新製品レポート
ハイアール アジア訪問第2弾! 〜2つのパルセーターで洗浄力と節水性能が向上〜

ハイアールの縦型洗濯機「ツインウォッシュ」と「スラッシュ」の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日訪問したハイアールアジアの縦型洗濯機「スラッシュ」説明会の場に、もう1つの縦型「ツインウォッシュ」が並列展示されていた。「スラッシュ」と比べると、デザインは控えめで馴染みのある縦型洗濯機という感じだ。洗濯容量が10kgと8kgから選べ、乾燥機能付きタイプもラインアップされているなどの相違点はあるが、「スラッシュ」とシリーズを別にするほどの機能差はあるのだろうか。「スラッシュ」と何が違うのかを調べてみた。

ハイアール「ツインウォッシュ」

左端のみ、乾燥機能付き「AQW-TW1000D」(洗濯/乾燥容量:10kg/5kg)。その他は中央より順に「AQW-VW1000D」(洗濯容量:10kg)、「AQW-VW800D」(洗濯容量:8kg)となる

洗浄力と節水性能がウリの縦型洗濯機

「ツインウォッシュ」は「スラッシュ」のように洗濯槽が斜めになっていないため、一般的な縦型同様の洗浄方式となる。しかし、「ツインウォッシュ」は“洗浄力にスポットを当てたモデル”だという。洗浄力に差をつけるヒミツは、どこにあるのだろうか。

それは、パルセーターにあった。パルセーターは、衣類を持ち上げたり水流を生み出すために欠かせないパーツ。衣類を攪拌させて洗う縦型において、洗浄性能の大きな鍵となるのは間違いない。「ツインウォッシュ」はパルセーターを高さのある2重構造にすることで、より強い水流での洗濯と業界トップクラスの節水を実現した。その仕組みを、「AQW-VW1000D」を中心に見ていこう。

「ツインウォッシュ」のパルセーター 一般的なパルセーター(従来製品「AQW-V800C」)。「 「ツインウォッシュ」には、内側と外側がそれぞれ異なった働きをする2重構造のパルセーターを採用。裏にある羽根も、従来比2倍の長さとなった

パルセーターが回転することで水は攪拌され、衣類が動く。「ツインウォッシュ」のパルセーターは、外側のパルセーター(水色の部分)で攪拌するのだが、その際、内側のパルセーター(白い部分)が衣類を持ち上げ、外側のパルセーターにかかる負荷を分散させる。外側のパルセーターの回転数が維持できるため、強い水流が生み出せるのだという。

その水流に、縦の流れを加えるのが循環水だ。洗濯槽に溜まった水は引き上げられ、洗濯槽上部から放出される。パルセーターの動きだけでも縦水流はできるようになっているが、上から降り注ぐ循環水により、その効果はさらにアップ。そして、ここでパルセーター裏側の羽根が効率的に作用する。従来の2倍の長さとなった裏側の羽根で大量の水を押し上げるため、少ない使用水量でもしっかり洗うことができるのだそう。

ツインパルセーター洗浄方式

衣類の位置を入れ替えて洗うことは、汚れの落ちの向上や洗いムラ低減に欠かせない。ちなみに、洗濯容量10kgの「AQW-VW1000D」と「AQW-TW1000D」の洗濯時の標準使用水量は、99L。「AQW-VW800D」(洗濯容量8kg)では、84Lとなっている

スケルトンのフタ

衣類が入れ替わって洗濯されている様子は、スケルトンのフタから見ることができる

キレイに仕上げるための工夫が満載

ここからは、満足度の高い仕上がりにするためのこだわりを紹介。「スラッシュ」にも搭載されているものも多いが、役立つ機能や機構なのでチェックしておこう。

ゴミの付着を減らす糸くずフィルター
糸くずフィルターの捕集率によって、衣類に付着するゴミの量も変わる。「ツインウォッシュ」は横方向の水流の動きにあわせてスイングする機構を採用することで、取り残しを低減。「スラッシュ」にも同様の糸くずフィルターが配置されているが、「ツインウォッシュ」のほうが水流などの具合で捕集性能が高いという。

フィルターの開口部が流れる水をキャッチするように向くので、糸くずを逃がさず捕集。循環水に含まれるゴミは、写真右の部分からも集じんできるようになっている

近年の縦型に装備されることが多い固定式の糸くずフィルター搭載機と「ツインウォッシュ」で、ティッシュと一緒に洗濯したTシャツの仕上がりを比較してみた。右側が、「ツインウォッシュ」のスイング式糸くずフィルターの効果。若干の付着はあるものの、少し払えばそのまま着られそうだ

脱水の仕上りを選び分け
脱水時の回転数を変えることで、衣類の絞り具合が選べる。天気の悪い時や厚手の衣類を早く乾かしたい場合は「しっかり」(約850回転/分)、シワをつけたくないデリケートな衣類には「やわらか」(約850回転/分)というように使い分けできて便利。

手洗いするような大切な衣類も、「やわらか」なら型くずれ・布傷みを抑えて脱水できる

手洗いするような大切な衣類も、「やわらか」なら型くずれ・布傷みを抑えて脱水できる

自動お掃除機能
洗い・すすぎ時の洗濯槽と外槽の間にある水と、脱水時の遠心力により洗濯槽裏側に付着する洗剤カスを洗い流す“お掃除機能”を搭載。洗濯槽の黒カビ抑制に役立つ。キレイな洗浄のためには、槽の清潔さも大切だ。

洗濯槽内にある緑色のパーツ(パルセーター含む)には、抗菌加工が施されている

洗濯槽内にある緑色のパーツ(パルセーター含む)には、抗菌加工が施されている

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る