ちょっと失敗しちゃっても“味”でかたづく♪?

発売から30周年の「写ルンです」を20年ぶりに使ってみたところ、オシャレな写真が撮れました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

発売から30周年をむかえた「写ルンです」より、2016年4月8日より、「写ルンです 30周年アニバーサリーキット」が50,000本限定で販売開始しました(30周年アニバーサリーキットで初代「写ルンです」に着せ替えてみました! )。初代「写ルンです」を知らない筆者にとっては、“初代風”着せ替えカバーは、おじさんみたいな色使いがレトロで、オシャレな感じがします。いつもはデジカメやiPhoneで撮影していますが、この「写ルンです」で撮ってみたい!(というか、これを持ち歩きたい!)

と思っていたところ、「写ルンです 30周年アニバーサリーキット」を個人的に手に入れることができました。そこで実際に「写ルンです」を20年ぶりに使ってみようと思います!

さらに最近では、写真好き、カメラ好きの若い女性の間で「写ルンです」が流行っているとのうわさも聞きました。(実際筆者も、友達が壊れたスマホのカメラの代わりとして「写ルンです」を持ち歩いているのに遭遇したことがあります。)写真加工アプリのような、レトロな写り具合になるところが人気なのでしょうか? どんなふうに撮れるのか再チェックして、「写ルンです」の人気の秘密を探ってみようと思います。

「写ルンです」とは?

「30周年アニバーサリーキット」。初代風カバーの中には「シンプルエース」という種類の「写ルンです」が入っています。今回は、このシンプルエースで撮ってみました

「写ルンです」は、インスタントカメラや使い捨てカメラと思われがちですが、正式には、「レンズ付きフィルム」というもの。フィルムを1枚分ずつ巻きあげてから、シャッターを押します。フラッシュもついていて、1m〜3mの距離の撮影に対応します。

押せば写るという簡単さで、世界中、特に観光地では大活躍だったそうです。撮り方が本体に書かれていて親切です

すべてのフィルムを撮り終わったら、写真屋さんやカメラ屋さんに現像やプリントをお願いします。今回は、現像、プリントのほか、写真のデータをCDにして保存してくれる「フジカラーCD」をお願いしました。合計で2,106円。かかった時間は5日間でした。他のお店では、2時間でやってくれるところものあるようです。 ただし、フィルムの現像、プリントを受け付けていない写真屋さんやカメラ屋さんも増えているので、あらかじめ、お店の人に「『写ルンです』の現像、プリントはやってくれるのか」「どのくらいの日数がかかるのか」などを確認したほうが安全でしょう。

現像から帰ってきました。上段がネガフィルム、その下にプリント。右がフジカラーCDです。CDサイズの写真一覧もついていてありがたいです

撮ってみました! ドラマチックな感じになってる気がする

この「写ルンです」で撮れていた写真は、目で見ていた色よりちょっと濃いような、目で見た色とはちょっと違うような感じで、プリントしてから見返すのがおもしろいですね。しかし、半分くらいは暗くて何が写っているのかわからない失敗写真ばっかりになってしまいました。私は「写ルンです」のことを何もわかっていませんでした。もっと「写ルンです」と心を通わせていきたい!

昼に撮ったハナミズキです。空がなぜこんな隅からのグラデーションになるの?

昼に撮ったハナミズキです。空がなぜこんな隅からのグラデーションになるの?

これは都電です。撮った時は、進んでいる電車のお尻しか写ってないかもと思っていましたが、ちゃんと全身が写っていました! 意外! レトロな都電がさらにレトロな感じに写っていて「昭和みたい」との声もありました。

まだ咲いていた桜。目で見たときよりも赤みがあるような気がします

まだ咲いていた桜。目で見たときよりも赤みがあるような気がします

紫や赤、白のお花たちと観覧車です。曇り空も“味”があるっぽい感じ

紫や赤、白のお花たちと観覧車です。曇り空も“味”があるっぽい感じ

ボートと、ボートから逃げる鳥。水面のキラキラと、左右下隅の暗い部分とのコントラストがよくないですか

ボートと、ボートから逃げる鳥。水面のキラキラと、左右下隅の暗い部分とのコントラストがよくないですか

こいのぼりの柄が、くっきり写っています。ちょうどいい距離だったのでしょうか

こいのぼりの柄が、くっきり写っています。ちょうどいい距離だったのでしょうか

人間や生き物を撮ってみました

カフェなどで友達を撮影するとき、撮られるほうも「フラッシュの音、懐かしい!」と言いつつ、笑顔で写ってくれます。撮ってもすぐには確認できないし、スマホのカメラのようなきれいさとは違う写りになるので、リラックスして撮ったり撮られたりできるのがいいですね。撮影するというよりも、なんとなく、おもちゃで遊んでいる感じでした。

動物はフラッシュの光にびっくりしてしまうと思うので、動物にはフラッシュは使わないようにしました。想像以上に日陰や室内は何も写らないということがわかりました。

スペイン料理のレストランで人物を撮ってみました。赤い壁が実際よりも深みのある赤に写ったほか、肌はフラッシュで白く飛び気味に写っているのがお気に入りです

昼間、日陰にいた猫を撮ってみたところ、思ったより暗くなってしまいました。猫は驚くので、フラッシュは使いませんでした

夜景はどれくらい撮れるの?

