ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

売れてるG400に”新顔”登場!「G400MAX」はほかの3つとココが違う

こんにちは、オグさんです。今回は2018年春登場の「G400MAX(マックス)ドライバー」を中心に、ピンの新型モデルを打ってみたいと思います。

G400ドライバーは当初”3タイプ”が登場し、それぞれの違いをこちらで詳しく解説しました。「飛ぶと話題の「G400ドライバー」を"4つのシャフト"で徹底試打」

・方向性がよく、適度な安定性を持つスタンダードの「G400」
・ボールのつかまりを高めた「G400SFT」
・反対につかまりを抑えて、低スピンで強い球を打ちやすくした「G400LST」

ここで紹介した3タイプに続いて登場したのが、このG400MAXドライバーなのです。

3月登場の新作! G400 MAXドライバー

G400シリーズに新たに追加された4番目のヘッド。それがG400MAXです

G400シリーズに新たに追加された4番目のヘッド。それがG400MAXです

先行して販売されているG400シリーズとは違い、黒いソールにメッキ仕上げになった社名ロゴのデザイン(従来の3種はグレーのソールに黒の社名ロゴ)を採用し、ヒール側にはモデル名が記載されています

投影面積が大きく、プレッシャーを感じにくい形状。こういった大きなヘッドを持つドライバーにありがちなフックフェースではないので違和感なくアドレスに入ることができます

今回新たにドライバーのラインアップに追加されたG400MAX(以後MAXと表記)は、ひと言でいえば、最も安定して飛距離が出せる(ミスに強い)モデルです。先行して発売されたG400の3つのモデル―方向性がよく、適度な安定性を持つスタンダードのG400、ボールのつかまりを高めたG400SFT、反対につかまりを抑えて、低スピンで強い球を打ちやすくしたG400LST―とはまた違う方向性のヘッドです。ヘッドサイズも先行の3種は445ccですが、MAXはルール上限値の460ccを採用し、フェース面上のミスに強いエリアをできるだけ広くしています。構えてみてもMAXはほかのヘッドに比べて投影面積が大きく、とても安心感がありますね。

G400の中で最も”安定して飛ばせる”モデル

今回試打したクラブには、MAXと同時に追加になったALTA DISTANZA(アルタ ディスタンザ)というシャフトが装着されていました。このシャフトは、硬さを1種類しか設定しないいわゆるワンフレックスになっていてピンの標準で選べるシャフトの中では一番軽い40gの設定、同シャフト装着モデルは標準で一番長い46インチ設定になっています。何も意識せずにパッとアドレスしてみると、最初は長くなっていることに気付きませんでした。これは投影面積が広くなったヘッドの効果でしょう。何気なく打ってみるとロフト以上にボールが上がります。狙った目標のほんの少し右に飛び出し、やや強めのドローボールで想像していた着弾地点より遠くへ落ちました。

G400MAXと同時にラインアップに加わった新シャフト「ALTA DISTANZA」。ほかのシャフトと異なり、重さと硬さの決まった1種類のみの展開

40gのシャフトですが、軽量シャフトにありがちな頼りなさはなく、しなりは大きめですがそのぶん力強くしなりもどりシャープに振り抜きやすい仕上がりです

本来、ヘッドを大きくするとヘッドのターンが穏やかになり、右への飛び出しや、スライスといったミスが増えやすくなるのですが、このMAXは、右に飛び出しやすさを軽減しつつ、打点のミスへの強さを高めている印象で、少々芯を外しても打ち出し方向が安定しつつ、高さが出て安定した飛距離が期待できるヘッドです。そしてこのALTA DISTANZAというシャフトとMAXはとても好相性。しなり量は大きめでありながら頼りなさはなく、しっかりとした振り味でヘッドをビュン! と走らせてくれます。長めなクラブにありがちなミート率の低下をヘッドのミスの強さがしっかりとフォローし、シャフトとしてつかまり性能を適度に持っているので、飛距離をロスしがちなスライスに悩むアベレージゴルファーがすごく飛ばせる可能性を秘めていますね。ある程度つかまえられる技術を持っている人やパワーヒッターでも、ミスを極力減らしたい、平均飛距離を伸ばしたいと考えるゴルファーにも、シャフトさえ合わせれば、十分に満足できる結果をもたらしてくれるでしょう。

