OM-Dシリーズの最上位機が約3年ぶりにリニューアル

“ミラーレス新時代”を予感させる高速モデルが誕生! オリンパスの新フラッグシップ「OM-D E-M1 Mark II」詳細レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月に開発発表された、オリンパスファン注目の新フラッグシップがついに登場! オリンパスは本日2016年11月2日、ミラーレス一眼カメラ「OM-D」シリーズの新しいフラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」(以下、E-M1 Mark II)を発表した。発売は12月下旬で、市場想定価格は22万円前後(税別)。従来モデル「E-M1」からの主な進化点を中心に新フラッグシップの特徴をレポートしよう。

12月下旬発売予定のE-M1 Mark II。装着しているレンズは11月18日発売の大口径標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」

撮像素子と画像処理エンジンを一新し、あらゆる点で高速化を実現

2013年10月に発売された従来のフラッグシップモデルE-M1は、同社製デジタル一眼レフ「E-システム」を統合する高性能なミラーレス一眼として登場した。オリンパスが、フォーサーズ規格のデジタル一眼レフの開発を中止し、マイクロフォーサーズ規格のミラーレスの開発に集中することを宣言したモデルでもある。防塵・防滴・耐低温性能を実現した小型・軽量ボディは機動力が高く、像面位相差AFとコントラストAFを併用する「DUAL FAST AF」や、35mmフルサイズ一眼レフに匹敵する倍率を実現した電子ビューファインダー(EVF)といった先進的な技術や機能も多数搭載し、次世代を感じさせるミラーレスだった。高性能ミラーレスの先駆けとなったモデルと言っていいだろう。

今回発表になった新しいフラッグシップE-M1 Mark IIは、E-M1を大きく上回るハイスペックなモデルに仕上がっている。特に、連写やオートフォーカスなど、あらゆる点で従来モデルを凌駕する「高速化」を実現したのがポイント。くわしくは次項目以降を確認していただきたいが、ミラーレス一眼として現時点でもっとも高速性にすぐれたモデルの1つと言っても過言ではない。

それほどまでの高速化を実現できたのは、撮像素子と画像処理エンジンを一新し、ハードウェアの処理性能が大幅に向上したことが大きい。新しい撮像素子は有効2037万画素に画素数を増やしつつ、121点オールクロス像面位相差センサーを搭載するなど機能を向上させながら、E-M1と比べて約3倍となる転送速度を実現。画像処理エンジンは新開発となる「TruePic VIII」で、4CPUコア+4画像処理コアのダブルクアッドコア構成という贅沢な仕様を採用。複数の処理を並列に処理することが可能で、処理速度は従来の「TruePic VII」比で約3.5倍にまで向上している。バッファーメモリーの容量も2倍に増加した。

さらに、こうしたハードウェアのスペック向上に加えて、シーケンス制御などの設計もゼロから見直し、10μsec単位で処理時間の短縮化を図るなど徹底的に追い込むことで、あらゆる点で高速化を実現している。

E-M1 Mark IIのメインボード。新開発の画像処理エンジン「TruePic VIII」が搭載されている

E-M1 Mark IIのメインボード。新開発の画像処理エンジンTruePic VIIIが搭載されている

電子シャッターでのAF/AE追従・最高18コマ/秒の高速連写を達成

E-M1 Mark IIの高速化の中でもっともインパクトがあるのが連写性能だ。電子シャッターではAF/AE追従で最高約18コマ/秒(RAW 77コマ、JPEG Large/Normal 105コマまで)、AF/AE固定で最高約60コマ/秒(RAW 48コマ、JPEG Large/Normal 48コマまで)、メカシャッターではAF/AE追従で最高約10コマ/秒(RAW 148コマ、JPEG Large/Normal カード容量いっぱいまで)、AF/AE固定で最高約15コマ/秒(RAW 84コマ、JPEG Large/Normal 117コマまで)という高速連写が可能となっている。

