レビュー
オリジナルロゴ入りラベルも、QRコード入りラベルも簡単

スマホで操作するラベルライター「ピータッチ キューブ」で、事務所と自宅がすっきりおしゃれに!

ラベルライターは、使いやすいことはもちろん、「おしゃれさ」も重要なポイントではないだろうか? フォントやデザインがおしゃれなら見栄えがいいし、ラベル作り自体も楽しめる。単にラベルが作成できればそれでOKというわけではないのだ。そこで活用したいのが、ブラザー「ピータッチ キューブ」。スマートフォンのアプリで簡単に、しかもかなりおしゃれなラベルが作れる人気のラベルライターだ。最新モデル「PT-P710BT」は、QRコード入りのラベルや、オリジナルロゴ入りラベルの作成もできるようになってさらに便利になったということなので、さっそく事務所と自宅で使ってみることにした。

液晶画面もキーボードもない、コンパクト&スタイリッシュなデザイン

「ピータッチ キューブ」には液晶画面も文字入力用のキーボードもなく、ラベル作成はすべて専用アプリ「P-touch Design&Print」(iOS/Android両対応)をダウンロードしたスマートフォンから行う。その分本体はコンパクトで、スクエアフォルムはいい意味で事務用品然としておらず、「見せる収納」もできそうなデザインだ。机の上に置いておいても違和感がない。

本体サイズは128(幅)×128(高さ)×67(奥行)mmで、重量は約640g(内蔵バッテリーを含む)。印字速度は20mm/秒

裏面のフタを開けて、専用の「TZeテープカセット」をセットする。印字可能なテープ幅は、3.5、6、9、12、18、24mm。幅が広め(24mm)のテープにも対応するので、視認性の高いラベルが作れるだけでなく、デザインの幅も広がる

フタを閉めても、小窓からテープの種類を確認することができる

フタを閉めても、小窓からテープの種類を確認することができる

リチウムイオンバッテリーを内蔵しているので、乾電池は不要。付属のmicroUSBケーブルで充電する

リチウムイオンバッテリーを内蔵しているので、乾電池は不要。付属のmicroUSBケーブルで充電する

ボタンは電源ボタンのみ。スッキリとしたデザインを損なわないよう、かなりさりげなく配置されているので、初めのうちは「ボタンどこだっけ?」と電源ボタンを探すことも

ホワイトテープ/黒文字、ブラックテープ/白文字、透明テープ/黒文字などベーシックなものから、ゴールド、ピンク、イエローなどカラフルなもの、さらに、布テープやラッピングに使えるリボンまで、70種類を超える多彩なテープカセットが用意されている

ラベルライターのメインの用途は整理整頓。それだけにラベルライター自体が場所を取ってしまうようではちょっと残念だが、コンパクトな「ピータッチ キューブ」なら大丈夫。テープとまとめてスッキリ保管しておける

ラベル作りは、おしゃれなテンプレートを選ぶだけ!

ラベル作成は驚くほど簡単だ。前述の通り、文字入力やデザイン作成はおもに専用アプリ上で行えるので、一般的なラベルライターのように小さな液晶画面とにらめっこする必要もなければ、小さなキーボードで四苦八苦しながら文字を打ち込む必要もない。テープカセットをセットした本体とペアリングするだけで、あっという間に準備完了だ。なお、専用ソフトをダウンロードすれば、パソコンでの操作も可能。パソコンの場合、選べるテンプレートの数は少なくなるが、その分デザインの自由度は高くなるという。

アプリのトップページには、「整理収納」「書類整理」「ネーミング」「ギフト・ラッピング」「ショップラベル」「シェアラベル」の6つのカテゴリーが並んでおり、それぞれのカテゴリーに合わせたラベルの活用法と、ラベルのテンプレートが用意されている。もちろん、白紙のテープを自分でデザインするオリジナルラベルの作成も可能なほか、新機能の「シェアラベル」では、QRコードを作成してラベルに印刷することもできる。たとえば、QRコードに家電製品の取扱説明書のページを紐づけておけば、いつでも誰でも簡単にそのページにアクセスできるというわけだ。

カテゴリーと活用法を選ぶと、テンプレートが表示される。このまま印刷してもよいし、テンプレートを元にアレンジを加えてもよい

さまざまな種類のフォントやフレームデザインが用意されており、しかもそのセンスがいい。正直に言って筆者はデザインにはあまり、いや、まったく自信がないが、これなら誰でもおしゃれなラベルが作れそうだ

絵文字も豊富。笑顔マークから各種小物のアイコンまで用意されており、使い勝手がよい

絵文字も豊富。笑顔マークから各種小物のアイコンまで用意されており、使い勝手がよい

編集が完了したら「印刷」をタップ。設定したデザインとセットされているテープが異なる場合にはアラートで通知してくれるので、テープをムダにしなくて済む

ジジジ、ジジジと印字されている音がして、まもなくラベルが出てくる。テープは自動でカットされるので、いちいちレバーなどを押してカットする必要はない

じゃん! 想像以上に簡単で、どんどん印刷してみたくなる

じゃん! 想像以上に簡単で、どんどん印刷してみたくなる

デザインは保存しておくことができ、保存データの追加編集も可能。ラベルの編集は本体とペアリングしていない状態でも行えるので、通勤中などのすき間時間にラベルを作っておき、後からまとめて印刷するといった使い方もできる

事務所と自宅でラベル作りに挑戦!

