ニュース
すぐれた画質と上質な操作性で評判のフルサイズミラーレスがリニューアル

ニコン「Z 7II」「Z 6II」速攻実機レビュー! デュアルエンジン&ダブルスロット搭載で着実に進化

ニコンは2020年10月14日、フルサイズミラーレスの新モデル「Z 7II」「Z 6II」を発表した。2018年発売の同社フルサイズミラーレスの第1世代モデル「Z 7/Z 6」の後継機で、デュアルエンジンやダブルスロットを搭載し、さらに使いやすいカメラに進化を遂げている。ここでは実機の外観画像を交えながら、細かいところも含めて従来からの進化点・改善点をいち早くレポートしよう。

左がZ 7IIで、右がZ 6II。両モデルでボディは共通。サイズは134(幅)×100.5(高さ)×69.5(奥行)mmで、重量は約705g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディキャップを除く)。一見すると従来からデザインが変わっていないように見えるが、細かいところがブラッシュアップされている

左がZ 7IIで、右がZ 6II。両モデルでボディは共通。サイズは134(幅)×100.5(高さ)×69.5(奥行)mmで、重量は約705g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディキャップを除く)。一見すると従来からデザインが変わっていないように見えるが、細かいところがブラッシュアップされている

デュアルエンジン化で基本性能が向上。待望のダブルスロット&バッテリーグリップにも対応

まずは、Z 7II/ Z 6IIで共通する主要な進化点をまとめよう。Z 7IIは有効4575万画素、Z6 IIは有効2450万画素のフルサイズCMOSセンサーを従来モデルから継承しつつ、基本性能と使い勝手が強化されている。

「デュアルEXPEED 6」を搭載

Z 7II/Z 6IIのスペックでは、画像処理エンジン「EXPEED 6」を2基搭載する「デュアルEXPEED 6」を新たに採用したのが大きなトピック。意外かもしれないが、ニコンの一眼カメラとしては初のデュアルエンジン機だ。処理速度が速くなり、連写やAFなど基本的な性能が向上している。

CFexpress/SDのダブルスロットを採用

プロ/ハイアマチュアユーザーにとって待望となるダブルスロットを採用するのもZ 7II/Z 6IIの特徴だ。CFexpress(Type B)カードとSD(UHS-II対応)カードを使用できるダブルスロットで、CFexpressスロットはXQDカードの使用も可能。さらに、CFexpressスロットはPCI Express(PCIe)Gen3に対応しており、CFexpressカード使用時はZ 7/Z 6よりも高速な書き込みが可能だ。

CFexpress/SDカードのダブルスロットを採用

CFexpress/SDカードのダブルスロットを採用

縦位置バッテリーグリップに対応

Z 7II/Z 6IIはプロ/ハイアマチュアユーザーから要望の高かった縦位置バッテリーグリップにも対応。縦位置撮影対応の専用パワーバッテリーパック「MB-N11」が別売オプションとして用意される。MB-N11は、Z 7II/Z 6IIと同等の防塵・防滴性を持つほか、新設計のグリップ形状も採用。ホットスワップにも対応しており、撮影を止めることなくバッテリーを交換できる。

別売オプションとしてパワーバッテリーパックMB-N11が用意される

別売オプションとしてパワーバッテリーパックMB-N11が用意される

連写速度の向上

最高連写速度はZ 7IIがZ 7の約9コマ/秒から約10コマ/秒に、Z 6IIがZ 6の約12コマ/秒から約14コマ/秒に向上(※いずれもAF/AE追従。14bit RAW時はZ 7IIは約9コマ/秒、Z 6IIは約10コマ/秒)。Z 6IIの約14コマ/秒は製品発表点でメカシャッターとしてフルサイズミラーレス最速となっている。

