ニュース
フルサイズ裏面照射型CMOS、399点位相差AF、5軸手ブレ補正、4K動画記録など

“全部入り”のソニー「α7R II」が発表! α7シリーズのトップエンドモデル!

ソニーは本日2015年6月26日、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7シリーズ」の新モデル「α7R II」を発表した。海外ではすでに発表されていたモデルだが、高画素センサーモデル“R”の新型で、世界初となる35mmフルサイズの裏面照射型CMOSセンサーを採用したのが大きな特徴となっている。それだけでなく、「α7 II」の5軸手ブレ補正など、これまでα7シリーズが搭載してきた技術・機能が進化する形でふんだんに搭載されている。「全部入りのα7」が誕生したと言ってもいい内容で、注目を集めるカメラになりそうだ。ベータ機の外観写真や設定画面を交えながら、特徴をレポートしよう。

α7シリーズの新モデルα7R II。α7 IIをベースにしたボディを採用している

α7シリーズの新モデルα7R II。α7 IIをベースにしたボディを採用している

α7シリーズのトップに位置付けられるハイエンドモデル

α7シリーズは、これまでに、無印のスタンダードモデル「α7」、有効約3640万画素センサーを搭載する高解像度モデル「α7R」、最高感度ISO409600を実現した超高感度モデル「α7S」、5軸手ブレ補正機能を搭載した「α7 II」の4モデルが登場している。今回の新モデルα7R IIは、α7Rの後継としてリリースされたが、シリーズの中でのポジショニングとしては、機能特化モデルとしてα7Rを置き換えるものではない。現時点では、シリーズのトップエンドに位置付けられるハイエンドモデルとなっている。

スペックをチェックすれば、それも納得していただけるはずだ。α7R IIの主な特徴は以下のとおり。

・35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー(有効約4240万画素、ローパスレス仕様)
・4.5段の補正効果を実現したボディ内5軸手ブレ補正
・399点像面位相差AFセンサーによる「ファストハイブリッドAF」
・倍率0.78倍の電子ビューファインダー(約236万ドット)
・ボディ単体での4K動画記録

35mmフルサイズの裏面照射型CMOSセンサーを初採用

多くの特徴を持つα7R IIだが、その中でも特に注目したいのが、35mmフルサイズの裏面照射型CMOSセンサー(Exmor R CMOSセンサー)を採用したことだろう。裏面照射型CMOSセンサーは、これまでコンパクトデジカメ用の小さなセンサーや、1インチサイズのセンサーなどで採用されてきたが、35mmフルサイズセンサーとしては初となる。配線層をフォトダイオードの下に配置することで、集光能力を上げ、高感度を実現するのが裏面照射型の特徴だが、α7R IIでは、有効約4240万画素に画素数がアップしたにもかかわらず、常用でISO100〜ISO25600、拡張でISO50〜ISO102400の幅広い感度に対応。さらに、配線層に、伝送速度の速い銅配線を採用するなどの工夫により、従来と比較して約3.5倍の高速読み出しも実現している。これにより、この後に紹介する高速オートフォーカスや、全画素読み出しによる4K動画記録などが可能になったという。

また、このセンサーは、従来のα7Rと同様、光学ローパスフィルターレス仕様が採用されている。画素数アップによって従来よりも画素サイズが縮小したことで、画素サイズが光束幅よりも小さくなるシーンが増えるため、従来よりもモアレ・偽色が発生する頻度は少なくなっているという。また、このセンサーには、隣接する画素間のギャップを抑える「ギャップレスオンチップレンズ構造」など、これまでソニーが培ってきた高画質化技術が継承されている。画像処理エンジンは、α7シリーズではおなじみの「BIONZ X」だ。

α7R IIでは、約4240万画素に高画素化したことで、シャッター振動に対する対策も施された。新開発のブレーキ機構を加えたシャッターユニットを採用したことで、メカ先幕/後幕それぞれの振動を従来の約半分に低減している。実際に、α7R IIでシャッターを切ってみたが、α7Rと比べると雲泥の差があった。従来とは異なり、電子先幕にも対応するようになったので、より振動を抑えてシャッターを切ることが可能だ。さらに、α7Sと同様、電子シャッターでの無音撮影が可能なサイレント撮影機能にも対応している。

