ニュース
進化が止まらない! 1インチコンデジ「RX100」の第7世代モデル登場

ソニー「RX100 VII」はポケットに入る「α9」。20コマ/秒の連写やブラックアウトフリー対応

ポケットに収まるコンパクトな“1インチコンデジ”の「サイバーショット RX100 VII(DSC-RX100M7)」。第7世代モデルはどう進化したのか?

ソニーは2019年7月26日、コンパクトデジタルカメラの新モデルとして、「サイバーショット RX100 VII(DSC-RX100M7)」(以下、RX100 VII)を8月30日に発売すると発表した。同社のフルサイズミラーレスの最上位機種「α9」と同じ、AF・AE追従で最高約20コマ/秒の高速連写やブラックアウトのない連続撮影に対応したのが特徴だ。市場想定価格は145,000円前後(税別)の見込み。

「α9」のスピード性能をポケットサイズで実現

RX100 VII は、コンパクトな“1インチコンデジ”として人気の「RX100」シリーズの最新モデル。2012年に発売された初代モデル「RX100」から数えて、7年目に発売される第7世代のモデルだ。ちなみに、7年前に発売されたRX100もまだまだ現役で、価格.comでも高い人気を維持している。

本体サイズは前モデルの「サイバーショット RX100 VI(DSC-RX100M6)」と同じ。ポケットに収まるコンパクトさは、初代RX100から変わらない特徴

RX100 VIIを一言で表すなら、「ポケッタブルα9」。同社のフルサイズミラーレスの最上位機種であるα9の驚異的なスピード性能をコンパクトなボディに詰め込んだのが特徴だ。具体的には、回路の最適化を図った新開発のメモリー一体型1.0型積層型CMOSセンサーと、α9や「α7R III」と同じ最新の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。これよりα9と同じように、AF・AE追従で最高約20コマ/秒の連写中でも60回/秒の高い頻度でAF・AE追従の演算処理を行うことで、動体を高い精度で追従することができる。また、α9の特徴のひとつである、ブラックアウトフリーの連続撮影も可能。

新機能として、「ワンショット連続撮影」を搭載。最大90コマ/秒で7枚の静止画を撮影できる機能で、通常の連写ではコマ落ちする可能性のある決定的な瞬間を撮影できるという。

ワンショット連続撮影は、Hi(90fps)/Mid(60fps)/Low(30fps)の3段階から設定可能。通常の連写である20fpsではコマ落ちする決定的な瞬間をとらえられる

電子シャッターを使用してシャッター音を出さずに撮影できるサイレント撮影機能、高速で動く被写体がゆがみにくいアンチディストーションシャッターは引き続き搭載される。

リアルタイム瞳AFは動物に対応

オートフォーカス(AF)システムは、前モデルの「RX100 VI」と同じ、位相差AF方式と高精度なコントラストAF方式を併用する「ファストハイブリッドAF」。RX100 VIと比べると、像面位相差AFセンサーが315点から357点に増え、AFカバー範囲が約65%から約68%に広がるなど、しっかりアップグレードされている。

また、AIを活用した「リアルタイムトラッキング」を搭載。物体認識アルゴリズムにより、色や模様、被写体距離からなる空間情報をリアルタイムに処理し、シャッターボタンを半押しすると画面内で動く被写体を自動追尾させることができる。

さらに、リアルタイム瞳AFでは、左目/右目の選択が可能となり、人物だけでなく動物にも対応した。このあたりもα9を含むαシリーズの機能を取り入れた点だ。

このほか、被写体をモニター上でタッチすることで、自動でフォーカスおよび追従するタッチトラッキング機能に対応。フォーカスエリア枠の色指定(ホワイトとレッド)、よく利用するフォーカスエリアの種類だけを表示するフォーカスエリアの限定表示など、細かな部分も改良されている。

リアルタイム瞳AFは左目/右目の選択が可能に。動物の瞳にも対応した

リアルタイム瞳AFは左目/右目の選択が可能に。動物の瞳にも対応した

フォーカスエリア枠色は、ホワイトとレッドの2色から選択可能

フォーカスエリア枠色は、ホワイトとレッドの2色から選択可能

レンズは、RX100 VIと同じZEISS Vario-Sonnar T* 24-200mm(35mm判換算)F2.8-4.5の高倍率ズームレンズ。24-70mmと70-200mmの24-200ズームレンズ2本分相当を小型ボディに詰め込んでいる。

レンズは35mm判換算24-200mm相当の高倍率ズーム

レンズは35mm判換算24-200mm相当の高倍率ズーム

3.0型のモニターは上下チルトが可能。上に約180°、下に約90°と可動域が広く、上方向に180°に反転させれば、楽に自撮りができる。ポップアップ式の内蔵EVFやフラッシュなどもRX100 VIから変わらずに、搭載されている。

ユーザーの要望に応えてマイク端子を搭載

RX100 VIIは映像表現にこだわるVloggerなどもターゲットとしている。

動画撮影機能では、新たに動画撮影時のリアルタイム瞳AF(人物のみ、動物は非対応)とリアルタイムトラッキングに対応。静止画と同様、動画でも瞳にピントが合った動画を撮影しやすくなった。

前モデルと同様、画素加算のない全画素読み出しによる4K(3840×2160)動画の本体内記録が可能。4K動画撮影時の手ぶれ補正に、強力なアクティブモードが選べるようになり、従来比最大約8倍の手ぶれ補正効果を発揮するという。

また、ユーザーから要望が多かったというマイク端子を新たに搭載。同社製の「ECM-XYST1」や他社製のマイクを使って、より音質にこだわった動画制作が可能となった。このほか、動画の縦位置情報記録に対応し、スマートフォンなどに転送したあとも縦のまま再生・編集ができるようになっている。

コンパクトなサイズはそのままにマイク端子を搭載

コンパクトなサイズはそのままにマイク端子を搭載

シューティンググリップ「VCT-SGR1」、マイク用ブラケット(非売品)、バッテリー2個(本体同梱分1個+1個)がセットになったシューティンググリップキットも販売する。コンパクトな機材で動画を撮影したい人向けのキットだ。 こちらも発売日は8月30日の予定で、市場想定価格は155,000円前後(税別)を見込む。

シューティンググリップキット

シューティンググリップキット

本体サイズはRX100 VIと同じ、約101.6(幅)×58.1(奥行)×42.8(高さ)mm。重量は1g増の約302g(バッテリー、メモリーカード含む)。バッテリー使用時間は液晶モニター使用時が約260枚、ファインダー使用時が約240枚。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る