〜事務所編〜

操作方法を習得したところで、さっそく「ピータッチ キューブ」で整理整頓してみることに。検証の舞台は筆者の仕事場。備品や書類が無秩序に散乱する雑然とした事務所だが、「ピータッチ キューブ」で「何がどこにあるのか」がわかるようになるのか。そして、いささか味気ない事務所が「おしゃれな仕事場」に変わるのか?

保存容器

お茶の葉やコーヒーなどを入れる容器が空になっていることが多いのだが、以前、中身を逆に入れてしまったがためにコーヒーのニオイがお茶の葉に移ってしまい、お客さんに出せなくなってしまうことがあった。そこで、「COFFEE」「TEA」のラベルをペタリ。これでもう、“コーヒーフレーバーのお茶”をお客さんに振る舞う心配はない。

容器の雰囲気に合わせて、ゴールドテープ/白文字をチョイス。ラベルを1枚貼るだけでちょっとおしゃれに見えるから不思議だ

ファイルボックス

こっちかな? あれ、そっちかな? と書類のありかがわからなくなりがちなファイルボックスも、ラベルを貼っておけば一目瞭然。

縦書きのラベルを貼るとファイルボックスの高さが強調され、より整然とした雰囲気になった

縦書きのラベルを貼るとファイルボックスの高さが強調され、より整然とした雰囲気になった

ファイル

膨大な数になるファイルも、タイトル+詳細情報のラベルの2枚張りでわかりやすく整理できた。

どの書類が入っているかがひと目でわかり、仕事をスムーズに進められるのがうれしい

どの書類が入っているかがひと目でわかり、仕事をスムーズに進められるのがうれしい

ポケットファイル

インデックス付きのポケットファイルにペタリ。タブにラベルを貼ってしまう場所を決めておけば、日々増えていく書類もスムーズに整理できるようになる。

テープの背景色は、ポケットファイルに溶け込むように透明をチョイス。重要なポケットだけ色を変えておくとよりわかりやすい

コップ

整理整頓だけでなく、ネーミング用途でもラベルは重宝する。「コーヒー淹れてくれる?」という時に社員が迷わずに済むよう、マイカップにネーミングラベルを貼ってみた。

名前がわかりやすく、かつ目立ちすぎないようにグレーテープ/白文字をチョイス

名前がわかりやすく、かつ目立ちすぎないようにグレーテープ/白文字をチョイス

ガジェット類

デスクまわりの整理にも。データをバックアップするHDDや充電器などにラベルを貼っておけば、社員同士で共有しやすくなる。

グレーテープ/白文字は幅広いアイテムとマッチするし、シックな印象を演出できるので使い勝手がいい

グレーテープ/白文字は幅広いアイテムとマッチするし、シックな印象を演出できるので使い勝手がいい

文房具

ついつい散らかってしまう文房具は、収納ボックスの底に絵文字のラベルを貼って「定位置」を決めておく。こうしておけば、使った後に戻す場所がわかるし、万が一なくなった場合にも、何がないのかがひと目でわかる。

定位置が決まっていると、自然と元に戻したくなるのが人間の心理!?

定位置が決まっていると、自然と元に戻したくなるのが人間の心理!?

ラッピング

サラリと感謝の気持ちが伝えられるサンクスギフト。飾り気のない市販のお菓子でも、メッセージを入れたリボンを使えば“思い”の伝わる素敵なギフトに。

お客さんへのミニプレゼントをラッピングするときなど、リボンテープは特に店舗での活用機会が多そうだ

お客さんへのミニプレゼントをラッピングするときなど、リボンテープは特に店舗での活用機会が多そうだ

オリジナルラベル

会社のロゴデータを使って、オリジナルラベルを作ってみることにした。追加したいオブジェクトが選べるので、ここではスマートフォンに保存してあるロゴデータを選択。あとは必要に応じて文字や絵文字、フレームを添えれば完成だ。

文字、絵文字、ロゴの配置や大きさなどを簡単に調節できるので、「オリジナル」と言ってもハードルは高くない

会社のロゴが入っただけで、何の変哲もないファイルにもちょっと愛着が湧くのが面白い

会社のロゴが入っただけで、何の変哲もないファイルにもちょっと愛着が湧くのが面白い

卓上の収納棚に貼るラベルにも会社のロゴを加え、オリジナル感を演出してみた

卓上の収納棚に貼るラベルにも会社のロゴを加え、オリジナル感を演出してみた

無機質な白い封筒もご覧の通り、ロゴ入りのオリジナル封筒に

無機質な白い封筒もご覧の通り、ロゴ入りのオリジナル封筒に

QRコード入りのラベル

難しそう、というイメージがあったQRコードの作成だが、試してみると拍子抜けするほど簡単。ものの1〜2分でQRコード入りのラベルが作れた。

テンプレートに表示されたQRコードにタップするだけで、「画像」「動画」「URL」のいずれかを紐付けることができる。ちなみに、シェアラベルと紐付ける画像や動画などのデータは、あらかじめ、クラウドストレージサービス「Dropbox」に保存しておく必要がある