「どんなボールを打ちたいか?」という観点からヘッドを選ぶべきだと私は考えているのですが、シリーズ全体としてミスに強く直進性の高い性能を持ち、4種類の異なる特性を持ったヘッドを用意することで、ゴルファーの細かいニーズに合わせて選ぶことができるピンのラインアップは素直にすばらしいと思いますね。さすがフィッティング前提で買ってもらうと考えるメーカーのクラブです!

G400MAXとALTA DISTANZAの組み合わせで打ったインパクト。ヘッドの上がりやすい特性と鋭いしなり戻りで、高い打ち出し角とつかまったボールが打ちやすかったです

G400 フェアウェイウッド

G400のFW。ロフトがほかのメーカーと比べてやや少ない設定ですが、決してボールが上がりにくいことはありません。弾道調整機能でロフトを最大プラスマイナス1度ずつ変更することができます

前回のG400シリーズのコラムはドライバーだけでしたので、今回はほかのジャンルのクラブも試打させてもらいました。G400のフェアウェイウッド(以下FW)は前回のFW比較試打のコラムでも試打しましたが、ドライバーの基本性能同様、直進性の高いモデルに仕上がっています。FWにも、適度なつかまりを持たせたスタンダードタイプと、よりつかまり性能を高めたSFテックの2種類を用意し、細かいニーズに応えられるようになっているのはさすがですね。

直進性の高いFW

3Wは直進性が高く、強い弾道が打ちやすい仕上がり。5Wは同じく直進性が高く、高弾道で適度なスピンが入り、グリーンを直接狙いやすい弾道が打ちやすくなっています。直進性が高いので打ち出し方向だけ管理すれば安定した結果が得られやすいFWといえます。

直進性の高い弾道が打ちやすいので、打ち出し方向だけをしっかり管理しておけば、安定した結果を得やすいFWです

G400 クロスオーバー

アイアンタイプのユーティリティーであるG400クロスオーバー。一見するとアイアンですが…

アイアンタイプのユーティリティーであるG400クロスオーバー。一見するとアイアンですが…

通常のアイアンよりボディが肉厚に作られていて、ソールも幅広です

通常のアイアンよりボディが肉厚に作られていて、ソールも幅広です

構えるとアイアンとほぼ同じ形状をしています

構えるとアイアンとほぼ同じ形状をしています

トウ側から見ると、アイアンと比べてヘッドの奥行きがあることが分かりますね

トウ側から見ると、アイアンと比べてヘッドの奥行きがあることがわかりますね

高さが出るアイアン型UT

さてお次はG400クロスオーバー。ユーティリティー(以下UT)というクラブは「FWとアイアンの隙間を埋めるクラブ」として生まれたジャンル。そのUTにはウッド型とアイアン型、2種類のヘッドタイプが存在します。このクロスオーバーは後者のアイアン型に位置付けられます。ウッド型とアイアン型の違いは、簡単にいってしまえばどちらのクラブに似ているかということ。ウッド型はウッドを小さくしたような形をしていますし、アイアン型は、大きめなアイアンといった形状をしています。性能も形状と同じようにそれぞれの似ている形状に寄っていて、ウッドとアイアンの中間に位置しながらも好みや得意なジャンルのクラブにより近いほうを選ぶことができるのです。

肝心の本モデルですが、前記の通りアイアン型UTです。アイアン型UTの特徴は、アイアンと同じようなフィーリングで打てて、アイアンよりも高さが出るということ。アイアンが得意な方にはとてもやさしく感じるクラブなのですが、反対にアイアンがあまり得意ではない方には難しく感じてしまいますが、そういった方はウッド型UTを使えばいいわけです。ピンはこのウッド型も同じG400シリーズでラインアップしているので、好みに応じて選ぶことができます。

