ジダラキング

足元から爆風! 乗るだけで濡れた身体が乾く「全身用ドライヤー」を使ってみた

どうも。「できるだけ手間をかけずに過ごす」が人生のテーマの「自堕落王(ジダラキング)」です。

ゴロゴロと寝て暮らしたいのは「当然 of 当然」なんですが、生活していくうえで、どうしても必要な作業ってあるじゃないですか。何とかあれの手間も減らしたい。

わかりやすいところだと、調理や掃除、洗濯なんかがそう。できるだけ手軽においしいごはんが食べられるとうれしいし、掃除や洗濯だって、片っ端から機械に丸投げしたいんですよ。だるいし。

もうちょっと細かく言えば、ヒゲを剃るの面倒だから永久脱毛も考え中だし、シャツを選ぶ時も、ノーアイロンでいけるかどうかが大前提。このままいけば、「息をするのも面倒くせぇ〜」状態も待ったなしですが、実は2021年末から「睡眠時無呼吸症候群」の治療で「CPAP(持続陽圧呼吸機)」を使い始めたので、寝ている間の呼吸はすでに機械任せだったり。

で、先日ちょっとラクができそうな面白い製品が発売されるよ、というニュースを見かけまして。なんと、風呂上がりに身体をすっきり乾かしてくれる「全身用ドライヤー」だそうで……、えっ、何それ、便利そう!

「全身用ドライヤー」と聞いただけで、自堕落の心がくすぐられます!

「全身用ドライヤー」と聞いただけで、自堕落の心がくすぐられます!

もうバスタオルは必要ない!? 全身乾燥ドライヤー

というわけで、さっそく取り寄せてみたのが、ヒロ・コーポレーションの「全身イオンドライヤー HTD-360」です。サイズ感としては、ロボット掃除機がふた回りほど大きくなったかなー、ぐらい。この上に乗ると、足元から強めの風を吹き上げて、風呂上がりの身体から水気を飛ばして乾かしてくれる、という仕組み。

下から吹き出す風で風呂上がりの身体を乾かしてくれる「全身イオンドライヤー HTD-360」

下から吹き出す風で風呂上がりの身体を乾かしてくれる「全身イオンドライヤー HTD-360」

乗ってボーッとしているだけでいいんだから、いちいち全身をバスタオルで拭く手間はもちろんのこと、バスタオルを洗濯する労働コストも削減できるじゃないですか。バスタオルって、デカイから洗濯して干すのも場所をとって面倒だし。使わなくて済むなら、それに越したことはないでしょう。

さらに、本機に乗っているだけだから、歯磨きや洗顔も同時に並行して行えるので、もしかしたら睡眠時間も5〜10分ぐらい稼げるかも。となると、導入するメリットは多いか!?

細かな突起で示されているのが、足を乗せる場所。中央の人感センサーによって、送風がオン/オフされます

細かな突起で示されているのが、足を乗せる場所。中央の人感センサーによって、送風がオン/オフされます

操作パネルで電源をオンにしたら、シリコン製のフットパッドの上に乗ります。すると、センサーが働いて、足元から風がブォォォォと吹き上がります。降りると自動でオフ。

操作するポイントは、4段階の「風量調整」と「温風/送風」の切り替えぐらいなので、まず初見で使い方にてこずるなんてことはなさそう。パネルには、もうひとつ「タイマー温風」ボタンがありますが、これは後述。

操作ボタンは4つだけの簡単操作

操作ボタンは4つだけの簡単操作

では、実際に乗ってみましょう。

……おおお。最弱の風量1でもなかなか勢いのある風が出ます。4か所の送風口で前後左右をフォローしているので、中央に立っていると、全身くまなく風に包まれているような感じ。普段生活している限りでは、下からの強風に吹き上げられる機会もそうないでしょうし、なかなか不思議な感覚です。

