レビュー
楽しくて、作り始めると止まらない!?

“スマホ専用”ラベルライター ブラザー「ピータッチ キューブ」が便利!

ラベルライターというと、小さな液晶とにらめっこしながら、これまた小さなボタンで操作するものというイメージだ。本体のデザインは「ザ・事務用品」というものも多いので、見えないところに収納したまま使わなくなってしまうこともあるだろう。しかし、ブラザーからこの秋発売された「ピータッチ キューブ PT-P300BT」(以下、ピータッチ キューブ)は、そんな従来のイメージを覆す“スマホ専用”のラベルライターだ。その使い勝手をチェックした。

本体はシンプルでコンパクト

本体を見てわかるとおり、「ピータッチ キューブ」には、文字入力をするキーボードや、入力内容を確認できる液晶ディスプレイが搭載されていない。すっきりとしたデザインは部屋に出しておいても違和感がなく、インテリアにも溶け込みそうだ。

キーボードやディスプレイの代わりとなるのは、専用アプリ「P-touch Design&Print」(iOS/Android両対応)をダウンロードしたスマートフォン。アプリで編集したデータをBluetoothで本体に送信して印刷するので、機械の操作が得意ではないという人でも、使い慣れたスマホで気軽に使用できるのが特徴だ。

本体サイズは115(幅)×115(高さ)×61(奥行)mmで、重量は約380g(電池含まず)。印字速度は20mm/秒となる

テープ窓を裏側に配置することで、すっきりとした見た目になっている。凹凸が少ないので、ホコリがたまりにくそうなのも◎

使用には単4型アルカリ乾電池が6本必要。コードレスのため、場所を選ばずに使用できる。なお、ACアダプター(別売)に接続して使用することも可能

印刷にはブラザー「TZeテープカセット」を使用。印字可能なテープ幅は、3.5、6、9、12mmで、布テープや、ラッピングなどに使えるリボンも用意されている。製品にはお試し用のテープカセットが付属

テンプレートを使用すれば、センスのよいラベルが簡単にできる

ラベルを作る際の準備は、専用アプリを起動し、テープカセットをセットした本体とペアリングするだけだ。アプリでは、「整理収納」「書類整理」「ネーミング(名前付け)」「ギフトラッピング」の4つに分けて、「ピータッチ キューブ」の利用シーンを提案しており、それぞれに合わせたラベルの活用法と、ラベルのテンプレートが用意されている。もちろん、白紙のテープに自分でデザインするオリジナルラベルの作成も可能だ。

まずは、テンプレートを元にラベル作りをしてみた。テンプレートを使用してラベルを作る場合は、「カテゴリー」と「活用法」を選択し、表示されたテンプレートを元にラベルを作成(編集)。あとは「印刷」ボタンをタップするだけだ。

ペアリングが完了すると、本体のLEDが緑色に点灯。10分ほど(筆者計測)操作をしないでいると、電源がオフになる

「カテゴリーを選ぶ」→「活用法を選ぶ」で、テンプレートが表示される。このまま印刷してもよいし、自分で手を加えることもできる。なお、活用法とテンプレートは、今後も増えて行く予定だという

編集画面では、テープの種類や長さ(25〜499mm)、フォント、枠などを選択するだけでOK。フォントは99種類、枠のデザインは63種類ある(2016年10月末現在。筆者カウント)。

テンプレートを選んだら、用意されたフォントやデザインから好みのものを選択するだけで雰囲気が変わる。アプリでの画像加工などに慣れている人なら、直感的に使えるだろう

編集が終了したら、「印刷」をタップする。印刷設定したデザインとセットされているテープが異なる場合はアラートが出るので、テープがムダになる心配もない

ラベルが出てきたら、テープカッターレバーを軽く押して切り離す

ラベルが出てきたら、テープカッターレバーを軽く押して切り離す

できあがり!

できあがり!

デザインも印刷も、すごく簡単だ。実際に使用してみていいなと思ったのは、スマートフォンの大きな画面でデザインを確認できること。印刷してみたらなんかイメージが違う! ということがほぼないので、テープのロスを抑えられる。なお、ラベルの編集は本体とペアリングしていない状態でも行うことができ、作ったラベルのデザインは保存しておけるので、時間がある時にまとめてラベルを作り、家に帰って印刷するといった使い方もできる。

ラベルを貼るアイテムにスマホの画面を近づけることで、ラベルを貼った時の印象をチェックできる

ラベルを貼るアイテムにスマホの画面を近づけることで、ラベルを貼った時の印象をチェックできる

デザイン編集はスマホだけでできるので、通勤中などのすきま時間をラベル作成に当てることもできる。筆者のように、暇さえあればスマホをいじってしまうという人にはぴったりだ