特に、電子シャッターでAF/AE追従・最高約18コマ/秒の高速連写を達成したのがトピック。この約18コマ/秒というスペックは、ファインダー内蔵型のレンズ交換式カメラとしては現時点でAF/AE追従連写の最速値となっている。しかも、TruePic VIIIなどハードウェアの進化によって、画像処理や位相差AF処理、EVF/液晶モニターへの表示などをすべて並列で処理し、連写中も画像が固定されることなく、ライブビュー表示で撮影することが可能だ。

なお、電子シャッターでの撮影の場合、ローリングシャッター歪みが気になる場合もあるが、E-M1 Mark IIでは、新しい撮像素子において読み出し速度が従来よりも約3倍速くなっている。これにより、動く被写体に対しても歪みを抑えた撮影ができるという。

このほか、ファーストレリーズから記録を開始し、セカンドレリーズまでの間を最大14コマ記録する連写モード「プロキャプチャーモード」も搭載。プリキャプチャー的な機能で、撮影中にブラックアウトが発生せず、撮りたいと思った瞬間をタイムラグなしでフル画素で記録できるのが特徴だ。

121点オールクロス像面位相差AFと新しい動体追従アルゴリズムを採用

オートフォーカスシステムも飛躍的な進化を遂げている。像面位相差AFとコントラストAFを併用する「DUAL FAST AF」を継承しつつ、従来モデルでは37点の像面位相差AFと81点のコントラストAFを組み合わせだったシステムが、像面位相差AF/コントラストAFともに121点に増加。しかも、像面位相差AFは121点すべてを縦線/横線のクロス検出に対応するクロスタイプに進化。これにより、被写体の捕捉性能が大幅に向上している。

像面位相差AF は121点すべてが縦線/横線のクロス検出に対応

像面位相差AF は121点すべてが縦線/横線のクロス検出に対応

さらに、動体追従アルゴリズムも一新。連写中(連写L/静音連写L時)は、撮像素子からのAF情報だけでなく、撮影画像のAF情報も活用することで、動体追従性能が大幅に向上。被写体の高速な移動や急停止・急加速も的確に捉えられるようになったという。像面位相差AF/コントラストAFの使い方も変更になったのも大きなポイントで、マイクロフォーサーズレンズ装着時の静止画のC-AFは像面位相差AFのみで合焦するようになった(従来は像面位相差AF/コントラストAFの併用)。S-AFでは、像面位相差AFの情報を使いつつコントラストAFで合焦することで、ピント抜けを防いだ安定したAF撮影を実現しているという。なお、フォーサーズレンズ利用時は従来と同様、像面位相差AFのみでの合焦となる。

このほか、任意のAF駆動範囲を最大3つまで設定できるAFリミッター機能や、5段階のC-AF追従感度設定などを搭載。AFターゲットモードでは、オールターゲット、シングルターゲット、9点グループターゲットに加えて、ほかの被写体が横切る場合でも主要被写体を追いかけやすい十字型の5点グループターゲットが追加された。動く被写体にピントを合わせたときにフォーカス領域を示すクラスター表示にも対応している。

最高フレームレート120fps、表示タイムラグ5msecの高速ファインダーを実現。レリーズタイムラグも大幅短縮

EVFは、最大で約1.48倍(35mm判換算で約0.74倍)の高い倍率と、約236万ドットの高精細表示というスペックを継承しつつ、レスポンスが大幅に向上。最高フレームレートはE-M1の60fpsから120fpsに高速化され、従来よりも滑らかな表示を実現している。表示タイムラグも最短16msecから5msecにまで短縮。遅延の少ないファインダーとなっている。さらに、像消失時間も大幅に短縮。像表示率は静音連写L時、メカ連写L時ともに48%(10コマ/秒時)で、従来の12%(6.5コマ/秒時)から大きく改善している。オリンパスは、最高フレームレート120fps、最短表示タイムラグ5msec、像消失時間の短縮によって、肉眼の見えに近く、すばやく動く被写体を逃さない高速ファインダーに仕上がったと自信を見せている。

