選び方・特集
集合住宅や屋外でも気軽に設置できるワイヤレスタイプなど

自分で設置できる!手軽な防犯カメラの選び方ガイド

自分で設置できるワイヤレスの防犯カメラが増加しています。ここでは、集合住宅でも設置できる工事負担の少ない防犯カメラを紹介します。

配線不要のワイヤレス、スマホで画面を確認できる防犯カメラが増加中

家庭の安全を守る防犯カメラは、高価なものになるとカメラだけでも10万円近くするうえに、NVY(ネットワークビデオレコーダー)などの録画装置などのシステムも必要になります。専門の取り付け業者に頼めば、かなりの出費になるでしょう。しかし、近頃は、スマートフォンやインターネットを活用することで、設置負担を抑えた安価な防犯カメラが増えています。

ワイヤレス&バッテリー駆動の防犯カメラなら設置は簡単

防犯カメラを設置するには、電源と配線が必要。屋外の設置では工事が必要になる場合もあるでしょう。また、集合住宅の場合、ベランダや廊下は共有スペースなので、勝手に配線などを行うこともできません。

しかし、最近は、カメラからの映像データをワイヤレスで伝送する製品があり、配線の必要がなくなってきています。もういっぽうの電源ですが、近ごろは交換式の大容量バッテリーを内蔵するものもあります。これなら、バッテリーの定期的な交換は必要になるものの屋外でも簡単に設置が可能です。もちろん、屋内であれば設置の難易度はかなり下がります。窓や玄関を望める場所に設置すれば、侵入者への威嚇(いかく)効果が望めるでしょう。

警察庁のデータによれば、侵入窃盗の侵入口は、戸建て住宅では約6割、3階以下の集合住宅でも5割強が窓からとなっている。この付近に防犯カメラを設置することで、威嚇効果が望める

ダミーカメラやステッカーを組み合わせて威嚇力アップ

侵入者を撃退するには、「この家は防犯カメラが動作している」ことを理解させる“威嚇”が重要です。威嚇のために、本物のカメラと組み合わせて、ダミーカメラや、防犯用のステッカーを目立つところに張っておくのも効果的です。

こうしたステッカーは100円均一ショップなどでも売られていますが、インターネット通販では、ホームセキュリティの大手サービスのステッカーが同梱された防犯グッズなども購入できます。

目立つところにステッカーを貼れば、侵入者への威嚇になる。セキュリティサービスのステッカーがセットになった防犯グッズもインターネット通販で購入可能

また、ダミーカメラを購入する際にもちょっとした注意が必要です。近ごろは安価なダミーカメラも多く販売されています。これらはいたずら対策程度なら役に立つかもしれませんが、プロの侵入者をだまし通せるかと言った点では疑問が残ります。ダミーカメラも割高にはなりますが本物と外見が同じものがベター。屋外に設置するなら屋外向けの形のもの、屋内であれば屋内向けの形のものを選ぶことが大切です。なお、ダミーカメラには、威嚇効果の向上を狙ったLEDの点滅機能を持ったものがありますが、本物の防犯カメラには点滅機能は付いてないことのほうが多いもの。これも、いたずら撃退なら十分でしょうが、プロの侵入者にはダミーであるとすぐに見破られてしまいます。

ドーム型の防犯カメラは、屋内や軒下など直接雨のかからない場所で使われる。配線を隠せるほか、レンズの方向がわかりにくい利点がある

配線なしのダミーカメラではニセモノだと見破られてしまう。ダミーであっても本物と同じように見せることが大切だ

以下に、比較的簡単に設置可能な防犯カメラ製品および防犯グッズを紹介します。

バッテリー搭載で完全ワイヤレスを実現する小型防犯カメラ
Arlo「Arlo Pro 2」

コンセントの電源に加えてバッテリー駆動にも対応する小型の防犯カメラ。記録した映像はWi-Fi経由でインターネット上のクラウドサーバーに保存します。ボディは、防水・防塵対応なので屋外の設置にも対応です。Wi-Fiの電波さえキャッチできれば設置の自由度は高いと言えます。なお、クラウドサーバーが無料なのに加えて、359円(月額・カメラ1台)〜など用途に合わせた様々なプランが用意されているほか、カメラ2台、3台、4台のセットが用意されています。