デザインは保存しておくことができ、保存データを追加編集することも可能

デザインは保存しておくことができ、保存データを追加編集することも可能

簡単で楽しくて、作り出したら止まらない

操作が簡単にマスターできたので、「ピータッチ キューブ」でいろいろなラベルを作って、身のまわりの物に貼ってみた。慣れてくると、テンプレートからではなく、白紙の状態からオリジナルラベルを作るのも楽しくなってくる。

浴室

アプリのテンプレートを元に作ったラベルを使用して、浴室を一新。シャンプーなどを透明な容器に詰め替え、ラベルを貼ってみた。

生活感満載の浴室も……

生活感満載の浴室も……

すっきり統一感がでて素敵! おしゃれな人の家みたい(笑)。中身の残量がわかりやすいのも便利だ

すっきり統一感がでて素敵! おしゃれな人の家みたい(笑)。中身の残量がわかりやすいのも便利だ

ゴミ箱

筆者宅では、キッチンのごみ箱に、可燃物と不燃物で同じものを使用しているため、よく逆のほうを開けてしまっていた。ラベルを貼ればもう間違えない!

貼る位置にセンスがないのか? おしゃれな感じにはならなかったが、キッチンの奥に置いているゴミ箱なので、問題ない

梅酒

保存食品にもラベルは必需品。初夏に漬けた梅酒に、いまさらラベルを貼ってみた。

いつ作ったものか意外と忘れてしまいがちな常備菜などにも、日付を明記しておくと安心

いつ作ったものか意外と忘れてしまいがちな常備菜などにも、日付を明記しておくと安心

ちなみに、絵文字もかわいくて種類が多い。あれもいいしこれもかわいい……と選んでいると、気が付かない間にけっこうな時間が経ってしまっているので注意したい。

笑顔マークから、「アルミ」「プラ」のアイコンまであるので、使い勝手がよい

笑顔マークから、「アルミ」「プラ」のアイコンまであるので、使い勝手がよい

ノート

ノートの表紙の文字は、きれいに書けないと出鼻をくじかれたような気分になるが、ラベルなら失敗の心配なし。

テープはノートのデザインに合わせた色を選ぶとかわいい

テープはノートのデザインに合わせた色を選ぶとかわいい

ネーミング用のラベルも作ってみた。大人になってまで持ち物に名前を付けるか!? と思ったものの、テンプレートのデザインを参考に作ってみると、大人でも違和感なく付けられるラベルができた。

誰のものかわからなくなりがちなビニール傘も、ラベルを貼っておけば間違えて持っていかれることはないだろう

ペン

いつもうっかり置きっぱなしにして紛失してしまうペンも、ラベルを貼れば戻ってくる可能性が高くなる。

ネームラベルを付けるだけで、いつもより大切に扱いたくなるのが不思議

ネームラベルを付けるだけで、いつもより大切に扱いたくなるのが不思議

メッセージシール

封筒に貼るシールの代わりに、メッセージ入りのラベルを作っても◎。

筆者は友人と小銭のやり取りをすることが多いのだが、小銭をポチ袋に入れて口をメッセージラベルで留めて渡したところ、なかなか好評だった

まとめ

正直なところ、これまでラベルライターを欲しいと思ったことも必要だと思ったこともなかったのだが、そんな筆者でも、「ピータッチ キューブ」をとても楽しく活用している。むしろ最近は、「どこかほかにラベルが必要なところはないか!?」とキョロキョロ。このままだと部屋がラベルだらけになってしまいそうなので、注意しなければと思っているほどだ。

筆者の場合、「ピータッチ キューブ」をここまで活用できたのは、すきま時間を有効に使えたからだと思う。仕事から帰って、棚にしまっていたラベルライターを出してまで作るか? と聞かれると、答えは「ノー」だ。しかし、通勤時間や友人との待ち合わせ前など、普段なんとなくスマホをいじっている時間をラベル編集に当てることができるのがよかった。しかも「ピータッチ キューブ」の場合は、棚の奥にしまいこまず、部屋に出しておいてもいいなと思えるデザインなので、帰宅後にすぐに印刷作業ができたのも一因といえる。

また、使い方やデザインに迷った時に、活用法とテンプレートをそのまま参考にできるのも大きい。インターネットで「ラベルライター 活用法 おしゃれ」と検索すると、キュレーションサイトなどから情報は得られるが、実際に使用できるフォントや素材は機種によって違うので、イメージどおりに作ることはけっこう難しい。「ピータッチ キューブ」なら、活用例をそっくりそのまま真似することもできるので、筆者のようにセンスに自信がなくても簡単に作れてしまう。すてきなラベルライターの使用法を見て憧れるものの、「こういうのってセンスがないとね〜」とあきらめていた人にも、ぜひ使ってほしい。

アプリからは、プロ監修の暮らしに役立つコラムや「ピータッチ キューブ」の活用法を読むこともできるので、「次はこんなラベルを作りたい!」という創作意欲もわいてくる

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
電子文具のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る