5万円からのスマホ対応ロボット掃除機

“ルンバ”が全機種IoT化! Wi-Fi対応「ルンバ890/690」登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

今やロボット掃除機の代名詞と言える“ルンバ”(iRobot)。その新モデルとして、Wi-Fi対応の「ルンバ890」「ルンバ690」が発表された。2機種とも発売日は2017年8月24日。アイロボットストア価格で、ルンバ890は69,880円(税別)、ルンバ690は49,880円(税別)で販売される。これにより、上位機種「ルンバ980」「ルンバ960」を含め、ルンバの現行機種すべてがWi-Fi対応する。

Wi-Fi搭載の新モデル、ルンバ890(左)とルンバ690(右)

Wi-Fi搭載の新モデル、ルンバ890(左)とルンバ690(右)

写真左が新製品2機種。右側の2機種が900シリーズ(ルンバ960とルンバ980)だ。4機種全てがWi-Fi対応のロボット掃除機となった

Wi-Fi対応で約5万円からの新ルンバ

まずおさらいしておくと、ルンバは2017年8月時点の現行機種として、グレード別に「900シリーズ」「800シリーズ」「600シリーズ」をラインアップしている。Wi-Fi機能は、これまで2015年発売の最上位900シリーズのみ対応していたのだが、今回の新製品で800シリーズと600シリーズにも搭載された形だ。

これまでハイエンドモデルだけの機能だったルンバのスマホ操作が、スタンダードラインでも可能になったのがポイント。専用アプリ「iRobot HOME」を使用し、外出先からでもルンバに清掃を指示できるほか、清掃時間のスケジュール設定や、清掃履歴の確認などが行える。特にルンバ690の場合、スマホでできる操作は基本的に上位の900シリーズと共通ながら、スタンダードラインの製品として約5万円という価格帯を実現したのがうれしい。

ルンバ890(写真上)、ルンバ690(写真下)。後述するがWi-Fi以外の性能は変わっていないので、言い方を変えると、従来の800シリーズ/600シリーズにWi-Fiを搭載したモデルということになる

900シリーズと共通の専用アプリ「iRobot HOME」から、「CLEAN」の文字をタップするとルンバが清掃を開始する

アプリからは、清掃の履歴を管理することが可能。また、ダストボックスに詰まっているゴミの量や、メインブラシと本体の汚れ具合なども確認でき、お手入れの時期がわかりやすい。アプリで操作している様子は以下の動画を参照されたい

高い掃除力はシリーズ従来モデルから踏襲!

2機種とも、Wi-Fi機能以外のスペックに関しては、従来の800シリーズ/600シリーズの性能をそれぞれ引き継いでいる。

高速応答プロセス「iAdapt」を搭載しており、清掃時には本体前面に備えるセンサーによって室内の状況を判断し、40以上の行動パターンの中から最適な動作を選択して清掃を開始。段差も感知し、自動的に落下を回避できるようになっている。いずれも従来と同じくカメラは非搭載で、900シリーズが備えるマッピング機能には対応しない。

2機種の大きな違いは、ゴミの収集システム。ルンバ890には、900シリーズにも搭載される「AeroForceクリーニングシステム」が採用されており、ゴミの除去率を高めている。いっぽうのルンバ690は3段階クリーニングシステムとなる。2機種とも、3時間の充電で稼働時間は最大60分をカバー。ユーザーからすると、新機能であるWi-Fi性能に差異はないので、あとはスペック面で従来製品も参考にすることで製品を選びやすいだろう。

ルンバ890は、上位の900シリーズにも採用される「AeroForceクリーニングシステム」を引き続き搭載。中央に備わる特殊素材のAeroForce エクストラクターでゴミを浮き上がらせ、ハイパワーモーターが起こす気流で、ルンバ内部に真空状態を作り出して吸引する

ルンバ690は、「3段階クリーニングシステム」を搭載。エッジクリーニングブラシで壁ぎわのゴミをかき出して中央に集め、中央で回転する2本のブラシでゴミをかき込み、ほこりやハウスダストまでしっかり吸引することで、小さなゴミまでていねいに取り除く、ルンバの基本システムだ。

緑枠で囲った部分がセンサーを内蔵する場所。ここで室内の情報を収集してルンバ自身が状況判断し、より適した清掃動作を行う

また2機種とも、壁ぎわのゴミもしっかりかき出すエッジクリーニングブラシを搭載。上記のセンサー部によってその場の状況を判断しながら、家具の脚まわりにもしっかりエッジクリーニングブラシが沿うように動いていくれる。その様子は以下の動画を参照のこと。

エッジクリーニングブラシ搭載。家具の下も脚まわりもエッジクリーニングブラシを中心に回るように動いて掃除してくれる

また、ゴミや汚れが多い場所をセンサーで感知し、集中清掃してくれる機能もルンバの美点。ルンバ自身がキレイになったと判断するまで、クルクルと同じ場所の清掃動作を繰り返す。その様子は以下の動画の通り。高いゴミ除去性能が、従来から引き継がれていることがおわかりいただけるのではないだろうか。

清掃が終了すると自動でホームベースに戻る自動充電機能にももちろん対応

清掃が終了すると自動でホームベースに戻る自動充電機能にももちろん対応

取っ手も付いており、持ち運びもラクラク。重量は、ルンバ890(左)が約3.8kgで、ルンバ690(右)が約3.6kg

取っ手も付いており、持ち運びもラクラク。重量は、ルンバ890(左)が約3.8kgで、ルンバ690(右)が約3.6kg

ダストボックスも、本体側面から簡単に取り外せる。上の写真にあるルンバ890のみ、高機能フィルターを採用していおり、排気もキレイだ

ロボティクスのパイオニアとして、スマートホームの世界へ貢献

ルンバの初代機が日本で発売されたのは2002年。それ以来、ルンバシリーズは国内のロボット掃除機市場を牽引し、右肩上がりでシェアを伸ばしてきた。現時点で、国内累計出荷台数は200万台を突破している。

2017年4月には、ルンバを含むiRobot製品を取り扱うアイロボットジャパン合同会社が発足。今回発表された2機種は、同社が発足して初の製品でもある。同社代表執行役員社長の挽野元氏は、「ロボティクスのパイオニアとして、より豊かで便利なスマートホームの実現に貢献したい」と、Wi-Fi対応ルンバにかける思いを語った。

700シリーズが発売された2010年頃から、急激に日本市場でのシェアを伸ばしてきたルンバ

700シリーズが発売された2010年頃から、急激に日本市場でのシェアを伸ばしてきたルンバ

iRobot プロダクトマネジメント シニアダイレクター フーマン・シャヒディ氏(左)と、代表執行役員社長 挽野元氏(右)

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。あ、90年代アニメも好き。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.15 更新
ページトップへ戻る