ニュース
8K/30p記録にも対応する超高性能モデルにいち早く触れてきた!

“5010万画素×30枚/秒連写”の衝撃。ソニーのフラッグシップミラーレス「α1」誕生

2021年1月27日、ソニーから驚きのスペックを持つフルサイズミラーレスカメラ「α1」が発表された。有効約5010万画素の高画素ながらブラックアウトフリーでの最高約30コマ/秒の超高速連写を実現したほか、ソニーの一眼カメラ「αシリーズ」として初めて8K/30p動画撮影にも対応。AFや撮影機能なども大幅に進化しており、現時点で最も高性能なミラーレスとなっている。発売は2021年3月19日で、市場想定価格は90万円前後(税込)。ここでは、メディア向けの体験会で得た情報を交えながら、このモンスターマシンの特徴を紹介しよう。

「動画と静止画の究極のハイブリッドモデル」として発表になったα1

「動画と静止画の究極のハイブリッドモデル」として発表になったα1

α9シリーズのスピード性能、α7Rシリーズの解像性能、α7Sシリーズの高感度・動画性能を融合した真のフラッグシップモデル

今回発表になったα1は、ソニーが公式にフラッグシップモデルの位置付けでリリースする、初めてのフルサイズミラーレスだ。αシリーズのフルサイズミラーレスというと「α9シリーズ=フラッグシップ」という認識の人もいると思うが(筆者もα9発表当初はそういう認識だった)、ソニーとしては、α9シリーズはあくまでもプロ向けのモデルであって、絶対的な最上位モデル=フラッグシップという位置付けではなかった。

そういう背景もあって真のフラッグシップの登場が期待されていたわけだが、α1はその期待を大きく上回る超ハイスペックを実現。α9シリーズのスピード性能、α7Rシリーズの解像性能、α7Sシリーズの高感度・動画性能を融合した、動画と静止画の両方で最高性能を持つ、フラッグシップと呼ぶにふさわしいカメラに仕上がっている。

主なスペック
・有効約5010万画素のメモリー内蔵積層型CMOSセンサー
・画像処理エンジン「BIONZ XR」(2基構成)
・ブラックアウトフリーの最高約30コマ/秒連写(電子シャッター時)
・最大120回/秒の演算によるAF/AE追従
・位相差AF 759点/コントラストAF 425点のファストハイブリッドAF
・新たに鳥の検出に対応したリアルタイム瞳AF/リアルタイムトラッキング
・動体歪みをさらに抑えたアンチディストーションシャッター
・1/400秒のフラッシュ同調速度
・電子シャッターでのフラッシュ撮影対応(同調1/200秒)
・8K/30p(4:2:0 10bit)、4K/120p(4:2:2 10bit)対応の動画撮影
・S-CinetoneやS-Log3に対応
・約1億9900万画素の画像を生成できるピクセルシフトマルチ撮影
・補正効果5.5段分のボディ内5軸手ブレ補正
・防塵・防滴に配慮した設計(α7S III同等)
・タッチパネル対応の3.0型(約144万ドット)チルトモニター
・高耐久メカシャッター(耐久約50万回)
・デュアルスロット(両スロットともCFexpress Type A、SD UHS-II対応)

α1の最大の特徴は、最先端の基幹デバイスを採用することで、高解像とスピードをこれまでにはなかった高いレベルで両立したこと。読み出し速度が向上した有効約5010万画素のメモリー内蔵積層型CMOSセンサーと、従来比で約8倍の処理性能を持つ最新の画像処理エンジン「BIONZ XR」(2基構成)によって、新時代を感じさせる高性能を実現しているのだ。

画像処理エンジンとして2基のBIONZ XRを搭載

画像処理エンジンとして2基のBIONZ XRを搭載

スピード面では、フルサイズミラーレスとして現時点で最速となる、AF/AE追従で最高約30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写を実現。30コマ/秒は電子シャッター時でJPEG記録もしくは圧縮RAW記録、かつAF-Cモードなら1/250秒、AF-S/DMF/MFモードなら1/125秒以上のシャッタースピードの際に有効となっている。CFexpress Type Aメモリーカード使用した場合、JPEGでは約165枚、圧縮RAWでは約155枚まで連写が持続する。なお、AF-C時はレンズによっても最速速度が異なっており、多くのEマウントレンズ(23本)は30コマ/秒に対応しているが、「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」「FE 50 mm F1.8」「FE 50 mm F2.8 Macro」「FE 85 mm F1.4 GM」では20コマ/秒に制限されるとのことだ。

連写速度の向上にあわせてAF/AE演算も高速化しており、α9 IIと比べて2倍で、フルサイズミラーレスとして現時点で最高となる最大120回/秒の演算を実現。複雑な動きでスピードに緩急のある被写体でも高精度なAF追従が可能なほか、AEも最速0.033秒で追従するため、急激な輝度の変化にも対応できるという。

