コンパクトボディの「Moto G5」は2万円台!

金属ボディ、5.2型フルHD液晶、DSDS、4GBメモリー搭載で3万円台! モトローラの新型SIMフリースマホ「Moto G5 Plus」はコスパ抜群

このエントリーをはてなブックマークに追加

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は2017年3月16日、スマートフォン(スマホ)の新モデルとして、SIMフリーの「Moto G5」と「同 G5 Plus」を3月31日に発売すると発表した。価格.com上で大人気だった「Moto G4 Plus」の後継機種で、手ごろな価格と充実した機能が特徴だ。価格はオープンで、市場想定価格は5型のMoto G5が22,800円(税別)、5.2型のMoto G5 Plusが35,800円(同)。年々競争が激化しているSIMフリースマホ市場において、Moto G4 Plusと同様、人気モデルとなれるか注目だ。

5型のMoto G5(左)と5.2型のMoto G5 Plus(右)は、同社の主力機種「Moto G」シリーズの最新モデル。前モデルと同じ、丸みのある親しみやすいデザインだが、金属ボディとなり高級感がアップした

Moto G4 Plusの成功を受けて2モデルを国内投入

昨年7月に発売されたMoto G4 Plusは、フィーチャーフォン時代に一世を風靡した老舗のモトローラが、国内のSIMフリースマホ市場に本格参入した最初のモデルだった。2枚のSIMカードを使って、どちらも待ち受けできるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にいち早く対応し、価格.com上でも大人気のモデルとなった。同社によると、SIMフリースマホの販売台数シェア1位を8週間もキープしたというから、最初のモデルとしては大成功だったと言えるだろう。

このMoto G4 Plusの成功を受けて、今回発表された新モデルはラインアップを2機種に増やした。どちらも高級感のある金属ボディを採用しており、ルナグレーとファインゴールドという2色のカラーバリエーションを用意している。実物に触れてみたが、樹脂素材だったMoto G4 Plusと比べると、かなり質感が高まっていた。OSには「Android 7.0」を採用。OSには独自のカスタマイズをあえて施さず、余計なソフトウェアも極力搭載しないことで、パフォーマンスが落ちることを防いでいる。

Moto G5 Plusは、その名の通り、Moto G4 Plusの後継機種。画面サイズは5.5型から5.2型にわずかに小さくなっているが、解像度はフルHD(1920×1080)のまま。基本スペックは、CPUが「Snapdragon 617」(オクタコア、1.5GHz)から「Snapdrago 625」(オクタコア、2.0GHz)へ、メモリー(RAM)が3GBから4GBへ強化されている。ストレージは32GBで、最大128GBのmicroSDメモリーカードを利用できる。nanoSIMカードスロットを2つ備えており、DSDSにも対応。対応バンドはLTEが1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41(au回線には非対応)。指紋認証センサーや手首をひねるとカメラを起動したり、持ち上げて着信音を停止させたりできる「Motoアクション」も引き続き備える。

5.2型液晶を搭載するMoto G5 Plus。外部インターフェイスはmicroUSB

5.2型液晶を搭載するMoto G5 Plus。外部インターフェイスはmicroUSB

カメラ機能は、1200万画素のアウトカメラに「デュアルピクセルオートフォーカス」を採用することで、高速なオートフォーカス(AF)を実現。デュアルピクセルオートフォーカスとは、ひとつひとつの画素が位相差AFセンサーの構造を兼ねた技術で、サムスンの「Galaxy S7 edge」も採用している。F値1.4の明るいレンズやマニュアル撮影ができる「プロフェッショナル・モード」など、カメラ機能が充実しているのも特徴だ。バッテリー容量は3000mAhで、15分の充電で約6時間動作する「ターボパワー充電」もサポートする。本体サイズは74.0(幅)×150.2(高さ)×7.7(厚さ)mm、重量は約155g。

デュアルピクセルオートフォーカスを搭載する1200万画素のアウトカメラ

デュアルピクセルオートフォーカスを搭載する1200万画素のアウトカメラ

左にスワイプすると「戻る」、右にスワイプすると「最近のアプリ履歴」など、多機能になった指紋センサー

左にスワイプすると「戻る」、右にスワイプすると「最近のアプリ履歴」など、多機能になった指紋センサー

いっぽうのMoto G5は、女性ユーザーを意識したコンパクトモデル。きれいに自分撮り(セルフィー)ができる「ビューティーモード」などを備えるのが特徴だ。画面サイズはフルHDの5型。CPUは「Snapdragon 430」(1.4GHz、オクタコア)、メモリーは2GB、ストレージは16GBと、スペックはそれほど高くはない。microSDメモリーカードスロットも備える(最大128GB)。nanoSIMカードスロットを2つ備えておりDSDにも対応(夏以降対応予定)。対応バンドはLTEが1/3/5/7/8/19/20/28/38/40。

カメラ機能はアウトカメラが1300万画素、インカメラが500万画素。バッテリー容量は2800mAh。本体サイズは約73.0(幅)×144.0(高さ)×8.7(厚さ)mm、重量は約149g。

5型液晶を搭載するMoto G5。スペックは控えめだが、2万円台の安さは魅力だ

5型液晶を搭載するMoto G5。スペックは控えめだが、2万円台の安さは魅力だ

質感の高い金属ボディ。モトローラらしい丸みのあるデザインだ

質感の高い金属ボディ。モトローラらしい丸みのあるデザインだ。外部インターフェイスはmicroUSB

販路は自社のオンラインストアのほか、複数のMVNOを通じて販売する予定だ(上写真)。量販店での販売にも力を入れるという

同社のフラッグシップモデル「Moto Z」シリーズ用の新しい「Moto Mods」である「ビークル・ドック」。Moto Modsは、スマホにさまざまな機能を追加できる機能モジュール。ビークル・ドックは、車のエアコンの吹き出し口などにMoto Zを固定するためのモジュールだ。市場想定価格は9,800円(税別)で、春以降に発売する

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
Moto G5 Plus SIMフリー 38,308 5.2型フルHD液晶を搭載したSIMフリースマートフォン
Moto G5 SIMフリー 24,389 5.0型フルHD液晶を搭載したSIMフリースマートフォン
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.3.22 更新
ページトップへ戻る