直径25cm! 隅まで掃除しやすいコンパクト設計

小さいはスゴイ!? 狭い家でもスイスイ走るロボット掃除機「minimaru」を試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

家事全般に時間をかけたくない筆者は、普段からロボット掃除機を使用している。そして、毎回驚くのは最近のロボット掃除機の性能の高さだ。カーペット掃除に関しては、ズボラな筆者が掃除機をかけるよりキレイになることも多い。ちなみに、我が家で使用しているのは4年前に購入したiRobotの「ルンバ」。少し古い製品ではあるが、性能に関してはいまだに満足している。とはいえ、最近非常に気になっているのが日立のロボットクリーナー「minimaru(ミニマル) RV-DX1」(以下、RV-DX1)だ。

日立「minimaru(ミニマル) RV-DX1」

日立「minimaru(ミニマル) RV-DX1」

とにかく小さい!

ルンバの掃除性能に満足している筆者が、RV-DX1を気にする理由。それはズバリ本体のコンパクトさだ。一般的なロボット掃除機は、大きさがだいたい直径35cm前後ある。しかし、RV-DX1はなんと直径25cm! 平均的なロボット掃除機より10cmも本体サイズが小さいのだ。ちなみに、コンパクトなロボット掃除機といえば、ダイソンの「360 Eye」もRV-DX1と似た大きさなのだが、こちらは直径が小さい分、本体の高さが12cmと高め。このため、我が家ではソファやベッドの下に入らないという問題があった。しかし、RV-DX1は一般的なロボット掃除機の高さと同じ9.2cmをキープしたまま、直径25cmというコンパクトさを実現している。

本体サイズは、直径250×高さ92mm、重量は約2.3kg。充電時(写真下)でも奥行は30cm程度と小さい。約3時間で充電でき、最長約60分の稼働が可能。最近のロボット掃除機はシンプルでシャープなデザインが多いが、コロンとしていて「家電」感のあるデザイン

シンプルなリモコンも搭載。「自動」「念入り」「スポット」などのモード変更のほか、掃除機をリモコンカーのように動かすことも可能だ

最近発売された各社のロボット掃除機と比較(真ん中がminimaru)。一般的なロボット掃除機は直径35cm前後が多いため、かなり大きさに違いがあるのがわかる

日立の製品紹介ページをチェックすると、RV-DX1はこのコンパクトさで狭い家具の間もスイスイと掃除するという。たしかに、本体が小さければ障害物の間も動き回れそうだ。とはいえ、筆者が個人的にこの小ささで気に入っているのは、そのような掃除性能よりも「未使用時の圧迫感のなさ」だ。ロボット掃除機は基本的に「頻繁に掃除したい場所」に出しっぱなしにする製品。このため、特に狭い日本の住宅事情においては、設置時の圧迫感の少なさは非常に重要だ。

ちょっと狭くはなるが、廊下にもギリギリ設置できるサイズ。家が狭く、モノが多くなりがちな日本の家では、このコンパクトさはうれしい

気になる掃除性能は?

とはいえ、ロボット掃除機なので、掃除性能が低いのは論外。RV-DX1は「清掃性」を高めるためのさまざまな機能も搭載している。ちょっと変わっているのが、サイドブラシのほかに2種類の集じんブラシを搭載していること。一般的な回転ブラシのほか、カーペットに付着したホコリなどをかきとる「かきとりブラシ」も搭載。フローリングでもカーペットでも床材を選ばずにゴミを吸い取る。

ロールブラシとともに、ホコリをかきとる赤い「かきとりブラシ」を搭載。またサイドブラシはちょっと長め。ブラシが長いので部屋の隅のゴミも取り込みやすい。ただし、ブラシが消耗するのも早そうに感じる

また、稼動時には掃除残しがないように動くのも特徴。最初に部屋の外周をぐるりとなぞり、その後部屋を埋めるようにランダムに走行する。このとき「minimaru AI」と呼ばれる独自の走行ソフトウェアにより、効率的に走行ルートを決めているという。椅子の脚などの障害物を見つけると障害物のまわりをグルリと1周したり、部屋の隅では首ふり動作をしてゴミをかきだすなど、家具まわりのゴミも残さないような動きが確認できた。

一般的なリビングの椅子の間は、だいたい30cm前後のものが多い。直径25cmのRV-DX1ならこれらの椅子の間にも入れる。また、高さも抑えられているのでソファ下の掃除にも強い

minimaru AI搭載による独特の動きで掃除残しが少ない。椅子の脚など、障害物のまわりをグルリと回って掃除する

白いカーペットに砂、茶色のカーペットに重曹の粉を巻いて掃除をしたところ。砂はかなり取れているが、粉はカーペットの毛にからみついてしまっている。とはいえ、両方ともかなり掃除はできた

犬の毛、砂、重曹を混ぜたゴミをすりこんだカーペット。かなりギュウギュウと毛をこすりつけたが、かきとりブラシのおかげか毛はほぼ掃除できている。ただし、白い重曹粉の汚れが残りやすい