Hi/Mid/Lowの連写設定に20、15、10、5/秒の速度を割り当てることが可能。20コマ/秒連写時はJPEGで約400枚まで連写が持続する

Hi/Mid/Lowの連写設定に20、15、10、5/秒の速度を割り当てることが可能。20コマ/秒連写時はJPEGで約400枚まで連写が持続する

AFは、α7S IIIと同等となる、759点の像面位相差AFと425点のコントラストAFを組み合わせたファストハイブリッドAFシステムを採用。リアルタイム瞳AF(人物)の検出能力はα9 II比で30%向上した。動物の瞳AFは、静止画撮影のみ対応なのは従来と変わらないが、検出対象として「犬」「猫」のほかに「鳥」を新たに追加。静止画撮影時には、鳥を被写体にした場合でもリアルタイムトラッキングが可能だ。このほか、像面位相差AFがF22対応となり、F22の絞り値までAF-Cでの追従が可能になったのも進化点。絞り駆動をフォーカス優先に設定すれば、F22よりも大きな絞り値でもフォーカスを合わせ続けることができる。

瞳AFは新たに鳥の検出が可能になった。動物と鳥で検出対象を切り替えることもできる

瞳AFは新たに鳥の検出が可能になった。動物と鳥で検出対象を切り替えることもできる

最高1/32000秒のシャッタースピードに対応するアンチディストーションシャッターは、センサーの読み出し速度の高速化によって、α9 IIと比べて動体歪みが約1.5倍少なくなった。世界で初めて電子シャッターでのフリッカーレス撮影が可能になったのも見逃せないポイントで、屋内の人工光源下でのスポーツ撮影などでも電子シャッターを活用しやすくなった。

さらに、静止画撮影機能ではフラッシュ同調速度にも注目。メカシャッターでは、新開発のデュアル駆動式シャッターを採用することでデジタル一眼カメラとして世界初となる1/400秒の速度を実現。センサーの性能向上によって電子シャッター時にもフラッシュの利用が可能になり、1/200秒の同調速度に対応するようになったのもうれしい点だ。APS-Cクロップ時はメカシャッターで1/500秒、電子シャッターで1/250秒の同調が可能なのも性能の高さを感じるところだ。

操作性では、連写速度の向上にあわせて電子ビューファインダー(EVF)が進化。α7S IIIと同等となる約944万ドットの0.64型有機ELデバイスを採用し、0.90倍のファインダー倍率と、約25mmのハイアイポイントを実現。視野角がAPS-C相当の33度になる縮小表示を選択することも可能だ。さらに、フルサイズミラーレスとして世界初となる240fpsの高速フレームレートも実現。視野角が33度に固定され、解像度もUXGA相当になるものの、240fpsでは残像の少ない滑らかな表示が可能だ。

背面の操作系はα7S IIIなどの最新モデルを踏襲。α7S IIIと比べるとC1の位置に動画記録ボタンが配置されるようになっている。メニュー画面は、α7S IIIで採用されたタッチ操作対応の新メニューだ

背面の操作系はα7S IIIなどの最新モデルを踏襲。α7S IIIと比べるとC1の位置に動画記録ボタンが配置されるようになっている。メニュー画面は、α7S IIIで採用されたタッチ操作対応の新メニューだ

α9 IIと同様、AFモードダイヤル/ドライブダイヤルの2段ダイヤルを上面左肩に装備する

α9 IIと同様、AFモードダイヤル/ドライブダイヤルの2段ダイヤルを上面左肩に装備する

どちらのスロットもCFexpress Type AカードとSDカード(UHS-II対応)に対応するデュアルスロットを採用

どちらのスロットもCFexpress Type AカードとSDカード(UHS-II対応)に対応するデュアルスロットを採用

画質面では、裏面照射構造やギャップレスオンチップレンズ構造、シールガラス上のARコート(反射防止膜) などの技術とBIONZ XRによって、有効約5010万画素センサーを生かした高い解像性能を実現。常用設定でISO100〜32000(拡張でISO50〜102400)の感度に対応している。ダイナミックレンジは低感度時で約15ストップを実現した。αシリーズとして初めてロスレス圧縮RAWに対応したのも見逃せない点で、非圧縮RAWと比較して同等の画質を保ったまま、ファイルサイズを50〜80%削減できるとのこと。JPEGの画像サイズにもファイルサイズを優先した「ライト」が追加されている。

