いいモノ調査隊
電子マネーの残高がわかる!

歩数も残高も一目瞭然?意外と便利なマネービューアー付き歩数計

みなさんは何か定期的に運動をしていますか? 筆者は自宅にこもっての作業が多いので意識して外を出歩くようにしているのですが、運動不足はなかなか解消されません。そこで、なんとかウォーキングのモチベーションをあげようと歩数計を購入してみました。社会人時代も使っていたことがあり、毎日の歩数をチェックするのが結構楽しかった記憶があります。最近は多機能な歩数計も多く、歩数のほかに心拍数や消費カロリーなどさまざまな情報がわかるものが多いそうですが、筆者はちょっと珍しい情報がわかる「TWTC501」という型番の歩数計を購入してみました。

 TWTC501

カラーリングはピンクとホワイト、ブラックの3色

この歩数計を選んだ理由は、小型で使いやすそうなデザインと、歩数計としては歩数を計るだけに特化したシンプルな機能(時間は表示できます)、そして電子マネービューアー機能の搭載があります。SuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系ICカードはもちろん、nanacoやWAONなどの流通系ICカードにも対応しており、カードの残額をすぐにチェックできます。これらのカードはとても便利なのですが、そのままでは残高が表示されないのが不便なところ。残高不足で改札を通れず、思わずチャージに走る…なんてことはよくあります。「TWTC501 電子マネービューアー付き歩数計」があればそんなわずらわしさからも解放されます。

横×縦×厚さは、それぞれ73×31×10.6mmとコンパクト。表示画面はそれほど大きくありませんが、文字が太いので老眼の筆者でも問題なし

横×縦×厚さは、それぞれ73×31×10.6mmとコンパクト。表示画面はそれほど大きくありませんが、文字が太いので老眼の筆者でも問題なし

スイッチは、本体上部にある“読取”“切替”“メモリー”の3つだけ

スイッチは、本体上部にある“読取”“切替”“メモリー”の3つだけ

電子マネーカードの上に本体を乗せて、“読取”ボタンを押せば残高が即座に表示されます

電子マネーカードの上に本体を乗せて、“読取”ボタンを押せば残高が即座に表示されます

切替られる画面は、歩数計・時計・残高の3種類のみで、歩数計としての特別な機能は14日分のメモリーだけ。歩数計でありながら、電子マネーカードの残高がチェックできるという希少性を併せ持つ不思議な機械。手放せなくなりそうです!

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る