連続撮影可能コマ数の増加

処理速度の向上とあわせてバッファー容量も強化されており、連続撮影可能コマ数も増加している。対応のCFexpressカードを使用してロスレス圧縮RAW(L)/12bitで記録する場合、Z 7IIは約10コマ/秒連写が最大77コマまで、Z 6IIは約14コマ/秒連写が最大124コマまで持続。同じ記録条件だとZ 7は23コマまで、Z 6は35コマまでなので連写の持続性が大幅に向上していることがわかる。さらに、連写後の書き込み速度も向上しており、よりスピーディーに次の連写に移ることが可能。従来よりもストレスなく連写撮影が続けられるようになっている。特に、Z 6IIは本格的な動体撮影用として十分な連写持続性を実現している。

動画撮影時の瞳認識に対応

人物または動物(犬と猫)の顔・瞳を認識する機能(瞳AF/動物AF)が強化され、これまで動画撮影時は人物・動物とも顔認識のみが有効だったが、瞳認識も可能になった。

ワイドエリアAFでの人物・動物認識が可能に

これまで人物認識・動物認識は、AF可能な全エリアを使って自動的にピントを合わせる「オートエリアAF」時のみ選択できる機能だったが、Z 7II/Z 6IIではオートエリアよりも狭く、シングルポイントよりも広い範囲で被写体を捉える「ワイドエリアAF(L)」での利用も可能になり、狙った人物・動物の瞳だけにピントを合わせやすくなった(※ただし、ワイドエリアAF時は瞳の左右選択が不可)。設定方法もシンプルになり、カスタムメニュー内で機能のオン・オフを設定するのではなく、AFエリアモードの設定として「ワイドエリアAF(L-動物)」「オートエリアAF(人物)」といった項目が追加される形になっている。

ワイドエリアAF(L)での人物認識・動物認識が可能になった。設定方法もAFエリアモードで選ぶように変更になっている

ワイドエリアAF(L)での人物認識・動物認識が可能になった。設定方法もAFエリアモードで選ぶように変更になっている

AF低輝度性能の向上

AFの低輝度限界は両モデルとも従来から1段分の性能向上を実現しており、Z 7IIは-3EV、Z 6IIは-4.5EVの暗さまでAFが可能。ローライトAF設定時のスペックは変わらず、Z 7IIは-4EV、Z 6IIは-6EVとなっている。

このほか、AFに関してスペックで表現できないところでは、一度捉えた被写体をロストしてからの復帰速度が向上しているとのことだ。

動画撮影機能の強化

全画素読み出しによる4K UHD/30p記録(Z 7IIはDXフォーマットベースのみ。Z 6IIはFXフォーマットベースでも対応)や、フルHD/120p記録、10 bit HDMI出力時のN-Log対応、HDMI接続した外部レコーダーへの12 bit RAW動画出力(有償、ProRes RAWフォーマット)といった従来からのスペックをベースにしながら、動画撮影機能も進化している。

大きなところでは、両モデルとも10 bit HDMI出力時のHDR(HLG)動画出力に新たに対応。Z 7IIはFXフォーマットベース固定、4K UHD/30p記録時の約93%の画角、8bit出力のみ、N-Log/HLG非対応といった制約はあるものの製品発売時から4K UHD/60p記録が可能だ。Z 6IIについては発売時は4K UHD/60p記録に非対応だが、ファームウェアアップデートでDXフォーマットベースの4K UHD/60p記録が追加される予定。また、両モデルともファームウェアアップデートによって、有償での12bit RAW動画出力がBlackmagic RAWフォーマットに対応する予定となっている。