ロスレス圧縮RAWに対応したのはうれしい進化

ロスレス圧縮RAWに対応したのはうれしい進化

静止画撮影に並んで充実した動画撮影機能を持つのもα1の特徴。αシリーズとして初めて、8.6Kオーバーサンプリングによる8K/30p記録(4:2:0 10bit)に対応(※フルサイズ画角のみ対応)。4Kでは4:2:2 10bitでの最高120pのハイフレームレート動画を記録できる(※画角は10%クロップ)。4K撮影時は、Super 35mm時に画素加算のない全画素読みでの記録が可能なほか、動体歪みもα7R IV比で約2.8倍軽減している。さらに、新開発の放熱構造を採用しており、長時間の連続動画撮影が可能。小型・軽量ボディながら、8K/30p動画は約30分の記録が可能とのことだ。

8K/30pの動画撮影が可能。長時間の8K動画記録に対応しており、本格的な映像制作にも対応できる

8K/30pの動画撮影が可能。長時間の8K動画記録に対応しており、本格的な映像制作にも対応できる

プロ向けの動画撮影機能も豊富で、LUT系の機能としては、業務用ラージフォーマットカメラ「FX9」やプロフェッショナルカムコーダー「FX6」で採用されている「S-Cinetone」を搭載したのがトピック。もちろんS-Logも搭載し、4:2:2 10bit 記録のHLG(Hybrid Log-Gamma)にも対応する。このほか、α7S IIIで好評を得ている高性能な手ブレ補正アクティブモードやデジタルオーディオインターフェイスなども搭載している。

通信機能では、IEEE802.11ac規格準拠の5GHz帯に加えて、複数のアンテナで通信品質を向上させるMIMO(multiple-input and multiple-output)に対応し、α9 II比で通信性能が2倍以上も向上。FTP転送は動画ファイルにも対応する。USB端子はUSB 3.2対応のUSB Type-Cにアップグレード。USBテザリングにも対応し、同日発表された「Xperia PRO」などの5G対応デバイスを接続すれば、5G通信を活用したFTPファイル転送も可能だ。

まとめ スペックだけでなく操作感も良好。メカ部分の進化にも注目のフラッグシップカメラ

最後に、メディア向け体験会でα1のベータ機に触れてみての感想を簡単にレポートしよう。

短い時間だったので細かいところまでは確認できなかったが、シャッターを切った際のフィーリングはこれまでとはまたひと味違った感じになっている。α7R IVやα7S IIIもシャッター音が抑えられているが、α1はさらによくなっていて、非常に静かに駆動する。剛性感の高いボディでシャッター振動も少なく、ブレが発生しにくいと感じた。

サイズ自体はα7S IIIと同じだがボディは新設計で、撮影時の重量は約737g。α7S III比で40g近く重くなっているが、標準ズームレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」を装着してホールドした限りでは、それほど重さの違いは感じなかった。αシリーズのほかの最新モデルと同様、レンズとグリップのクリアランスに配慮したデザインになっている。

ブラックアウトフリーでの最高約30コマ/秒連写は、連写時でもEVFの映像がチラつくような感じがなく、非常に滑らかに表示される。α9シリーズでも「動画を撮っているような感覚」での連写だったが、α1ではファインダーの見えがよくなったため、より肉眼でとらえているような感覚が高まっている。このファインダーなら高速で動く被写体でも追いかけやすいと感じた。

α1は、これまでの常識を覆す超高性能を実現した、ソニー渾身のフラッグシップカメラだ。現時点では、ミラーレス全体を見渡しても静止画と動画の両方で最高性能を実現していると言っても過言ではない。面白いのは、30コマ/秒連写に代表されるデジタルデバイスの進化による性能向上だけでなく、1/400秒のフラッシュ同調などメカ部分も進化していることだ。ソニーはこれまで撮像素子などデジタルの部分でミラーレスの性能向上を引っ張ってきた存在だが、ここにきてメカ部分でも他メーカーを上回るものを提供するようになっている。

また、スペックと同様に驚かされるのは90万円前後(税込)という市場想定価格で、ライカの製品を除いて、ミラーレスでここまで高額なものはほかにはない。だが、α9 II(価格.com最安価格で45万円程度)とα7S III(同37万円程度)の両方を足しても、静止画と動画の両方でそれらを上回る性能が得られることを考慮すると、この価格も納得できる。スポーツやポートレートなどの分野で、静止画も動画も撮影する必要があるプロから選ばれる存在になりそうだ。

α1の登場によってミラーレスは新しい時代に入ることになるのは間違いない。これまではフラッグシップカメラ=一眼レフというのが常識だったが、今後はミラーレスがフラッグシップを担うことになるだろう。α1は現時点では「1世代から1世代半くらい先を行くスペック」になっているが、今後、他メーカーからどのようなフラッグシップカメラが登場するのかにも注目していきたい。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る