また、レスポンス面ではレリーズタイムラグが短縮されたのもトピック。電子シャッター時で30msec、メカシャッター時で33msecとなっている。E-M1では電子シャッター時で45msec、メカシャッター時で50msecだった。操作のレスポンスもよくなっており、たとえば、再生時のコマ送り速度は3コマ/秒から10コマ/秒以上に高速化されている。

新しい撮像素子と画像処理エンジンで高感度画質が向上。「ハイレゾショット」も進化

撮像素子には、新開発の有効2037万画素Live MOSセンサー(ローパスフィルターレス仕様)を採用。転送速度の向上以外にも、画素特性の改善による階調表現の向上や広いダイナミックレンジを実現している。画素光学系の最適化による感度改善と低ノイズ化読み出し回路の採用により、高感度時の画質も改善した。さらに、センサー上にあるシールガラス両面に反射防止膜(ARコート)が施されたのもポイント。反射防止膜によってフレアやゴーストの発生を抑え、よりクリアな画像を得られるようになった。

感度は、新開発センサーと新しい高速画像処理エンジンTruePic VIIIの採用によって、常用感度が最高ISO6400に向上。ISO LOW設定はISO64相当に下がり、マニュアル設定も含めて対応する感度はISO LOW(約64相当)、ISO200〜25600となっている。

また、0.5ピクセル単位でセンサーを動かしながら、8回撮影した画像を自動合成して50M相当の高解像度画像を生成する「ハイレゾショット」にも対応。TruePic VIIIの採用により、従来よりも被写体の動きによる画像の乱れを抑制して撮影できるようになった。JPEG記録は50M相当(8160×6120)に加えて、ファイル容量を抑えた25M相当(5760×4320)を選択することもできる。RAW記録は80M相当に対応し、80M RAWはカメラ内で50M JPEGに現像できるほか、PC用ソフト「Olympus Viewer 3」で80M JPEGに出力することも可能だ。

5軸手ぶれ補正を内蔵し、最大5.5段分の補正効果を実現

オリンパスのデジタルカメラの特徴でもあるボディ内手ぶれ補正も進化。新型のボディ内5軸手ぶれ補正機構を搭載し 、補正アルゴリズムの最適化によって、最大5.5段分という現時点でトップクラスの補正性能を実現している。オリンパス独自のテストでは、標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」使用時で、広角端12mmにおいて2秒のシャッタースピードでも手ぶれを抑えた撮影をすることができたという。あらゆる撮影条件で得られる効果ではないが、驚異的な性能と言えよう。

さらに、レンズ内手ぶれ補正機構搭載レンズと組み合わせて使用する「5軸シンクロ手ぶれ補正」では、高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」使用時で最大6.5段分の手ぶれ補正性能を達成。オリンパスによると6.5段分というのは現時点での限界値で、これ以上の補正効果を実現するには、地球の自転の影響も加味する必要が出てくるとのことだ。

E-M1 Mark IIの手ぶれ補正ユニット。ボディ単体で最大5.5段分、「5軸シンクロ手ぶれ補正」時で最大6.5段分の補正効果を実現した

4K/Cinema 4K動画の記録に対応。プロ向けの機能も充実

動画撮影機能では、MOV(MPEG-4AVC/H.264)形式での4K(3840×2160)に加えて、映画制作などで使われている17:9比率のCinema 4K(4096×2160)の記録も可能。4K記録はフレームレート30p/25p/24p、ビットレート約107Mbpsに、Cinema 4K記録はフレームレート24p(24.00fps)、ビットレート約237Mbpsに対応している。5軸手ぶれ補正に動画専用の電子手ぶれ補正(M-IS)を組み合わせることで、ぶれの影響を受けやすい4K動画でも手持ちでの撮影が可能とした。

