交換レンズ図鑑
Zシリーズユーザー待望のレンズがついに登場!

“最高峰”の中望遠マイクロレンズ、ニコン「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」速攻レビュー

ニコンは2021年6月2日、ミラーレスカメラ「Zシリーズ」用の交換レンズ「Zマウントレンズ」としては初となるマイクロレンズ「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」と「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」を発表しました。いずれも2021年6月25日の発売が予定されています。今回は、そのうちの1本、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sをいち早くレビュー。Fマウント用でも人気の高い105mmマイクロレンズのZマウント版で、ニコンが「最高峰の中望遠等倍マイクロレンズ」と自信を持つ注目製品です。

Zマウントレンズ初のマイクロレンズの1本として登場するNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S(カメラボディは「Z 7II」)

Zマウントレンズ初のマイクロレンズの1本として登場するNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S(カメラボディは「Z 7II」)

きわめて高い光学性能を実現。AFや手ブレ補正も進化

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sは、焦点距離105mm/絞り開放F2.8のスペックを持つ中望遠等倍マイクロレンズ。「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」と並んでZマウントレンズとしては初となるマイクロレンズで、本格的なマクロ撮影用として支持されてきたFマウント用「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」のZマウント版です。しかも、ニコン自身が「最高峰の中望遠等倍マイクロレンズ」と謳うほどの高性能を実現しており、ニコンファン、ならびにZシリーズユーザーから注目を集める新製品になっています。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sの主な特徴
・Zマウント用の、焦点距離105mmの中望遠マイクロレンズ
・Zマウントレンズの中でも特に高性能な「S-Line」に属するレンズ
・最短撮影距離:0.29m(29cm)、最大撮影倍率:1倍(等倍)
・絞り開放値:F2.8(※撮影距離0.29m時の有効開放F値はF4.5)
・11群16枚のレンズ構成(EDレンズ3枚、非球面レンズ1枚)
・同等スペックのFマウント用レンズを大きく上回る光学性能
・すぐれた逆光耐性(ナノクリスタルコート、アルネオコート)
・絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
・フォーカシングによる全長変化のないIF(インターナルフォーカス)方式
・STMを用いたマルチフォーカス方式のAF機構
・補正効果4.5段の手ブレ補正(VR)機構
・カメラのボディ内手ブレ補正と協働して5軸のブレを補正
・多機能な操作性(コントロールリング、情報パネル、L-Fnボタン)
・高い防塵・防滴性能、防汚性能(フッ素コート)
・フィルター径:62mm
サイズ:約85(最大径)×140(全長)mm、重量:約630g
・価格.com最安価格116,820円(2021年6月21日時点)

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sの特徴の中で最も注目したいのは、やはり光学性能の高さです。Zマウントの大口径かつショートフランジバックを生かし、後玉に大口径の非球面レンズを配置した11群16枚のレンズ構成を採用することで、AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDを大きく上回る、きわめて高い光学性能を達成しています。近接撮影時の色収差抑制に効果のあるマルチフォーカス方式(複数のフォーカスレンズ群の位置をミクロン単位で高精度に制御する方式)を採用したのもトピックで、撮影距離を問わず画面周辺部まで高い解像力と、輪郭に色付きの少ないボケを実現しているとのこと。以下に、レンズ構成とあわせてMTF曲線を掲載しますが、従来を上回る高い解像力とコントラストを実現していることが読み取れます。

左がNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、右がAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDのレンズ構成。NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sはニコン伝統の中望遠マイクロレンズの仕様を踏襲しながら、後玉に大口径の非球面レンズを採用することで像面湾曲を補正し、高い解像力を実現。さらに、EDレンズ3枚を効果的に配置することで軸上色収差を補正し、ピント面前後の色付きを抑えています

左がNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、右がAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDのレンズ構成。NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sはニコン伝統の中望遠マイクロレンズの仕様を踏襲しながら、後玉に大口径の非球面レンズを採用することで像面湾曲を補正し、高い解像力を実現。さらに、EDレンズ3枚を効果的に配置することで軸上色収差を補正し、ピント面前後の色付きを抑えています

左がNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、右がAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDのMTF曲線。NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sのほうが解像力、コントラストともに高く、また周辺までより均一な画質であることが読み取れます

左がNIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S、右がAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDのMTF曲線。NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sのほうが解像力、コントラストともに高く、また周辺までより均一な画質であることが読み取れます

鏡筒左手側に、情報パネルの表示切り替えボタン(DISP)、L-Fnボタン、フォーカスモード切り替えスイッチ、フォーカス制限切り替えスイッチといった操作系を配置。なお、2021年6月2日に発表になった2本のマイクロレンズは外観デザインがアップデートされており、「S-Line」のエンブレムが新しくなったほか、表面の塗装も見直され、より細かい凹凸パターンの塗装になっています

鏡筒左手側に、情報パネルの表示切り替えボタン(DISP)、L-Fnボタン、フォーカスモード切り替えスイッチ、フォーカス制限切り替えスイッチといった操作系を配置。なお、2021年6月2日に発表になった2本のマイクロレンズは外観デザインがアップデートされており、「S-Line」のエンブレムが新しくなったほか、表面の塗装も見直され、より細かい凹凸パターンの塗装になっています

全長は140mmでそれなりに長い鏡筒ですが、重量は約630gでAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDよりも約120g軽量化されています。フィルター径は62mmで、AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDと共通。外観デザインでは、マウント近くのレンズ名称のところに「NIKKOR」のエンブレムが追加されています

全長は140mmでそれなりに長い鏡筒ですが、重量は約630gでAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDよりも約120g軽量化されています。フィルター径は62mmで、AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDと共通。外観デザインでは、マウント近くのレンズ名称のところに「NIKKOR」のエンブレムが追加されています

情報パネルには撮影距離(画像左)や絞り値、撮影倍率(画像右)を表示することができます

情報パネルには撮影距離(画像左)や絞り値、撮影倍率(画像右)を表示することができます

最短撮影距離(等倍時)は29cm。AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDの31.4cmと比べると少し短くなっているものの、最短撮影距離時のワーキングディスタンス(※レンズフード未使用時)は約13.4cmで中望遠マイクロレンズとしては比較的長め。レンズの影が被写体にかかりにくく、また昆虫など近づきにくい被写体を撮る場合でも扱いやすくなっています

最短撮影距離(等倍時)は29cm。AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDの31.4cmと比べると少し短くなっているものの、最短撮影距離時のワーキングディスタンス(※レンズフード未使用時)は約13.4cmで中望遠マイクロレンズとしては比較的長め。レンズの影が被写体にかかりにくく、また昆虫など近づきにくい被写体を撮る場合でも扱いやすくなっています

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sは光学性能以外の部分も進化しており、AFは、新開発の小径・高トルクのSTM(ステッピングモーター)とマルチフォーカス方式を採用することで、より高速・高精度な制御を実現。STMに連動する新規の駆動機構によってMFの操作感も向上しているとのことです。さらに、手ブレ補正(VR)の補正効果はAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDの3.0段分から4.5段分に向上しました。こうした性能向上を実現しながら、NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR SはAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDと比べて約120gの軽量化を実現しており、重量は約630gに抑えられています。

なお、マイクロレンズ(マクロレンズ)は一般的に、撮影距離によって撮像素子面に写る像の明るさが変化するという特性があり、撮影距離が短くなって撮影倍率が上がると実質的な絞り値は大きくなります。ニコンはこの特性を重視し、同社のマイクロレンズでは、実質的な明るさを意味する「有効F値」で撮影時の絞り値を表示するようにしています。NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sもこの仕様を採用しており、有効開放F値は、無限遠を含めて撮影距離が長い時はF2.8で、近接撮影時は段階的に大きくなり、最短撮影距離ではF4.5になります。AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDの最短撮影距離での有効開放F値はF4.8なので、それと比べると少し明るい設計になっているようです。

付属のバヨネットフード「HB-99」を装着したイメージ

付属のバヨネットフード「HB-99」を装着したイメージ

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る