交換レンズ図鑑
開放からすぐれた解像力を発揮。上質なボケ味にも注目

Zマウント初の中望遠レンズ「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」をスナップ撮影で試した!

ニコンのフルサイズミラーレス「Zシリーズ」用の「Zマウントレンズ」は、いずれも小型・軽量化と高い光学性能を両立しており、従来を超えるすぐれた描写力でユーザーから高い評価を得ている。今回取り上げる「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」は、Zマウントレンズとしては初となる中望遠・単焦点レンズ。2019年9月5日に発売になったばかりの新製品だ。スナップ撮影を通じて、この新レンズの描写力をチェックした。

フルサイズミラーレス「Z 6」にNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sを装着。今回は、主にこの組み合わせで試用した

フルサイズミラーレス「Z 6」にNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sを装着。今回は、主にこの組み合わせで試用した

35mm、50mmに続く3本目の開放F1.8レンズ。高い光学性能とマルチフォーカス方式を実現

NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは、Zマウントレンズの中でも高い光学性能を持ち、厳しい設計指針と品質基準を満たした高品位グレード「S-Line」に属する製品。焦点距離85mm、開放F1.8の中望遠・単焦点レンズで、Zマウントレンズの開放F1.8シリーズとしては、先に発売になった「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」に続く3本目となっている。

レンズ構成はEDレンズ2枚を含む8群12枚。S-Lineのレンズらしい高い光学性能によって、絞り開放から軸上色収差を抑え、色にじみが少なく高解像でクリアな描写を実現。サジタルコマフレアも効果的に抑制しており、画像の周辺でも部でも高い点像再現性を発揮するという。また、「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」や「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」と同様、AF駆動に、複数のフォーカスレンズ群を複数の駆動ユニットで高精度に制御するマルチフォーカス方式を採用したのも特徴。これにより、近距離から遠距離まで撮影距離を問わずにすぐれた結像性能が得られるようになった。

開放F1.8の中望遠レンズの魅力であるボケについては、アウトフォーカス部の描写にも妥協することなくボケのにじみを抑制することで、自然なボケ味を実現。絞り羽根は9枚の円形絞りだ。非球面レンズを使用していないこともあって、年輪ボケを抑えた美しい玉ボケにも期待できるレンズとなっている。

さらに、他のS-Lineレンズと同様、従来の多層膜コーティングよりも反射率を抑えた「ナノクリスタルコート」を採用。画角内に太陽などの強い光源が入るシーンでもゴーストやフレアを効果的に抑制し、解像感を保ったクリアーな画質を実現する。

サイズは約75mm(最大径)×99mm(長さ)で、重量は約470g。フィルター径は67mm。Fマウント用の「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G」と比べると最大径が5mm短く、25mmほど長い鏡筒になっている。最短撮影距離は0.8m(最大撮影倍率は約0.12倍)

鏡筒の左手側にAF/MFの切り替えスイッチを装備。シンプルな操作系だ

鏡筒の左手側にAF/MFの切り替えスイッチを装備。シンプルな操作系だ

付属のバヨネットフード「HB-91」を装着したイメージ

付属のバヨネットフード「HB-91」を装着したイメージ

実写作例

※以下に掲載する作例は、「Z 6」ならびに「Z 7」とNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sを組み合わせて撮影しています。最初に掲載する作例以外はすべてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。

暗い屋内にて背景の玉ボケを狙って撮影した1枚。開放F1.8での大きなボケが得られた。背景がうるさくなりそうな感じだが、ボケの部分の縁取りがほとんど見られず、比較的すっきりとまとまった
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F1.8、1/100秒、ISO100、WB:4300K、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、RAW(Capture NX-DでWBを4300Kに変更して現像)
撮影写真(4024×6048、11.0MB)

暗くて逆光気味のところで造花を撮影した1枚。ピント面はかなり薄いが、ピント位置ではシャープでキレのよい描写となった。背景ボケも滑らかで自然な印象を受ける
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F1.8、1/125秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(6048×4024、8.59MB)

窓からの光が反射する食器棚を最短撮影距離付近で撮影。絞りをF2.8にして取っ手にピントを合わせた。背景ボケの部分に色付きがまったく見られず、全体的にコントラストの高い描写となった
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F2.8、1/100秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(6048×4024、7.57MB)

前ボケを狙ってフレーミングした1枚。色収差がまったく見られず、ピント位置は細かいところまで解像している
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F1.8、1/80秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(4024×6048、9.33MB)