有効画素数は約4240万画素

有効画素数は約4240万画素

サイレント撮影機能を搭載。カスタムボタンに機能を割り当てることもできる

サイレント撮影機能を搭載。カスタムボタンに機能を割り当てることもできる

4.5段の補正効果を実現したボディ内5軸手ブレ補正を搭載

α7R IIのもうひとつの大きな特徴となるのが、α7 IIで採用されたボディ内の5軸手ブレ補正機能を搭載していることだ。角度ブレ(ピッチ/ヨー)、シフトブレ(X軸/Y軸)、回転ブレ(ロール)に対応し、4.5段分の補正効果を実現している。なお、4.5段というスペックはα7 IIと同じだが、α7R IIでは、高画素化したことによってCIPA基準でのスペック評価がα7 IIよりも厳しくなっているとのこと。そのため、手ブレ補正の性能としては、α7 IIを上回るものになっているとのことだ。

α7 IIと同様、マウントアダプターを介してAマウントレンズなどを装着した場合でも手ブレ補正が可能。手ブレ補正機能を搭載するEマウントレンズを装着した時は、角度ブレ補正(ピッチ/ヨー)をレンズ側で行い、残りの3軸はボディ側で補正することで、最適な5軸ブレ補正を行うようになっている。

399点像面位相差AFセンサーによる「ファストハイブリッドAF」を搭載

α7R IIは、オートフォーカスシステムも大きく進化している。従来のα7Rは、コントラストAFによる「ファストインテリジェントAF」であったが、α7R IIでは、像面位相差AFを使った「ファストハイブリッドAF」に対応するようになった。しかも、35mmフルサイズ対応のレンズ交換式デジタル一眼カメラとして世界最多となる399点もの像面位相差AFセンサーが撮像素子上に配置されるという、非常に高性能なシステムとなっている。撮像素子上の位相差AFのカバーエリアは45%にも及ぶ。α7Rと比べて、オートフォーカススピードは約40%も高速化された。追従性も向上しており、AF・AE追従で5コマ/秒(撮影可能枚数は23枚/RAW,24枚/JPEG Lサイズ エクストラファイン、30枚/JPEG Lサイズ ファイン)の連写が可能となった。

さらに、注目なのは、専用位相差AFセンサーを搭載しないマウントアダプター「LA-EA3」を介して、SSMレンズ/SAMレンズのAマウントレンズを装着した場合に、センサーの像面位相差AFを使ってオートフォーカスを利用できるようになったこと(従来のα7Rでは、マニュアルフォーカスを使わなければならなかった)。実際に、Aマウントの望遠ズームレンズ「70-200mm F2.8 G SSM II」で試してみたが、オートフォーカスの合焦スピードは非常に速かった。FEレンズを装着した場合と変わらないくらいのレスポンスを実現していると感じた。

LA-EA3を使って70-200mm F2.8 G SSM IIなどのAマウントレンズ(SSMレンズ/SAMレンズ)を装着した際に、位相差AFが利用できる

なお、細かいところの進化点では、瞳にフォーカスを合わせる「瞳AF」が、AF-C(コンティニュアス )設定時にも利用できるようになった。AF-S/AF-Cを自動で切り替えるAF-Aが利用できるようになったほか、選択したフォーカスポイントから被写体が外れてもその周辺のスポットでピントを合わせる拡張フレキシブルスポットにも対応している。さらに、オートフォーカス時にフォーカスとレリーズのどちらを優先するかを、ユーザーが設定することも可能になった。

AF-C設定時に、フォーカス優先とレリーズ優先を選択可能。バランス重視という設定も用意されている

AF-C設定時に、フォーカス優先とレリーズ優先を選択可能。バランス重視という設定も用意されている

0.78倍の世界最大倍率を実現した電子ビューファインダー

α7R IIの進化はファインダーにも及ぶ。従来と同じ約236万ドットの0.5型有機ELパネルを使った電子ビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder」を搭載しているが、接眼レンズに両面非球面レンズを含む4枚構成のレンズを採用したことで(従来は3枚)、ファインダー倍率がアップ。発表時点ではデジタルカメラとして世界最大となる約0.78倍のファインダー倍率を実現した。「ZEISS T*コーティング」を採用し、覗いた際の映り込みも大幅に低減しているという。

