打った感じは普通のシャトル

日が沈んでも遊べちゃう! LEDで光るバドミントン用シャトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

暗くなってもバドミントンで遊べる

子供の頃から外で体を動かして遊ぶのが大好きだった筆者。今でも時間があれば、小学生の子供と一緒に屋外遊びをして楽しんでいます。とはいえ、筆者の暮らす都心では空き地やボール遊びが許可されている公園は少ないのが現実。しかしそんな中でもお手軽に楽しめるスポーツがバドミントンです。筆者の子供は少年野球もやっているので、バドミントンだけでなく、野球のバットでシャトル打ちをするなど、工夫次第でいろいろと楽しめます。

しかし、これからの季節、夏とは違い、日没時間が早まり、外遊びするにもすぐに日が暮れてしまいます。そんな中で見つけたのがこちらのアイテム。LEDライトを光らせながら遊ぶことができるバドミントンのシャトルです。

見た目は普通のシャトルと同じですが、内側に仕掛けが…

見た目は普通のシャトルと同じですが、内側に仕掛けが…

羽根の内側にスイッチとライトを装備

ネットで検索すると、同様の商品が複数存在しますが、筆者が購入したのは「RIXOW バドミントンシャトル」。4個セットになっていて、LED点灯時のカラーが、赤、緑、青、ミックスカラーとそれぞれ異なります。LEDのスイッチは内側にあり、ボタンを押すと点灯します。LEDと電池の重量があるものの、通常のシャトルと同じように違和感なく打つことが可能。水鳥の羽根を使っているようで、割と本格的なシャトルです。

シャトルの羽根の内側にスイッチとLEDライトを装備

シャトルの羽根の内側にスイッチとLEDライトを装備

スイッチを押すごとにLEDのオン・オフが切り替わります

スイッチを押すごとにLEDのオン・オフが切り替わります

それぞれ赤、緑、青と、各色が順番に光るミックスカラーの4種類のシャトルがセットになっています

それぞれ赤、緑、青と、各色が順番に光るミックスカラーの4種類のシャトルがセットになっています

適度な重量感でラケットに当たるとしっかり跳ね返って勢いよく飛びます

適度な重量感でラケットに当たるとしっかり跳ね返って勢いよく飛びます

“使い切り”と考えてもOK

LEDの点灯時間や電池の持ち時間は不明です。LED部分を外すと電池を交換できるようですが、方法がすぐにはわからないので、点灯しなくなった段階で試してみようと思います。とはいえ、手頃なお値段なので、使い切りと考えても惜しくはありません。もちろん、光らせることはできなくても通常のシャトルとして使い続けることは可能です。

そんなわけで、これを使えば夜間暗くなったときにもバドミントンで遊べます。ほのかな光を放ちながら空中を行き来するシャトルは幻想的で眺めているのもちょっとした癒やしになります。人数の関係でバドミントンの様子は撮ることができませんでしたが、暗闇の中で光るシャトルが飛ぶイメージを動画でお届けして終わりたいと思います。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.12.10 更新
ページトップへ戻る