新製品レポート
映画用フィルムの色と階調を再現した「ETERNA」新搭載

富士フイルム、最大5.5段分のボディ内手ブレ補正搭載の最上位機「X-H1」発表

富士フイルムは2018年2月15日、ミラーレス一眼カメラ「Xシリーズ」の新モデルとして、「X-H1」を3月1日に発売すると発表した。同シリーズでは初めてボディ内手ブレ補正を搭載したフラッグシップモデルだ。「フィルムシミュレーション」には、映画用フィルムの色と階調を再現した「ETERNA(エテルナ)」モードを新たに搭載するなど、動画撮影にも力を入れたモデルとなっている。価格はオープンで、市場想定価格は24万円前後(税別)の見込み。

新開発の高剛性・高耐久ボディに、5軸対応のボディ内手ブレ補正を搭載したX-H1。プロ写真家やハイアマチュア、映像作家などをターゲットにしたXシリーズのフラッグシップモデルだ

Xシリーズ初のボディ内手ブレ補正を搭載

XシリーズのAPS-Cミラーレスには、ハイブリッドビューファインダーを採用する「X-Pro」シリーズ、一眼レフスタイルの「X-T」シリーズ、電子ビューファインダー(EVF)を採用するレンジファインダースタイル「X-E」シリーズ、エントリー向けのシンプルな「X-A」シリーズの4ラインがあるが、今回発表されたX-H1は新しいラインとなり、同シリーズのフラッグシップモデルとなる。

多くの新機能が搭載されているが、一番の特徴はこれまでXシリーズで搭載してこなかったボディ内手ブレ補正を搭載したことだろう。5軸対応の手ブレ補正の効果は、「フジノンレンズ XF35mmF1.4 R」との組み合わせで5.5段分相当となる。それ以外の多くのレンズでも5段以上の手ブレ補正効果を発揮するという。同社によると、ドローンなどの外部機器との相性もよいという。

3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー、専用デュアルプロセッサーにより、5軸手ブレ補正を実現。平滑性±0.05ミクロン以内の鏡面加工ステンレス、直径±0.3%以内のセラミックボールなど、手ブレ補正機構は厳格な製造されている。アクチュエータも高トルクのものを採用。シャッター駆動時の振動を抑制するショックアブソーバー(スプリング)なども備える

新開発のボディは、フラッグシップモデルにふさわしい高剛性・高耐久を実現している。ボディのマグネシウム合金の厚みは、「X-T2」や「X-Pro2」に比べ25%アップ。マウント部の取り付け構造も改良しており、大口径レンズを装着した場合でも耐えられるタフな設計となっている。また、防塵・防滴・耐低温(−10度)仕様で、本格的なフィールド撮影にも利用できるという。

ボディサイズは139.8(幅)×97.3(高さ)×85.5〜39.5(奥行)mmで、重量は約673g(付属バッテリー、メモリーカード含む)。握りやすさを重視した大型グリップにより、高いホールド性を実現している。

大型グリップで高いホールド性を実現

大型グリップで高いホールド性を実現

天面には、中判ミラーレス一眼カメラ「GFX 50S」と同じ1.28インチのサブモニターを搭載しており、撮影情報を素早く確認できる

新しいアルゴリズムでAFが進化、フリッカー低減撮影機能も搭載

オートフォーカス(AF)は、画面中央の横50%、縦75%で像面位相差AFを利用できる91点(最大325点)システム。X-Pro2やX-T2と同等のシステムだが、最新のAFアルゴリズムを採用することで、低照度限界が0.5EVから-1EVへ約1.5段分拡張している。また、像面位相差AFが動作する最小絞りはF8からF11へ拡大しているので、たとえば「XF100−400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」に2倍のテレコンバーター「XF2X TC WR」を装着して使用する場合でも像面位相差によるAFが可能となった。動体追従性能や捕捉性能なども向上しており、スポーツ撮影や微細なテクスチャーを持つ被写体(野鳥など)も高速・高精度なAFを実現している。

このほか、インドアスポーツの撮影などに重宝する「フリッカー低減撮影機能」をXシリーズで初めて搭載。親指で操作できる「AF-ON」ボタンや、素早くフォーカスポイントを移動できる「フォーカスレバー」なども備える。

画質性能はX-Pro2やX-T2と同じ。有効約2430万画素の「X-Trans CMOS III」センサーと、画像処理エンジン「X-Processor Pro」を備えている。連写は電子シャッター設定時14コマ/秒、メカニカルシャッター設定時8コマ/秒(縦位置グリップ装着時は11コマ/秒)。

AF-ONやフォーカスレバーにより、快適なAF操作を実現している

AF-ONやフォーカスレバーにより、快適なAF操作を実現している

タッチパネル対応の3.0型チルト液晶モニター(約104万ドット)を搭載

タッチパネル対応の3.0型チルト液晶モニター(約104万ドット)を搭載。EVFは0.5型(約369万ドット)、アイポイントは約23mm

動画に適した「ETERNA」モードを新搭載

動画撮影機能も充実している。多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」には、同社の映画用フィルムの色と階調を再現したETERNAモードを新搭載。同社の得意な「記憶色」と違い、動画撮影に適した落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴のモードだ。映画用フィルムで培ったノウハウを生かした、映像に集中できる絵作りとなっている。

4K動画は、4096×2160/24Pの「DCI 4K」に対応するほか、200Mbpsの高ビットレート記録もサポート。ハイダイナミックレンジガンマカーブ「F-Log」のSDカードへの記録もできる。フルHDのハイスピード動画(120p・100p)にも対応しており、印象的なスローモーション動画を撮影できる。

映画用フィルムの色と階調を再現したETERNA。明暗差の許容範囲を拡げる「ダイナミックレンジ400%(約12段相当)」と併用することにより、完成度の高い映像の収録が可能となるという。動画だけでなく、静止画でも利用できる

青がProvia D100%、緑がETERNA D400%のトーンカーブ。やわらかな階調により、映像に集中できる落ち着いた絵作りとなっている

別売の縦位置グリップ「VPB-XH1」(市場想定価格は5万円前後)。2個のバッテリーを装填でき、カメラボディのバッテリーを含めて、最大約900枚(ノーマルモード)の撮影が可能。4K動画の記録時間を約15分から約30分に延長することもできる

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る