プロフェッショナル向けの機能が充実しており、外部モニターとして使う「モニターモード」と、外部レコーダーに記録するために使う「記録モード」を設定できるHDMI出力機能を装備。撮影待機中は「HDMI出力は等倍表示、カメラモニターは拡大表示」といった使い分けも可能だ。「記録モード」時は4:2:2(8bit)で出力される(※カメラで同時録画時は4:2:0から4:2:2にアップサンプリングして出力)。HDMI出力記録用の同期信号も備えており、カメラ側の動画記録の開始/停止に同期して、外部レコーダーの動画記録の開始/停止を制御できる。リニアPCMレコーダー「LS-100」との連携機能では、カメラの動画撮影開始/停止とレコーダーの録音開始/停止の同期が可能。動画撮影中に基準となる音(スレートトーン)を記録しておくことで、撮影後に、映像と音声の同期を取りやすくする「スレートトーン発生機能」も利用できる。カラーグレーディングに適した動画専用ピクチャーモード「Flat」にも対応している。

ホールドしやすい新形状のグリップを採用。バッテリーは大容量化

ボディは、E-M1のデザインイメージを踏襲しながら、さらに使いやすくなるように改善。大きなところでは、グリップやサムグリップの形状を見直すことで、ホールド感が向上している。グリップは、高さを高くして、小指がかかりやすくしっかりと握れる形状に変更。グリップ前部の凹みが深くなり、片手でカメラを持っても安定感が得られるようになった。背面のサムグリップは従来よりも面積が広くなったことで、親指がかかりやすくなっている。

グリップは高さが高くなり、従来よりもしっかりと握れる形状になった

グリップは高さが高くなり、従来よりもしっかりと握れる形状になった

背面。サムグリップは従来よりも面積が広くなっている。細かいところではファンクションレバーの向きが左右逆になった

バッテリーは新開発の「BLH-1」を採用。従来の「BLN-1」と比べて容量が1220mAhから1720mAhに増え、撮影可能コマ数も約350枚から約440枚に向上した。BLH-1対応の新しい充電器「BCH-1」は充電時間が約2時間に短縮されている(従来は約4時間)。ボディ側の機能性も上がっており、モニター上での電池残量表示が%になったほか、充電状態や撮影枚数、バッテリーのシリアル番号の確認も行える。

外部記録メディアは、SDメモリーカードのダブルスロットに進化。スロット1はUHS-IIに対応する(スロット2はUHS-I対応)。自動切り替え、振り分け、同一書き込みといった記録方式を選ぶことができる。

液晶モニターには、従来のチルトモニターではなく、横開きのバリアングルモニターを採用。バリアングルモニターによって、動画撮影時により自由なアングルで撮影がしやすくなったとしている。液晶は約104万ドット(3:2)の3.0型タッチパネル対応で、タッチシャッターやタッチAFのほか、ファインダーを覗きながらタッチ操作でAFポイントを選択できるAFターゲットパッドなどにも対応する。

シャッターユニットは新開発で、20万回の耐久試験をクリア。シャッターショックがボディに伝わりにくい、バネダンパー方式のフローティングシャッター構造を採用する。メカシャッター時は最速1/8000秒のシャッタースピードに対応している(電子シャッターは最速1/32000秒)。

ボディサイズは134.1(幅)×90.9(高さ)×68.9(奥行)mmで、重量は約574g(付属バッテリーおよびメモリーカード含む)。OM-Dシリーズのフラッグシップモデルらしく、各部にシーリングが施された防塵・防滴・耐低温(-10℃)設計を採用する。従来モデルの130.4(幅)×93.5(高さ)×63.1(奥行)mm/重量約497gと比べると、バッテリー容量が増えたこともあってわずかに重くなっているものの、持ち運びしやすい小型・軽量ボディにまとまっている。

新開発のシャッターユニット。シャッターショックを抑えるバネダンパー方式の構造を採用している

新開発のシャッターユニット。シャッターショックを抑えるバネダンパー方式の構造を採用している

約104万ドット(3:2)の3.0型バリアングル液晶モニターを採用。タッチ操作に対応する

約104万ドット(3:2)の3.0型バリアングル液晶モニターを採用。タッチ操作に対応する

底面

底面

デザインのモックアップ。数多くのモックアップを作成し、グリップの形状などを追い込んだとのこと

デザインのモックアップ。数多くのモックアップを作成し、グリップの形状などを追い込んだとのこと

このほか、E-M1 Mark IIが搭載する主な機能や進化点は以下のとおり。豊富な機能を利用できるオリンパスのカメラらしく、以下にピックアップするもの以外にも多数の機能を搭載している。