こちらも被写体を変えて前ボケをチェックした写真。ピント位置がシャープというだけでなく、ボケの色付きが徹底的に抑えられているのがすごい。画面全体でクリアな描写が得られている
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F2.8、1/30秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(4024×6048、9.93MB)

屋外にて開放F1.8で撮影。ボケが煩雑になりそうな背景だが、比較的すっきりとした感じにまとまった
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F1.8、1/3200秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(4024×6048、9.64MB)

絞りをF8まで絞って太陽の光が当たる水面を撮ってみた。光が反射する部分を見てほしいのだが、色収差がまったく見られず、小さな光芒が発生している。画像のどの部分を見てもシャープで、レンズの光学性能の高さを感じる1枚となった
Z 6、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F8、1/320秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(4024×6048、19.3MB)

背景のボケ具合をチェックするために、夜景(点光減)を開放で撮影した作例。手持ちで撮っているため感度はISO1800まで上がっているが、年輪ボケを抑えた玉ボケの質のよさは伝わるはずだ
Z 7、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F1.8、1/50秒、ISO1800、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、18.7MB)

こちらも背景ボケのチェック用に開放で撮影したもの。焦点距離85mmの絞りF1.8で撮っていることを考慮すると、口径食はよく抑えられているほうではないだろうか
Z 7、NIKKOR Z 85mm f/1.8 S、F1.8、1/50秒、ISO1400、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、22.0MB)

開放での解像力をFマウントレンズと比較

NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sの開放F1.8での解像力を、同じ焦点距離85mmのFマウントレンズ2本「AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G」「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G」と比較してみた。

以下の画像は、同じ被写体距離(1.1m程度)で同じ被写体を3本のレンズで撮影した写真から、ピント位置を等倍で切り出した画像になる。撮影はカメラボディにZ 6を使用し、絞り値をF1.8として露出値もそろえた。ピントは画面中央で合わせている。Fマウントレンズは「マウントアダプター FTZ」を使用してカメラボディに装着した。なお、今回はカメラの位置を変えずにレンズを交換しながら撮影したが、この被写体距離だとFマウントレンズと比べてNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは少し画角が狭くなるため、被写体がわずかに大きく写っている。描写傾向もそれぞれ異なっており、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gはほかの2本よりもシャドーから中間調が少し暗めの仕上がりとなった。

上の画像を見るとNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gよりもピント位置でシャープな描写になっていることがわかる。絞り値をF1.8でそろえたAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gと比べても細かいところのコントラストが高く、キレのよい描写になっている。

また、ピント面後方のアウトフォーカスのところを見てみると、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8GとAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gはグリーンの色付きが発生しているが、NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sはかなり抑えられている。以下に掲載する、ピント位置付近を切り出した画像(撮影写真を縦横1/2に縮小して切り出した画像)を見てほしい。アウトフォーカス部分の描写の違いが伝わりやすいと思う。

さらに、以下の画像(撮影写真を縦横1/2に縮小して切り出した画像)を見ると、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8GとAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gはピント面を前後する形で前方はマゼンタ、後方はグリーンの色付きが発生しているが、NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sはほとんど見られない。NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは軸上色収差がよく抑えられていることがわかるはずだ。

まとめ NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sに似た描写傾向。高い解像力と良好なボケ質を両立

NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sの描写傾向は、先に発売になったNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sによく似ている。絞り開放から色収差が徹底的に抑えられており、すぐれた解像力を発揮するうえ、輪郭の色付きを抑えた上質なボケ味にも好感が持てる。点光源で年輪ボケを抑えた玉ボケが得られるのも魅力だ。周辺光量もかなり抑えられており、画面全域で高画質が得られる、現代的な写りを実現したレンズとなっている。

さらに、操作性もよく考えられており、やや長めの鏡筒と幅の広いコントロールリングの組み合わせはとても扱いやすい。レンズフードを逆向きに装着している時でもフードと鏡筒の間にすき間があるので、コントロールリングを操作しやすいのもポイントだ。

NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sを試用した際もそう感じたのだが、NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは、従来の開放1.8の中望遠・単焦点レンズに対して持っていたイメージを変える、すぐれた描写力を持つレンズである。ポートレートに適した画角ではあるが、解像力とボケ質を高い次元で両立しているため、スナップや静物撮影などでも活用できる。Zシリーズのフルサイズミラーレスを所有するのなら、NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sとあわせて手に入れておいて損のない1本だ。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る