、1.92TB、960GB、480GBの3モデル。高解像度の動画や静止画などを日常的に扱うプロカメラマンに適したモデルとされている。

アルミボディ採用のお手ごろポータブルHDD
アイ・オー・データ機器「HDPX-UTC」シリーズ

アイ・オー・データ機器「HDPX-UTC」シリーズ

アイ・オー・データ機器「HDPX-UTC」シリーズ

USB 3.1 Gen1対応のポータブルHDD。薄型設計ながら放熱性の高いアルミボディを採用。本体サイズは、約76(幅)×12(高さ)×114(奥行)mmで、重量170g。電源はUSBバスパワーのほか、ACアダプター(別売)による駆動にも対応している。容量によって、1TBモデルと2TBモデルの2製品がラインアップされ、1TBモデルの「HDPX-UTC1」の場合、価格.com最安価格は10,472円(税込、2016年12月21日時点)と、USB Type-C対応HDDとしてはお手ごろな価格を実現している。

3スロット装備のメモリーカードリーダー
エレコム「MR3C-AP010BK」

エレコム「MR3C-AP010BK」

エレコム「MR3C-AP010BK」

3スロットを装備するメモリーカードリーダー。本体には、SDXCメモリーカード、microSDXCメモリーカード、コンパクトフラッシュ用の各スロットを設けており、別途変換アダプターを併用することで計38種類のメモリーカードに対応する。ケーブル一体型タイプで、インターフェイスはUSB 3.1 Gen1に対応している。本体サイズは約68.0(幅)×45.0(奥行)×16.0(高さ)mmで、重量は約46g。なお、メーカー公式ページでは、「MacBook(2015)で使用可能」とうたわれている。

MacBookも充電可能!大容量20,100mAhのモバイルバッテリー
Anker「PowerCore+ 20100 USB-C」

Anker「PowerCore+ 20100 USB-C」

Anker「PowerCore+ 20100 USB-C」

USB Type-Cポートを搭載したモバイルバッテリー。USB Type-C対応モバイルバッテリー−のほとんどは、変換アダプターや変換ケーブルを使用するタイプだが、本製品はUSB Type-Cポートを1基搭載しているのが特徴。付属のUSB Type-Cケーブルを使うことで5V/3Aの給電にも対応し、MacBookの充電も行える。このほか、USB Type Aポートも2基搭載(最大5V/2.4A、自動調整対応)している。なお、USB Type AポートとType-Cポートの同時使用できないとのこと。内蔵バッテリー容量は20,100mAh。

ケーブル1本で「映像」「データ転送」「給電」に対応した27型4K液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス「27UD88-W」

LGエレクトロニクス「27UD88-W」

LGエレクトロニクス「27UD88-W」

新しいMacBook Proに搭載されたUSB Type-Cポートは、データ転送のほかに、本体を充電する「給電」と、外部ディスプレイに映像を映し出す「映像出力」にも対応している。その機能をフル活用できる、Mac Book Proにピッタリなディスプレイがこの「27UD88-W」だ。「27UD88-W」は、USB Type-Cポートを搭載した27型4K液晶ディスプレイ。USB Type-Cケーブル1本で、映像信号入力や接続機材への電源供給(USB PD)に対応。さらに本体に設けられた2つのUSB Type Aポートもハブとして使用できる。

液晶パネルにはIPSパネルを採用し、解像度は3840×2160。視野角が上下左右178度。輝度は350カンデラで、コントラスト比は最大500万:1(通常1000:1)、応答速度が5ms(GTG)となる。映像入力は、HDMI×2、DisplayPort×1、USB Type-C×1。オーディオ入力用のステレオミニ×1を備える。

音楽制作向けの24bit/192kHz対応USBオーディオインターフェイス
M-AUDIO「M-TRACK 2X2」

M-AUDIO「M-TRACK 2X2」

M-AUDIO「M-TRACK 2X2」

「M-TRACK 2X2」は、最大24bit/192kHz対応のUSBオーディオインターフェイス。音楽制作向けの入力端子を備えたモデルで、入力には、マイクとラインレベルの信号に対応したXLR+1/4インチバランス・コンボ端子と、エレキギターやエレキベースをつなげられるハイインピーダンス専用1/4インチ端子を搭載。最大24bit/192kHzのハイレゾクオリティで同時録音が行える。出力は、ステレオ1/4インチTRSバランス端子、ヘッドホン端子の2系統。本体は堅牢なメタルボディで、操作しやすい大型ボリュームノブも搭載する。

なお、PCとの接続にUSB Type-Cポートを採用しているが、インターフェイス自体はUSB2.0となっている。ちなみに、5ピンMIDI入出力端子も搭載した「M-TRACK 2X2M」もラインアップされている。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2017.8.20 更新
ページトップへ戻る