N-Logに加えてHDR(HLG)動画出力にも対応する

N-Logに加えてHDR(HLG)動画出力にも対応する

撮影情報の非表示、アイセンサー自動オフ、USB給電などにも対応

続いて、Z 7II/Z 6IIの細かいところの改善点をまとめよう。特に操作性はZ 7/Z 6ユーザーの声を反映した内容になっている。

アイコン・情報表示の非表示機能

Z 7/Z 6ユーザーにとって新モデルの操作性に関する改善点で見逃せないのが、撮影画面に表示されるアイコンや撮影情報を非表示にできる「ライブビュー情報表示の消灯」機能が追加されたことだろう。「D850」などニコンの一眼レフは表示モードを切り替えることで情報表示をオフにできたが、Z 7/Z 6は仕様が変更になり、どの表示モードでも必ずアイコン・撮影情報が表示されるようになった。情報を確認しながら撮れるのはいいのだが、画面全体を見ながら厳密にフレーミングをしたい場合には情報表示がじゃまに感じることもある。実際、多くのユーザーからニコンに対して改善要望があったとことで、今回の新モデルではユーザーが表示・非表示を選択できるようにしたとのこと。なお、ニコンによるとZ 7/Z 6にこの機能を追加する予定は現時点ではないとのことだ。

静止画撮影は動画撮影ボタンに情報表示の消灯機能があらかじめ割り当てられている。動画撮影については、カスタムボタンの設定で機能を割り当てることで利用可能となる

静止画撮影は動画撮影ボタンに情報表示の消灯機能があらかじめ割り当てられている。動画撮影については、カスタムボタンの設定で機能を割り当てることで利用可能となる

Z 7/Z 6では画像左のように画面上の撮影情報を消すことができなかった。画像右はZ 7II/Z 6IIで非表示にした状態。なお、試してみた限り、電源を切って3秒ほど経過するとリセットされるようで、電源を入れ直すと元の情報表示画面になる

Z 7/Z 6では画像左のように画面上の撮影情報を消すことができなかった。画像右はZ 7II/Z 6IIで非表示にした状態。なお、試してみた限り、電源を切って3秒ほど経過するとリセットされるようで、電源を入れ直すと元の情報表示画面になる

モニターチルト時のアイセンサー自動オフ機能

こちらもZ 7/Z 6からの機能改善で、チルト液晶モニターを上下方向に傾けたときに電子ビューファインダー(EVF)のアイセンサーが自動的にオフになるようになった。これによって、特にウエストレベルで撮影する際に、意図せずに表示がEVFに切り替わってモニターがブラックアウトすることがなくなった。なお、Z 7II/Z 6IIはモニターの傾きを感知するセンサーを搭載しているとのことで、Z 7/Z 6での対応は不可とのこと。

左がZ 7IIで右がZ 7。従来はモニターの状態によらずに常にEVFのアイセンサーが反応する仕様だったので、撮影中に意図せずに画面が消えてしまうことがあった

左がZ 7IIで右がZ 7。従来はモニターの状態によらずに常にEVFのアイセンサーが反応する仕様だったので、撮影中に意図せずに画面が消えてしまうことがあった

連写時のコマ間表示の見えを改善

Zシリーズは光学系にこだわった見えのよいEVFで定評があり、特にZ 7/Z 6は周辺まで明るくクリアで自然な見えでユーザーから高く評価されている。Z 7II/Z 6IIは、好評のEVFのスペック(約369万ドット・倍率約0.8倍)や光学系はそのままに連写時の表示を改善。連写時のコマ間の表示フレームを増加することで、動く被写体に対する視認性を向上させている。なお、連写時のブラックアウト表示の仕様は従来と同じで、「低速連続撮影」時と「高速連続撮影」時はブラックアウトのある表示、最高連写速度の「高速連続撮影(拡張)」時はブラックアウトのない表示となっている。

バッテリー性能の向上+パワーセーブモードの追加

2020年8月発売の「Z 5」と同様、付属バッテリーが最新の「EN-EL15c」になり、1回の充電での撮影可能コマ数が増加。ファインダーのみ使用時の撮影可能コマ数は、Z 7IIが約360コマ、Z 6IIが約340コマで従来から約10%向上している。さらに、半押しタイマーがオフになる約15秒前から撮影画面の表示を暗くしてバッテリーの消費を抑える新機能「パワーセーブ」を使用すると、コマ数はZ 7IIが約380コマ、Z 6IIが約400コマに向上。なお、パワーセーブモード時は静止画撮影時に利用できる機能で、撮影画面がコマ落ちした様な表示になる。