重曹を巻いたフローリングは、ほぼ完ぺきに掃除できている。溝に溜まっていたゴミもまったく残っていない

重曹を巻いたフローリングは、ほぼ完ぺきに掃除できている。溝に溜まっていたゴミもまったく残っていない

小さい本体を生かして、部屋の隅にも入り込む。少し掃除残しもあるが、ロボット掃除機としてはそれなりに優秀な結果だ

唯一気になるのは掃除時間

ところでこのRV-DX1、本体サイズが小さいためブラシの幅は13.5cmしかない(実測値)。なので、広い範囲を掃除するには部屋を何度も行き来する必要がある。しかも、RV-DX1は「正面に壁があると方向転換して別方向に進む」というランダム走行タイプ。このため、部屋の「地図」を作って効率よく掃除をするナビゲーションタイプより掃除時間が長くかかる。

今回はローテーブルのある6畳間で掃除をさせてみたが、RV-DX1の掃除にかかった時間は平均50分ほど。筆者は仕事上いろいろなロボット掃除機を使用しているが、最近使用したランダムタイプの高機能ロボット掃除機のなかでも長い掃除時間だ。

しかも、RV-DX1の最大運転時間は自動モード時で約60分。ためしに14畳のリビングを掃除させたところ、なんとか最後まで掃除してくれた。しかし、リビングのドアを開けて、続き部屋の6畳間、さらに廊下や玄関まで掃除させたところ、途中で力尽きてしまった。広い場所を掃除する場合は、エリアを区切る必要がありそうだ。もちろん、充電がなくなると自動的に充電ステーションに戻るのだが、充電には3時間かかるため「1日で家じゅうを掃除させたい」という人は注意が必要だ。

面倒なゴミ捨てがラクになった

ところで、一般的なロボット掃除機で意外に面倒なのが「ゴミ捨て」。多くのロボット掃除機は、本体サイズを小さくするためにゴミボックスの大きさも小さめになっている。このため1回の掃除ごとに、ゴミを捨てる必要がある製品が多い。ところが、RV-DX1は掃除のあとにゴミボックス内に風圧をかけてゴミを圧縮する「ごみプレス」機能を搭載するため、集じん容積は0.25Lと決して大きくはないものの、なんと約2週間分のゴミを溜めることができるという。犬がいる我が家では1週間でパンパンになってしまうが、掃除ごとにゴミ捨てをしなくていいのはかなりラクだった。

本体上部のハンドルを引き上げ、ボックスのフタを開いてゴミを落とす。慣れれば操作はすべて片手でできる

本体上部のハンドルを引き上げ、ボックスのフタを開いてゴミを落とす。慣れれば操作はすべて片手でできる

ごみプレスでゴミを圧縮してくれているため、ホコリや毛などのゴミはひとまとまりになっている。ホコリが舞いにくいのも便利。ちなみに写真で3日分のゴミだ

ちなみに、多くの高機能ロボット掃除機はゴミボックスが本体内部に隠されている。しかし、RV-DX1はあえて本体上部からゴミの量が確認できるデザインだ。このため「あ、そろそろ捨てないとダメだな」、と目視で確認できる点も非常に気に入った。

また、RV-DX1はごみプレスと同時に、ブラシを逆回転して、ブラシに付いたホコリなどをクリーニングする「ブラシ自動おそうじ」機能も搭載する。

本体上から、どれくらいゴミが溜まっているかチェックできるのはminimaruだけ

本体上から、どれくらいゴミが溜まっているかチェックできるのはminimaruだけ

回転ブラシやかきとりブラシはもちろん取り外し可能。髪の毛が巻き付いてもササっと取り外せる

回転ブラシやかきとりブラシはもちろん取り外し可能。髪の毛が巻き付いてもササっと取り外せる

まとめ

日本メーカーのロボット掃除機は、デザインが三角形だったり、充電ステーションにゴミを溜める機能を搭載するなど、各社非常に特徴的。そのなかで、今回日立が打ち出したのが「小ささ」だ。考えてみれば、狭い住宅の多い日本において「小ささ」は非常に強力な武器。コンパクトなので、廊下などの狭い場所にでも比較的設置しやすい。いままで「置くスペースがないから」とロボット掃除機をあきらめていた人も、チャレンジしやすい大きさだ。

また、後発機種ということもあり、ごみプレスやブラシ自動おそうじ機能など「ちょっと便利」な機能が多いのも個人的気に入ったところ。コンパクトさや使いやすさなど、非常にバランスのよい製品だと感じた。

倉本 春

倉本 春

パソコン雑誌編集者からドッグカフェオーナーという、異色の経歴を経た家電ライター。家電を活用することで、いかに家事の手を抜くかに日々頭を悩ませている。

製品 価格.com最安価格 備考
minimaru RV-DX1(N) [シャンパンゴールド] 62,480 幅25×高さ9.2cmのコンパクトなロボット掃除機
minimaru RV-DX1(K) [ブラック] 61,644 幅25×高さ9.2cmのコンパクトなロボット掃除機
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.2.20 更新
ページトップへ戻る