夜の撮影には基本的にフラッシュをオンにする必要があります。夜景など、遠くを撮る場合にはフラッシュは意味がなさそうなので必要ありませんが、手前に被写体がある場合にはフラッシュが必須です。想像以上に暗くなってしまうので、現像してみると、真っ暗で何も写っていない写真が量産されていて、キビしい! 難しいなあと思いました。

街が明るかったので、もう少し建物の輪郭などが写ると思っていましたが、縦の看板の文字たちだけが浮いているように写りました。ポエムな感じになりました

謎ポーズのパンダの像をフラッシュありで撮影しました。暗闇に浮かび上がって、パンダの不思議な雰囲気がよりいっそう際立ちます

夜のケーキ屋さんを撮りました。手前に並んでいたカラフルな箱も写るように撮ったつもりでしたが、それらは全部影になってしまいました。でも、そのおかげで奥の人物がよく見えるようになってラッキーな感じ?

「雨の日にフラッシュ撮影するときれいな水玉が撮れる」って教えてもらったので撮ってみたかったのですが、ここのところ小雨だったので、水滴のついたビニール傘を撮ってみました。もうちょっと練習したらいい感じになりそう(ポジティブシンキング)

写真データをCDにしてもらうとシェアしやすいです

今回は現像の際に、撮った写真のデータをCDにしてくれる「フジカラーCD」もお願いしました。でき上がったCDをパソコンに入れて、写真のデータを保存。スマホからでも写真データを見られるようにしておく(筆者は「Google フォト」を使ってパソコンとスマホから写真を見たり、保存したりできるようにしました)と、さまざまなSNSへの投稿がスムーズです。ためしに、写真投稿SNSの「instagram」と、「facebook」に投稿してみました。

写真データをスマホへ移動させて、「instagram」や「facebook」に投稿。いつもは、スマホで撮ってから「フィルムカメラで撮りました風」に加工していましたが、今回はノー加工で投稿してみました。なんだか雰囲気のある写真〜!

LINEを使って画像を送りました。なかなか会えない友達にも、データだとすぐに写真を渡せて便利です

LINEを使って画像を送りました。なかなか会えない友達にも、データだとすぐに写真を渡せて便利です

まとめ

日ごろは、筆者もスマホでくっきりとキレイに撮った写真をフイルムで撮った写真っぽく加工・編集してからSNSに投稿しています。そうすると自分の下手な写真でも「オシャレ」な感じに近づく感じがするし、「Like」や「いいね!」ももらいやすいし、失敗もある程度カバーできてしまうからです。そういう使い方をしている方は多いと思います。

「写ルンです」は、(上手に取れた場合には)上のような「加工後」みたいな写真が撮れるのが新鮮でした。年上の世代の方は、“懐かしさ”からかもしれませんが、われわれ平成世代には、失敗写真もオシャレな雰囲気を持った作品に見えてきます。スマホじゃ撮れない写真が撮れるのも、みんなより目立ちますし! 大きくて高価なカメラを買わなくても、他人とちょっと違う写真が手軽に撮れるというところが、若い世代に人気なのではないでしょうか。

20年前は、撮った写真はプリントして封筒に入れて渡していましたが、現在はメールや、LINEなどのSNSを使って写真のやり取りをすることのほうが多くなっているので、「フジカラーCD」を使い「写ルンです」で撮影した写真をスマホでやり取りしたり、SNSへ投稿できるのはとても便利でした。次回からはプリントせず、ネガの現像と「フジカラーCD」を頼んで、必要なものだけプリントしてもらおうかなと思います。

デジタルカメラと違い、フィルムの枚数制限があるため、1枚1枚集中して撮るので、いつもより歩き回っていい感じの場所を探して撮影するという緊張感があります。いったん、スマホで撮って様子を見てから「写ルンです」で撮る、といったこともしました。現像後に、どんな仕上がりになっているのだろうと楽しみが残っているのもいいですね。また、小さくて軽いので常に持ち歩けて、フイルムを巻き上げればすぐに撮影できるため、昼休みに肩にふくろうを乗せた男性がいきなり黄色のオープンカーで現れても、すぐに撮影への対応が可能です。

遠くてわかりにくいですが、男性の肩の上に灰色の大きな鳥がいました。「写ルンです」を向けると、撮りやすいよう鳥をこちらに移動させてくれました。ありがとうございます!

堤 智代(編集部)

堤 智代(編集部)

ホビーやおもちゃを中心にレビュー記事を担当しています。ラジコンやプラモデル、フィギュアを取り上げることが多いですが、それら以外でも楽しそうな製品を紹介していきたいと思います!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
あれこれ通信最新記事
あれこれ通信記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る