電子ビューファインダーは約0.78倍という大きなファインダー倍率を実現。液晶モニターは、チルト可動式の3.0型(約122万ドット)

ボディ単体での4K動画記録が可能。全画素読み出しによる4K動画記録に対応

α7R IIは、動画撮影機能も充実している。α7シリーズとして初めてカメラボディ単体での4K(3840×2160)動画記録に対応するようになった(※α7Sは外部レコーダーへの4K記録に対応)。フルサイズ画角での4K記録が可能で、4K記録時のフォーマットはXAVC S、ビットレートは最高100Mbpsとなっている。

さらに、スーパー35mmフォーマット(APS-C 16:9相当)選択時は、画素加算のない全画素読み出しでの高画質な4K記録が可能。スーパー35mmフォーマットでは、4K映像に必要な画素数の約1.8倍(5168×2912)の情報をすべて使って4K(3840×2160)に出力するため、モアレやジャギーの少ない高画質を実現できる。

XAVC Sフォーマットに対応

XAVC Sフォーマットに対応

4K記録時は100Mbpsの高ビットレートに対応

4K記録時は100Mbpsの高ビットレートに対応

スーパー35mmフォーマット時は、全画素読み出しでの4K記録が可能

スーパー35mmフォーマット時は、全画素読み出しでの4K記録が可能

このほか、α7R IIでは、オート感度時の最小シャッタースピードを設定できるようになった。操作性では、背面の右ボタンの機能割り当てがホワイトバランスから感度に変更になったうえ、絞り優先/シャッタースピード優先モード時に、コントロールホイールでそれぞれの値を変えられるようになった。星空などの暗い被写体を撮影する際に、モニターを明るくすることで構図を決めやすくする「ブライトモニタリング」という機能も追加されている。

ボディサイズは約126.9(幅)×95.7(高さ)×60.3(奥行)mmで、重量は約625g(バッテリーとメモリースティックPROデュオを含む)。液晶モニターは、チルト可動式の3.0型(約122万ドット)。シャッタースピードは1/8000秒に対応。対応バッテリーは「NP-FW50」で、撮影可能枚数はファインダー使用時で約290枚、液晶モニター使用時で約340枚。

オート感度の低速限界を設定できる

オート感度の低速限界を設定できる

撮影モードダイヤルはロック機構付き

撮影モードダイヤルはロック機構付き

細かいところでは、背面の右ボタンの割り当てが「感度」になった

細かいところでは、背面の右ボタンの割り当てが「感度」になった

まとめ

α7シリーズは、これまで、機能強化という形でバリエーションモデルをリリースしてきたが、今回のα7R IIは、直球勝負のハイエンドモデルだ。8月7日の発売で、ボディ単体の市場想定価格は44万円前後(税別)。けっして安くはないカメラだが、充実した性能・機能を考慮すると、コストパフォーマンスはむしろ高いと判断する方もいるのではないだろうか。スペック面での出し惜しみ感がなく、一眼レフを含めた35mmフルサイズ対応のデジタル一眼カメラの中で、大きな注目を集める機種になりそうだ。

なお、短い時間ではあるが、α7R IIのベータ機に触ってみた限りでは、リアカバーにもマグネシウム合金を採用するなどして、ボディの作りがよくなっているのが好印象だった。重量は、従来のα7Rよりも150gくらい重くなっているが、α7 II(約599g)と同じように、カメラを構えた際の安定感は高い。マウントなどの作りもしっかりしていた。

真柄利行(編集部)

真柄利行(編集部)

体力勝負ならそこそこ強い編集部デスク。カメラやAV家電を中心に製品のレビュー記事を担当しています。撮られるのは苦手ですが撮るのは好きです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る