パワーセーブの設定画面。パワーオフ時間の半押しタイマーの設定が30秒未満もしくは制限なし、拡大表示中、HDMI接続時などには機能が無効になる

パワーセーブの設定画面。パワーオフ時間の半押しタイマーの設定が30秒未満もしくは制限なし、拡大表示中、HDMI接続時などには機能が無効になる

USB給電に対応

USB充電とあわせて、本体充電 AC アダプター「EH-7P」や市販のモバイルバッテリーなどを使っての、電源オン時のUSB給電にも対応するようになった。付属バッテリーEN-EL15cとあわせて、従来のバッテリー「EN-EL15b/15a/15」使用時でもUSB給電は可能だ。USB充電についてはEN-EL15c/15b使用時のみとなっている。

セットアップメニューに追加された「USB給電」をオンすることで、USB経由での給電が可能になる

セットアップメニューに追加された「USB給電」をオンすることで、USB経由での給電が可能になる

電源オフ時のピント位置維持機能

セットアップメニューに、ピントを合わせたフォーカス位置を電源オフ時にも記憶する「フォーカス位置の記憶」の設定が追加になった。風景や星景の撮影など、いったん電源を切って待機する場合に便利に使える機能だ。

「フォーカス位置の記憶」の設定画面

「フォーカス位置の記憶」の設定画面

フォーカスリングのリバース対応

フォーカス関連の機能では、フォーカスリング/コントロールリングのフォーカス回転方向を変更できるようになった。

「フォーカス回転方向の変更」の設定画面

「フォーカス回転方向の変更」の設定画面

操作性・デザインの細かいところを変更

操作性の細かいところでは、Z 7/Z 6と比べて、さらに握りやすくなるようにグリップ形状が見直されたほか、コマンドダイヤルのローレット形状も変更。ファインダー部のデザインも変更になっている。

コマンドダイヤルのローレットがより深い形状になった(画像左がZ 7II、右がZ 7)

コマンドダイヤルのローレットがより深い形状になった(画像左がZ 7II、右がZ 7)

ファインダー部は従来と比べてシャープなデザインになった(画像左がZ 7II、右がZ 7)

ファインダー部は従来と比べてシャープなデザインになった(画像左がZ 7II、右がZ 7)

水準器表示はより画面になじむ色合いに変更(画像左がZ 7II、右がZ 7)

水準器表示はより画面になじむ色合いに変更(画像左がZ 7II、右がZ 7)

ファンクションボタンに割り当てられる設定に「サイレントモード」を追加。割り当てたボタンを押すことでサイレントモードのオン・オフをダイレクトに切り替えられる

ファンクションボタンに割り当てられる設定に「サイレントモード」を追加。割り当てたボタンを押すことでサイレントモードのオン・オフをダイレクトに切り替えられる

Mモード時のシャッタースピードの延長に対応。最長900秒まで設定できる

Mモード時のシャッタースピードの延長に対応。最長900秒まで設定できる

操作系は従来とまったく同じ仕様で、背面に、親指でフォーカスポイントをダイレクトに移動できるサブセレクターなどを搭載。液晶モニターはタッチパネル対応の3.2型チルト液晶(約210万ドット)

操作系は従来とまったく同じ仕様で、背面に、親指でフォーカスポイントをダイレクトに移動できるサブセレクターなどを搭載。液晶モニターはタッチパネル対応の3.2型チルト液晶(約210万ドット)

上面には各種撮影情報を確認できる表示パネルを搭載

上面には各種撮影情報を確認できる表示パネルを搭載

左側面のインターフェイスの仕様も従来と同じ。ヘッドホン出力、外部マイク入力、USB Type-C端子、HDMI(Type C)端子、アクセサリーターミナルが備わっている

左側面のインターフェイスの仕様も従来と同じ。ヘッドホン出力、外部マイク入力、USB Type-C端子、HDMI(Type C)端子、アクセサリーターミナルが備わっている

