ニュース
上位3モデルはBluetooth機能も搭載

パナソニック「プライベート・ビエラ」2021年モデル発表。上位モデルは家電やLINEとつながる!

パナソニックのプライベート・ビエラ2021年モデル

パナソニックのプライベート・ビエラ2021年モデル

リビングや寝室、キッチンやお風呂など場所を問わず家じゅうどこでもテレビを楽しめるパナソニックのプライベート・ビエラに、2021年モデルが追加された。

今回発表されたのは、ブルーレイレコーダー機能や防水性能を備えた最上位モデルの15V型「UN-15LD11-K」など全5モデル。いずれも11月19日発売だ。各モデルの概要と市場想定価格は以下の通り。

【プライベート・ビエラ2021年モデルラインアップ】

UN-15LD11-K
防水対応15V型モニター(チルトスタンド・引っ掛け対応)+チューナーボックス(2チューナー/長方形タイプ)+充電台
機能:BD・DVD再生対応、500GB内蔵HDD録画対応、動画配信サービス対応、どこでもディーガアプリ対応
市場想定価格:93,000円前後

UN-15L11-K
防水対応15V型モニター(チルトスタンド・引っ掛け対応)+チューナーボックス(1チューナー/小型タイプ)+充電台
機能:外付けHDD録画対応、動画配信サービス対応、どこでもディーガアプリ対応
市場想定価格:73,000円前後

UN-10L11-K
防水対応10V型モニター(チルトスタンド・引っ掛け対応)+チューナーボックス(1チューナー/小型タイプ)+充電台
機能:外付けHDD録画対応、動画配信サービス対応、どこでもディーガアプリ対応
市場想定価格:58,000円前後

UN-10E11-W
防水対応10V型モニター(角度固定スタンド・S字フック引っ掛け対応)+チューナーボックス(1チューナー/小型タイプ)
機能:外付けHDD録画対応、どこでもディーガアプリ対応
市場想定価格:45,000円前後

UN-19F11-K
19V型モニター(バッテリー非搭載)+チューナーボックス(1チューナー/小型タイプ)
機能:外付けHDD録画対応、どこでもディーガアプリ対応
市場想定価格:47,000円前後

2021年モデルでは、チルトスタンドを備えた「UN-15LD11-K」「UN-15L11-K」「UN-10L11-K」の上位3モデルに、普段のくらしをより便利にしてくれる機能がいくつか追加されたのが大きな特徴だ。

まずひとつ目の便利機能が、独自の「音声プッシュ通知」サービスだ。同サービスでは、洗濯機と連携させて洗濯の終了タイミングを確認できたり、エアコンと連携させて部屋が高温になっていることを知らせてくれるなど、同社のクラウドを介してIoT家電の動作状況を音声でタイムリーにお知らせしてくれるという。

また、ユーザー側でリマインダー登録も可能となっており、「ゴミの日」や「薬の時間」などの忘れがちなことを音声で通知することもできるという。ちなみに、2022年春ごろからは、くらしに役立つ他社サービスとの連携も準備しているそうで、天気予報や宅配便の配送予定のお知らせなどもできるようになるそうだ。

同社のクラウドを介してIoT家電の動作状況を音声でタイムリーにお知らせしてくれる「音声プッシュ通知」サービス

同社のクラウドを介してIoT家電の動作状況を音声でタイムリーにお知らせしてくれる「音声プッシュ通知」サービス

連携したIoT家電からのプッシュ通知は画面と音声でお知らせしてくれる

連携したIoT家電からのプッシュ通知は画面と音声でお知らせしてくれる

ふたつ目の便利機能が、カレンダー機能へのLINE連携機能の追加だ。プライベート・ビエラでは、これまでも時刻や天気予報、家族のスケジュールなどを確認できるカレンダー機能などが提供されていたが、「UN-15LD11-K」「UN-15L11-K」「UN-10L11-K」の上位3モデルは、カレンダー機能にLINE連携機能が追加され、スマートフォンなどのLINEから自宅のプライベート・ビエラにメッセージを直接送れるようになった。

LINE連携機能のスマートフォン側のUI。伝言メモやカレンダーへのスケジュール追加などがスマートフォンから行える

LINE連携機能のスマートフォン側のUI。伝言メモやカレンダーへのスケジュール追加などがスマートフォンから行える

LINEから送ったメッセージは画面に表示される

LINEから送ったメッセージは画面に表示される

このほか、「UN-15LD11-K」「UN-15L11-K」「UN-10L11-K」の上位3モデルは、Bluetooth機能を新たに搭載し、ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスネックスピーカーと組み合わせて利用できるようになった。また、これまで最上位モデルのみ付属だった充電台が、「UN-15L11-K」「UN-10L11-K」にも付属。これに合わせて、従来モデルからスタンド部のデザインも若干変更されており、両サイドの飛び出しが少なくなり、よりスマートな印象に仕上がっている。

Bluetooth機能を新たに搭載し、ワイヤレスネックスピーカーなどを組み合わせて使うことができるようになった

Bluetooth機能を新たに搭載し、ワイヤレスネックスピーカーなどを組み合わせて使うことができるようになった

「UN-15L11-K」「UN-10L11-K」に専用の充電台が付属するようになったのもトピック

「UN-15L11-K」「UN-10L11-K」に専用の充電台が付属するようになったのもトピック

充電端子を本体下部に移動したことにともない、スタンド部分のデザインも変更。ハンドル部分の飛び出しが従来モデルよりも少なくなっている

充電端子を本体下部に移動したことにともない、スタンド部分のデザインも変更。ハンドル部分の飛び出しが従来モデルよりも少なくなっている

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る