前置きが長くてすみません…さて打ってみました! 通常のアイアン型UTよりもやや高さが出る印象で、ヘッドスピードがあまり速くないゴルファーでも十分使いこなせるでしょう。つかまりがいいのも好印象ですね。左のミスが嫌いな方は、ライ角を調整すればつかまり具合を変えることができます。アイアン型UTは、総じてウッド型より短く設計されているのでミート率を高めやすく、方向性のよいものが多いですが、このG400クロスオーバーはそこに高さの出しやすさが加わり、かなりやさしいモデルといえるでしょう。

アイアン型UTに分類される本モデルは、FWはもちろんウッド型UTよりも短めに設計されているので、ミートしやすく振りやすいのが特徴。それでいてアイアンよりは重心が深いのでボールが上がりやすくなっています

G700アイアン

G400MAXドライバーと同時発表のG700アイアン。飛距離を追求しつつ、スピン性能もある程度考え、グリーンをちゃんと狙えるアイアンとして設計されているモデルです

強めのグースネック設計で、いかにもボールがつかまりそうなやさしい印象を与えてくれる形状

強めのグースネック設計で、いかにもボールがつかまりそうなやさしい印象を与えてくれる形状

アイアンとしてはかなり広めのソールと中空構造を採用。トウ側から見ると、アイアン型UTであるG400クロスオーバーに似ています。フェースにはマレージング鋼という素材を使い、高弾道で高初速そしてミスに強い三拍子揃ったアイアンです

グリーンにまっすぐ打ちたい人へ!

最後はG400MAXと同じタイミングで追加となったG700アイアンです。G400シリーズにはG400アイアンがあり、直進性が高くミスに強いと評判ですが、このG700アイアンは、そこにさらなるミスへの強さと飛距離をプラスした印象ですね。誤解を恐れずに言ってしまえば、G400クロスオーバーをそのままショートアイアンまで作った、みたいなクラブです。少々芯を外しても高さが出て飛距離のロスが少ないですし、直進性がとても高い。基本つかまりがいいのでスライスにお悩みの方でも飛距離は出しやすいですし、ライ角が調整でき(購入時もしくは購入後にオーダーする)、つかまり具合を変更できるので左のミスを抑えたいゴルファーでも使えます。

左がG700アイアンで右がG400クロスオーバーです。さすがにUTのクロスオーバーのほうがソール幅がありますが、この2本はとても近似的な性能を持っています。どちらかを試打してハマった方は、もう一方も試してもらいたいですね

直進性が非常に高いぶん、操作はほとんど受け付けてくれないので、グリーンに向かってま〜っすぐ打っていく猪突猛進なゴルファーにおすすめのクラブです。ちなみにクロスオーバーのアイアン版という表現をしただけあって、クロスオーバーとの相性は抜群!G700がいい結果を生むようでしたらぜひともG400クロスオーバーと組み合わせてもらいたいですね。

ミスヒットに強いG700アイアン。少々芯を外してもちゃんとボールが上がってくれるので、飛距離ロスが少ないのがいいですね。特にフェース下部のミスに強い印象があります

今回のまとめ

ピンというメーカーのいいところは、フィッティングを前提にクラブを作っているだけあって、ゴルファーの細かいニーズに対応できるクラブラインアップになっているところです。フィッティングしたゴルファーのスイングや要望に合わせて、ドライバーで4タイプ、FWで2タイプ、UTで2タイプ、アイアンで4タイプのモデルからきめ細かに対応してくれます。もし自分にどんなクラブが合っているのか悩んでいる人は、一度ピンのフィッティングを受けてみてはどうでしょうか。自分の悩みや将来どういった弾道を打ちたいのか? 今楽にプレーしたいのか、将来的に上達したいのか、などをフィッターに相談しながらフィッティングをすれば、その要望に合わせた最適なクラブを提案してくれます。自分にあったクラブを使うとゴルフが本当に変わりますよ〜!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る