ニュース
さらに水をかき上げるようになった人気の縦型洗濯乾燥機「新 ビートウォッシュ」

水量が増えてすすぎ能力さらにアップ! 新しくなった日立の「ビートウォッシュ」をチェックしてきた!

「洗剤の洗い残しが気になる」というユーザーに人気なのが、日立の「ナイアガラすすぎ」搭載洗濯機。6月18日に発売される縦型洗濯乾燥機の新モデル「ビートウォッシュ BW-DX110A」(以下、BW-DX110A)は、この「すすぎ」能力がさらに強化。また、脱水機能が強化されたほか、新しく「デリケート洗い」コースも追加された。ここでは、新機能を中心に説明会で見てきたビートウォッシュ新モデルの紹介をする。

新モデルの縦型洗濯乾燥機の最上位機種「ビートウォッシュ BW-DX110A」。後半では実演結果も紹介!

新モデルの縦型洗濯乾燥機の最上位機種「ビートウォッシュ BW-DX110A」。後半では実演結果も紹介!

今回紹介するフラッグシップモデルBW-DX110Aのほか、スリムタイプや乾燥機機能非搭載のモデルなど、全8モデルが発売される

優秀な「すすぎ」機能がもっとパワフルに

衣類の汚れは目に見えるため、汚れ残しがあっても「洗いなおす」選択肢がある。しかし、「洗剤の洗い残し」は目に見えないことが多いため、子供や肌の弱い人にとっては常に洗い残しの不安があった。このような声に対応したのが、日立洗濯機最大の特徴ともいえる「ナイアガラすすぎ」だ。

これは、約1,000回転/分の高速回転による遠心力で、衣類についた水分と洗剤を絞りだす機能。さらに、大量の水を勢いよく循環させ、洗濯槽上部から滝のように水を叩き付ける「大流量ナイアガラシャワー」により、繊維の奥に沈んだ洗剤まで落とす。とにかく「すすぎ残し」をなくすために開発された人気の機能だ。

高回転による遠心力や、降り注ぐ大量の水ですすぎ残しを低減する「ナイアガラすすぎ」

高回転による遠心力や、降り注ぐ大量の水ですすぎ残しを低減する「ナイアガラすすぎ」

BW-DX110Aは、新形状のパルセーター「ビートウィングX」の採用で、従来機種よりも大量の水を「かきあげる」ことに成功。このため従来よりも多くの水を一度に排出できるようになった。また、かきあげられた水は、一度洗濯槽上部にある「バランスリング」にぶつかることで、水が拡散されて幅広い範囲に水を降り注げる。

洗濯槽底部に設置される新形状のパルセーター「ビートウィングX」。羽根裏にある大きなヒダで、洗濯槽底の水を一気に洗濯槽上部まで掻き上げ、大量の水を滝のように降り注ぐ

大量の水が、広い範囲で一気に洗濯槽に降り注ぐ「大流量ナイアガラシャワー」。この水の勢いで繊維奥の洗剤まで落とすという

以下は、ナイアガラすすぎの状態を横から観察したもの。かなり激しい水流で洗濯物をすすいでいるのが確認できる。

会場では、一般的な方法ですすいだ洗濯物の水と、ナイアガラすすぎですすいだ洗濯物の水をブラックライトで照らす実験も行われた。使用した洗剤には蛍光剤が使われているため、洗剤残りがあれば青白く光るようになっている。実験の結果、標準方法ですすいだ水は青白く光り、BW-DX110Aで洗濯した水は反応がなかった。

蛍光剤の光り方で、洗剤残りを確認する実験の結果。左から「すすぎ前」「標準コース(従来機種)」「ナイアガラすすぎ」「水」にブラックライトを当てたもの

気になる洗濯性能ももちろん強力

大流量になった「大流量ナイアガラシャワー」は、もちろん洗濯時にも活用。勢いよく水を流すことで、洗いムラが抑えられる。また、頑固な汚れには「温水ナイアガラビート洗浄」が洗濯可能。これは、高濃度洗剤液を浸透させた衣類に30〜40℃の温水を吹き付ける「温水ミスト」機能を使ったコース。酵素系洗剤が活性しやすい温度帯にすることで、落ちにくい皮脂汚れや黄ばみ汚れも落ちやすくなる。

新開発のパルセーターは、小刻みに衣類を動かす「ビートライン」と衣類を全体的に動かす「ビートスロープ」、そして洗濯板のような効果がある「ビートボール」により、効率的に押し、たたき、もみ洗いができる

枕の「黄ばみ汚れ」は、皮脂などが混じったもの。このような頑固な汚れも、温水ミストコースで落とせるという

一般的に「落ちにくい」と言われる汚れを選択した例。口紅などの一部の汚れは残っているが、標準コースでは落ち切らなかった汚れも温水ミストコースだとかなりキレイになっている

衣類をあたためてシワを伸ばす「温風ほぐし脱水」

すすぎ機能の強化以外に、BW-DX110Aの新機能で目を惹いたのが「温風ほぐし脱水」だ。一般的な縦型洗濯機は、脱水後の洗濯物が相互に絡まり、取り出しにくいという欠点があった。このため、一部のメーカーは脱水後に洗濯物を「ほぐす」機能を搭載している。日立のビートウォッシュシリーズも従来から「ほぐし脱水」があったが、新モデルはさらに「ほぐし」中に5〜7分ほど衣類を温める「温風ほぐし脱水」機能を搭載した。

温風ほぐし機能の最大のメリットは、衣類のシワが自然に伸びること。このため、衣類を干すときにパンパンとシワを伸ばす手間が必要なくなる。また、冬期に洗濯物を干す場合も、冷たい洗濯物で手が冷える辛さを低減できる。

脱水後にフタを開けると、洗濯物同士が絡まっていないのが目視できる。細長いタオルなどの洗濯物も、片手でするりと取り出せた

温風ほぐし脱水と、通常のほぐし脱水したTシャツを床に置いてみた。温風ほぐし脱水(写真左)は、ほとんどシワがない

会場では温風ほぐし脱水したYシャツ(写真左)と、ほぐし脱水したYシャツ(写真右)を、そのまま干したものも展示された。温風を当てていないYシャツは、脇の下や袖に大きなシワができているのが確認できる

このほか、新機能として搭載されたのが「デリケート」コース。これまで、オシャレ着洗いのコースは「ドライ」コースのみだったが、デリケートコースは洗濯表示が「弱洗い」となっている衣類に対応する。ドライコースよりもしっかりと洗いたい、レースのついたキャミソールなどの洗濯に力を発揮しそうだ。

洗濯後に洗濯槽を洗う「自動おそうじ」といった便利な機能も健在。ビートウォッシュシリーズは、洗濯槽に貯めた水ではなく、水道の清潔な水で直接洗濯槽を洗うのが特徴だ

幅約43cmと洗濯槽の投入口が広く、大物洗濯ものの出し入れがしやすいのも特徴。また、槽が浅いため、腰を大きくかがめなくても洗濯物を取り出せる

【関連リンク】
《2018年》おすすめのドラム式洗濯乾燥機、縦型洗濯機7選! 本当の狙い目はこれ

倉本 春

倉本 春

パソコン雑誌編集者からドッグカフェオーナーという、異色の経歴を経た家電ライター。家電を活用することで、いかに家事の手を抜くかに日々頭を悩ませている。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る