ニュース

ワイモバイルが「S1」と「S2」、2種類のAndroid Oneスマホを発表!

ワイモバイルは、2017年1月18日に、都内で発表会を開き2017年春の新製品として、Android One「S1」と「S2」をはじめとした新端末を発表した。また、これにあわせて2017年版の学割キャンペーンおよび、新サービスも発表した。そんな発表会の様子をレポートしよう。

発表会では、ワイモバイルのイメージキャラクター、ピコ太郎さん、ふてにゃん、桐谷美玲さんが登場。ピコ太郎さんは、ヒット曲「PPAP」のワイモバイルオリジナル版を披露した

個性の異なる2機種の「Android One」スマホが登場

Googleが提唱する、Androidスマートフォンの低価格ブランド「Android One」。その最新モデル2機種がワイモバイルより発表された。

そのうちの1機種であるAndroid One「S1」(シャープ製)は、高品質の液晶ディスプレイが特徴。1080×1920のフルHD表示に対応する約5.0インチのIGZO液晶を搭載しており、3日以上のバッテリー持続を実現する(メーカー調べ)。また、ボディはIPX5/7等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様もクリアしており、タフネス性能も高い。

ボディサイズは、約69(幅)×143(高さ)×8.0(厚さ)mmで、重量約134g。クアルコムのオクタコアCPU「Snapdragon 430 MSM8937(1.4GHz×4+1.1GHz×4)」に、2GBのRAMと、16GBのROMを組み合わせ、microSDXCメモリーカードスロットは256GBまで対応する。搭載OSはAndroid 7.0.

「Android One」の魅力は保証されているバージョンアップによるところが大きい。本機もその例に漏れず、Android 7.0がインストールされているが、発売から18か月間に最低1回以上のバージョンアップと、毎月1回のセキュリティパッチの配布が発売後最低2年間保証されている。なお、現時点で最新となるAndroid 7.1についても配布される見込みだ。

カメラ性能は、メインカメラは1,310万画素、サブカメラは約800万画素という組み合わせだ。特にサブカメラの性能が高く、きれいな自分撮りが行える点も特徴だ。発売は2月下旬以降を予定している。

フルHD表示に対応する約5.0型のIGZO液晶を搭載。高精細な表示と省電力を両立させている

フルHD表示に対応する約5.0型のIGZO液晶を搭載。高精細な表示と省電力を両立させている

つるりとした背面のデザイン。派手さはないが持ちやすい

つるりとした背面のデザイン。派手さはないが持ちやすい

カラーバリエーションは4色。左からホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズ

カラーバリエーションは4色。左からホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズ

キャップレスのmicroUSBポートが採用される

キャップレスのmicroUSBポートが採用される

もう1機種のAndroid One「S2」(京セラ製)は、耐衝撃仕様のボディや赤外線通信ポートを備えており、ケータイからの乗り換えをより意識したモデルとなっている。

画面サイズは約5.0インチで、720×1280のHD表示に対応。ボディサイズは、約72(幅)×143(高さ)×10.6(厚さ)mmで、重量は約142gだ。なお、本機のボディは上記の耐衝撃のほかに、IPX5/7等級の防水仕様と、IP5X等級の防塵仕様もクリアしている。基本性能は、CPUは、クアッドコアの「Snapdragon 425 MSM8917(1.4GHz×4)」に、2GBのRAM、16GBのROM、200GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。搭載OSはAndroid 7.0。メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約200万画素だ。発売は、3月上旬以降を予定している。

耐衝撃ボディや赤外線通信ポートを備えるAndroid One「S2」。ケータイからの乗り換えを強く意識したモデルだ

背面がやや盛り上がったボディ。10mm以上の厚みがある

背面がやや盛り上がったボディ。10mm以上の厚みがある

キャップレスのmicroUSBポートを採用する

キャップレスのmicroUSBポートを採用する

カラーバリエーションは、レッド、ネイビー、ホワイトの3色

カラーバリエーションは、レッド、ネイビー、ホワイトの3色

また、これらのAndroid Onスマートフォン2機種のほかに、画面サイズ10インチのAndroidタブレット「MediaPad T2 Pro 606HW」が3月上旬以降に、下り最大612Mbpsの高速データ通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 603HW」が2月中旬以降に、それぞれ発売されることも発表された。

Android 6.0を搭載する画面サイズ約10.1インチのタブレット「MediaPad T2 Pro 606HW」は、3月上旬以降の発売予定

下り最大612Mbpsの高速データ通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 603HW」は、2月中旬以降に発売される

契約ユーザーは「Yahoo! プレミアム」が無料。ポイントは最大17倍に

今回の発表会では、新サービス「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」も発表された。これは、Yahoo! JAPANの「Yahoo!プレミアム」(月額税込462円)相当のサービスを、ワイモバイルの「スマホプラン」、「データプラン」のユーザーなら無料で利用できると言うものだ。これにより、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」といったショッピングサイトの利用時にたまるポイントが通常の5倍となるほか、「お買いものあんしん補償」や「ヤフオク!」が制限なしで利用できるといった特典を受けることができる。

なお、本サービスの開始にともなうキャンペーンが、2017年2月1日〜3月31日の期間で実施され、プラス5倍のポイント上乗せがされる。さらに、「Yahoo! JAPANカード」の利用者特典や、月額500円のオプションサービスである「Enjoyパック」を組み合わせば、最大で通常の17倍という高いポイント還元率で買い物が行える。

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」では通常でも、通常の5倍のポイントがたまるが、さらに開始キャンペーン、「Enjoyパック」、「Yahoo! JAPANカード」の特典を組み合わせれば、最大17倍のポイント還元が適用される

このほか、2種類の学割キャンペーンの内容も発表された。そのうちのひとつ「ヤング割」は、18歳以下のユーザーを対象に、「スマホプランS/M/L」の基本使用料が、利用2年目(契約月を1か月目とし14か月目)から1年間、毎月1,000円割引きされるというものだ。「スマホプランS」を利用する場合、既存の「ワンキュッパ割」と併用することで、2年間の基本使用料が1,980円(税別)まで値下げされる。

もうひとつの「Pocket WiFi 学割」は、キャンペーン期間中にワイモバイルの「Pocket WiFiプラン2」(対応機種:Pocket WiFi 502HW/504HW/603HW)を新規契約し、「アドバンスオプション」に申し込みをした25歳以下のユーザーを対象に、月額684円(税別)の「アドバンスオプション」が契約当月から3年間(37か月間)無料で利用できるというもの。この期間中であれば月額3,696円(税別)で、通信容量の上限なしに高速のデータ通信が利用できるようになる。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る