屋外設置も可能。赤外線カメラも搭載するワイヤレス防犯カメラ
マスプロ「WHC7M2」

カメラとモニターのセットモデル。カメラからモニターへのデータ転送はワイヤレスで行います。モニターにはバッテリーが内蔵されており持ち運びが可能ですが、カメラには外部電源が必要です。なお、カメラはIP66の防水・防塵のため屋外設置も行えるほか、赤外線撮影が可能なので、モノクロの夜間撮影も可能です。映像は、モニターに映し出すほか、microSDメモリーカードやオプションの外付けHDDに記録します。また、モニターとブロードバンドルーターを有線LANで接続すれば、インターネットを経由して出先のスマートフォンで映像を確認できます。増設用のカメラを使えば最大4台のカメラを利用できるので、個人用としては本格的な防犯カメラシステムが構築できます。

なお、ディスプレイのサイズが7インチの「WHC7M2」のほかに、10インチのディスプレイを組み合わせた「WHC10M2」の2種類がラインアップされています。

左右360°、上下90°の首振りが可能な屋内設置カメラ
パナソニック「KX-HDN205-K」

左右360°、上下90°という首振り機能を備えているのが特徴。本来は、子どもやペットの見守りを想定したもので、リアルタイムの映像を、手持ちのスマートフォンで再生するのがメイン。録画を行う場合、別売りの「おうちクラウドディーガ」が必要となります。設置の手軽さや上記の首振り機能を備えているので、防犯用として活用する人も少なくありません。

工事不要で設置できるドアカメラ
パナソニック「VS-HC400」

ドアの上部に引っかけるだけのドアカメラ。ドアを工事することなく設置できるので(ドアの形状によっては設置できない場合あり)、ドアホンにカメラのない集合住宅などで重宝するでしょう。セッティングも簡単。カメラとモニター親機の間はペアリング済みのワイヤレス接続なので、箱から出せばすぐに使い始められます。玄関の呼び出し音に連動して動作する「チャイムリンク機能」を備えており、映像をモニター親機に自動表示もできます。ドアカメラの電源には乾電池を使い約6か月利用の使用が可能なほか、モニター親機は充電式バッテリーを使用しており、持ち運ぶこともできます。

なお、本機にはホームユニットを同梱した「VS-HC400K」も用意されており、Wi-Fiを経由して出先のスマートフォンで映像を確認できます。

防水、防塵対応。最長で12か月待機可能な乾電駆動の防犯カメラ
サンワサプライ「CMS-SC01GY」

単3型の乾電池を電源に使う防犯カメラ。人感センサーを使い40°の範囲に人などを感知した場合に自動で撮影を開始します。最長で12か月の待機が可能なほか、赤外線フラッシュを使わなければ静止画は約39,000枚、動画なら約13時間、赤外線フラッシュを使った場合でも静止画なら20,000枚、動画なら2.5時間の撮影が可能です。映像は本体のmicroSDメモリーカードに記録し、映像確認用のディスプレイも備えているので、本機だけで電源もモニターもWi-Fiも不要で利用可能です。

ボディは、IP45等級の防水・防塵等級をクリアしており、屋外の設置ももちろん可能。赤外線フラッシュを備えており、夜間でもモノクロ撮影を行えます。

配線を隠せるドーム型ダミーカメラ
パナソニック「WV-SFND311」

防犯カメラやネットワークカメラの実績が豊富なパナソニック製のダミーカメラ。見た目はパナソニックのドーム型カメラと同じです。なお、ドーム型カメラは、配線を隠して設置できるので、ダミーカメラとしては適した形状と言われています。

本格的なアルミ製ボディを採用する屋外の設置に適したダミーカメラ
オーム電機「DM-11」

防犯カメラを製造しているオーム電機の作るダミーカメラ。外見は軒先設置型の「SC-70IR」と同じです。ボディ素材も本物と同じアルミ製で、屋外設置に適しています。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る