「使いこなせない」と社員からの不満が漏れ聞こえていた電子レンジに、取扱説明書の画像を紐付けたQRコードを貼ってみた。機能の使い方はもちろん、エラーメッセージの説明を参照する時にも重宝しそうだ

文房具入れにもシェアラベル。消耗品であるボールペンの替え芯、セロハンテープ、消しゴムなどの販売サイトにリンクを貼っておけば、スマートフォンをサッとかざすだけで迷わず追加注文することができる

〜自宅編〜

検証の舞台を自宅に移してみよう。ここでは妻に協力を依頼したが、豊富に用意されたフォントやデザインの豊富さを見るなり、「これ、かなりオシャレじゃん」と好反応。すき間時間を使ってラベル作りを楽しんでいるのだろう、近ごろは帰宅するたびにラベルが増えており、「また作っちゃった」とニンマリ。多分近いうちに、家中がラベルだらけになっていることだろう。

詰め替えボトル

シャンプーやボディソープを透明のボトルに詰め替え、ラベルを貼ってみた。

すっきりしていて、これはかなりおしゃれかも。中身の残量がわかりやすいのも便利だ

すっきりしていて、これはかなりおしゃれかも。中身の残量がわかりやすいのも便利だ

調味料容器

調味料容器にはラベルが欠かせない。キッチン引き出しの中や冷蔵庫内で調味料の種類がひと目でわかり、調理時の調味料選択がスムーズに。

ブラックの背景色に白文字が映える。見やすさだけでなく、容器との相性にもこだわりたい

ブラックの背景色に白文字が映える。見やすさだけでなく、容器との相性にもこだわりたい

保存容器

冷蔵庫を開けると、ここにも妻の“作品”が。常備菜の保存容器にラベルを貼って、中身がひと目でわかるように工夫したようだ。

保存している食品の名前はもちろん、保存日を貼っておくのもよさそうだ

保存している食品の名前はもちろん、保存日を貼っておくのもよさそうだ

色鉛筆

子どもが使うものには名前を書いておくのが基本。ネーミングラベルを使えばかわいく名前を入れられて、手間もかからない。

子どもに喜んでもらえるよう、テープはスヌーピー柄を選んだ

子どもに喜んでもらえるよう、テープはスヌーピー柄を選んだ

弁当箱

子ども用の弁当箱はキャラクターものになりがちだが、あえて無地の弁当箱を選び、そこにラベルでさりげなくデコレーションしてみた。

ラミネートされたテープを選べば、水洗いしても問題なし。すぐに剥がれてしまったり、汚れが付いてしまったりといった心配はない

シェアラベル

子どもが描いた「お父さんの似顔絵」の裏にシェアラベルを貼ってみた。QRコードに紐付けたのは、夢中になって絵を描く姿を収めた動画。似顔絵に加えそのメイキング動画も一緒に楽しめるとあって、妻にもかなり好評だった。

子どもの「作品」に動画を紐付けておけば、思い出をより手軽かつ楽しく振り返れる

子どもの「作品」に動画を紐付けておけば、思い出をより手軽かつ楽しく振り返れる

「作業」ではなく「楽しさ」を感じさせてくれるラベルライター

これまで何度かラベルライターを使う機会はあったが、どちらかというとそれは「作業」に近く、「楽しさ」を感じるようなものではなかった。しかし今回「ピータッチ キューブ」を使って感じたのは、作る楽しさ、そして貼る面白さ。すき間時間を利用してササッとデザインを作れるうえに、いざ印刷して貼ってみると、これが思っていた以上におしゃれでうれしいのだ。

センスに自信がなくても、テンプレートをそっくりそのまま真似すれば問題なし。また新機能の「シェアラベル」も使い勝手がよく、小さなテープに大きな情報を載せられるのが便利だった。印字する文字に概要を記し、QRコードにその詳細や関連情報を紐付ける。そんな目からウロコの新しいラベル活用術が実践できるところも、本機の大きな魅力のひとつと言えるだろう。

「どこかにラベルを貼れるところがないかな?」と探している自分にふと気づき、ひとり苦笑いしてしまうほどラベル作りにハマっている今日この頃。身のまわりのものを整理整頓したい人にも、空間をおしゃれに彩りたい人にも、ぜひ「ピータッチ キューブ」を使ってみてほしい。

毛利真大

毛利真大

編プロでの広告制作、雑誌編集を経てフリーライター/エディターに。家電をはじめ、自動車、ファッション、ビジネス関連など幅広い分野で活動。86年、秋田県出身。「大曲の花火」とグミをこよなく愛する。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る