高速性が向上した有効4575万画素の高画素モデル「Z 7II」

より高画素で上位モデルに位置付けられるZ 7II

より高画素で上位モデルに位置付けられるZ 7II

主なスペック
・撮像素子:有効4575万画素CMOS(FXフォーマット)
・映像エンジン:デュアルEXPEED 6
・常用感度:ISO64〜25600
・シャッタースピード:1/8000〜30秒(最長900秒)
・AFシステム:493点ハイブリッドAF
・連写:最高約10コマ/秒
・ボディ内手ブレ補正:5軸補正(5.0段分)
・記録媒体:CFexpress/SDダブルスロット
・EVF:0.5型約369万ドット/倍率約0.8倍
・モニター:3.2型チルト液晶(約210万ドット)
・動画:4K UHD 60p、フルHD 120p、N-Log/RAW/HLG出力
・サイズ:134(幅)×100.5(高さ)×69.5(奥行)mm
・重量:約705g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディキャップを除く)

Z 7IIは、Z 7の有効4575万画素CMOSセンサーを継承しつつ、デュアルEXPEED 6の搭載で最高約10コマ/秒連写を実現。高画素と高速性を両立したのが魅力で、ポートレートや風景の撮影を中心に、よりオールマイティーに使える高性能カメラに進化している。2020年12月の発売予定。市場想定価格(税込)は約40万円。

すぐれた連写性能を実現したスタンダードモデル「Z 6II」

クラス最速の高速連写が可能なスタンダードモデルZ 6II

クラス最速の高速連写が可能なスタンダードモデルZ 6II

主なスペック
・撮像素子:有効2450万画素CMOS(FXフォーマット)
・映像エンジン:デュアルEXPEED 6
・常用感度:ISO100〜512000
・シャッタースピード:1/8000〜30秒(最長900秒)
・AFシステム:273点ハイブリッドAF
・連写:最高約14コマ/秒
・ボディ内手ブレ補正:5軸補正(5.0段分)
・記録媒体:CFexpress/SDダブルスロット
・EVF:0.5型約369万ドット/倍率約0.8倍
・モニター:3.2型チルト液晶(約210万ドット)
・動画:4K UHD 30p(※ファームウェアアップデートで60p記録に対応予定)、フルHD 120p、N-Log/RAW/HLG出力
・サイズ:134(幅)×100.5(高さ)×69.5(奥行)mm
・重量:約705g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディキャップを除く)

Z 6IIは有効2450万画素CMOSセンサーを搭載するスタンダードモデル。約14コマ/秒連写が最大124コマ(ロスレス圧縮RAW L/12bit記録時)まで持続する優れた連写性能を誇り、野生動物、飛行機、鉄道などを被写体とした本格的な動体撮影に対応できるカメラだ。より高品位な動画撮影性能を持つのも特徴。2020年11月6日の発売予定で、市場想定価格(税込)は約27万円。

まとめ ニコン一眼レフユーザー注目の正常進化モデル

従来モデルZ 7/Z 6のいいところは、「Zマウントレンズ」と組み合わせての高画質な撮影が可能なうえ、見えのよいEVFや握りやすいグリップなど、ニコンらしい上質な操作性を実現していることだ。使ってみてそのよさがわかるカメラで、満足度の高い製品となっている。

ニコンは今回の新モデルZ 7II/Z 6IIにおいて、Z 7/Z 6のいいところをベースにして完成度を高める選択をした。けっして強烈なインパクトのある進化というわけではないが、デュアルEXPEED 6の搭載で連写性能などの基本性能を強化したうえで、細かいところまで使い勝手をブラッシュアップしており、Z 7/Z 6の不満点を徹底的に改善した正常進化モデルとなっている。

特に、これまでZ 7/Z 6に興味はあってもシングルスロットなどが気になって買い替え・買い増しに踏みきれなかった、ニコンの一眼レフを所有しているハイアマチュアユーザーにとっては、納得できる仕様のフルサイズミラーレスが登場したと言っていいだろう。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る