風量1と4の風力の違い

この時点で気になったのは、温風がなかなか出ないこと。「温風モード」に設定して、スタートから5分ほど経過しても、ほぼ室温相当のひんやりした風が出るばかりです。どうやら強力な風量に対し、ヒーター加熱がやや間に合ってないようで、このままだと冬場は確実に凍えてしまいそう。

そこで重要になってくるのが、先述の「タイマー温風」モード。タイマーをオンにすると、自動で風を吹き出しつつプレヒートを始めてくれます。風呂に入る前に設定しておけば、出る頃にはイイ感じで温風が出るようになっていますし、そのついでに脱衣場もホワッと暖まっているという寸法ですね。

全身ドライヤーははたしてラクなのか!?

では、実際に入浴からの全身ドライヤーですっきり乾燥、という流れを体感してみましょう。

先に述べたとおり、今の冬季シーズンですと、タイマーによるプレヒートはマスト。ということで、本体を脱衣場に置いたら、「タイマー温風」を設定してからお風呂に入ります。

うーん、さすがに入浴中、ずっとブォォォォォォと風の吹き出し音が聞こえてくるのは、やや耳障りかも。タイマーモードの送風音は、通常モードより小さめですが、それでも普通のヘアドライヤーより大きい音。掃除機の駆動音に近いレベルなので、集合住宅の場合、深夜だとちょっと気をつかいそうです。

狭い脱衣場だと余計に音が響くので、結構ギョッとします

狭い脱衣場だと余計に音が響くので、結構ギョッとします

ひとまず20分ほどの入浴タイムを経て、いよいよトライ。濡れた身体のまま、プレヒート中の「全身イオンドライヤー」に乗ると、自動で通常の温風モードに切り替わります。乗った瞬間は、まだ少し風が冷たく感じましたが、パネルの温度表示もすぐにアップして、60〜65℃あたりで安定しました。

あー、これは気持ちいいわ。身体が冷えることもなく、かといって汗をかくこともない、温度的に「これぐらいが風呂上がりにジャスト」な風に全身が包まれています。

上半身にも温風は届いています、が……

乾燥具合に関しては、さすがに吹き出し口に近い足のほうはあっという間ですね。サラッと乾いてくれます。特に、えー、あのー、股間まわりからシモの毛辺りが素早くサラサラになるのは、思った以上に快適です。……なんですが、吹き出し口から遠い上半身は、なかなか水気が取り切れません。

特に、胸から上にかけては風が届きにくくなるため、肩口や首は5分以上乗っていてもまだかなり濡れたまま。風量を最大にしても、しっかりと乾くまでに10分以上はかかりました。これはもしかしたら、軽くタオルドライしつつ併用するのが正解なのかも?

完全にバスタオルレスな生活が来るか!と期待していたので、そこはちょっと残念。あと、足の裏は風がまったく当たらないので、足拭きマットは必須です。

シリコンマットは使用後に外して、ざっと洗って干しておきます

シリコンマットは使用後に外して、ざっと洗って干しておきます

風量を1段階上げるだけで、みるみる10℃ほど温度が下がります。これだと冬場は使いづらいかな……

風量を1段階上げるだけで、みるみる10℃ほど温度が下がります。これだと冬場は使いづらいかな……

もうひとつ、やはりヒーターの熱量不足はどうしても気になりました。風量が少なめなら問題ないんですが、そこから設定を上げていくと、反比例するように一気に風が冷たくなり、元の温度に戻るまでかなり時間を要します。これはどうしても、冬場の使用にはツラい設計。逆に、夏場はガンガンと強い風が使えて汗も気持ちよく引きそうなので、現時点では春夏用のシーズン家電としてとらえたほうがよいのかもしれません。

きだてたく

きだてたく

最新機能系から雑貨系おもちゃ文具まで、何でも使い倒してレビューする文房具ライター。現在は大手文房具店の企画広報として企業ノベルティの提案なども行っており、筆箱の中は試作用のカッターやはさみ、テープのりなどでギチギチ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る