・ピントの位置の異なる8枚のカットを撮影・合成して全体にフォーカスが合った写真が得られる「深度合成モード」
・1回のシャッターで最大999枚のピント位置の異なる写真を撮影できる「フォーカスブラケット」
・暗部の露出はそのままに明るく変化した部分のみを合成する「ライブコンポジット」
・露出の状態をモニター上でリアルタイムに確認しながら撮影が行える「ライブバルブ」「ライブタイム」
・補正状態をライブビューで確認しながら撮影できる「デジタルシフト撮影」
・シャッター音、合焦時の電子音がオフになる「静音モード」
・レンズスキャンの動作を設定できる「AFスキャン」
・マニュアルフォーカス時のピント位置を好みの位置にセットできる「プリセットMF」
・「AF Home」ボタンを押すだけで登録したAFターゲット位置、AFターゲットモード、AFモードの設定に戻せる「Home登録」
・オート感度設定時に感度を自動で上げ始めるシャッター速度を任意に設定できる「シャッター低速限界」
・カスタマイズした設定をパソコンに保存し、必要に応じてカメラに書き戻すことが可能な「マイセットバックアップ」
・記録先のフォルダーを任意に選択・作成できる「記録先フォルダー指定/フォルダー新規作成」
・罫線を見やすい色に設定できる「罫線設定」
・秒単位で画像を整理できる「日時秒表示」
・ジャンル別にまとめられたタブ画面をスクロールすることで、メニューのアクセス性を向上させた「タブスクロールメニュー」
・スタジオ撮影用のカメラコントロールは、対応するソフトウェア「OLYMPUS Capture」がVer.1.2に進化。USB3.0への対応などにより、取り込み速度が従来比で約4倍向上した。パソコンとカメラを接続するケーブルをストラップなどに固定するケーブルクリップ「CC-1」も同梱される

E-M1 Mark II専用のパワーバッテリーホルダー「HLD-9」。カメラ本体と同じように十字ボタンや2コントロールダイヤル、2ファンクションボタンが配置されており、縦位置で構えたときにも横位置と同じ操作感が得られる

最大ガイドナンバー58の大光量を誇る新しいフラッグシップフラッシュ「FL-900R」。クリップオンタイプとしては最速クラスの10コマ/秒の連写追従性能を搭載する。防塵・防滴・耐低温(-10℃)性能も実現

世界初となる防塵・防滴・耐低温(-10℃)設計のマクロフラッシュ「STF-8」。発光部は上方向60度、下方向40度の範囲で角度を調整したり、リングアダプター上を移動することができる。開閉式の専用ディフューザーも付属する

L字型で抜けにくいピンジャック式の端子を持つレリーズケーブル。バルブロック機能も備わっている

L字型で抜けにくいピンジャック式の端子を持つレリーズケーブル「RM-CB2」。バルブロック機能も備わっている

水中システムが充実しているのもオリンパスの特徴。水深60mまでの耐圧水深性能を備えた、E-M1 Mark IIの防水プロテクター「PT-EP14」が用意される。画像は、新開発のマクロ用レンズポート「PPO-EP03」を組み合わせたものになる

防水プロテクターPT-EP14にアームやフラッシュ、「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」などで利用できる防水レンズポート「PPO-EP02」をセットした使用例

まとめ 本格的な動体撮影に対応できるミラーレスとして最高レベルの高速性を実現

OM-Dシリーズの新しいフラッグシップモデルE-M1 Mark IIは、約3年ぶりのリニューアルということもあり、従来モデルから大幅な進化を遂げている。オリンパスの強みである防塵・防滴・耐低温性能を持つ小型・軽量ボディはそのままに、連写やオートフォーカス、EVFの高速性が飛躍的に向上した。一眼レフの上位機と肩を並べる、本格的な動体撮影に活用できるハイスペックなミラーレス一眼に仕上がっている。Cinema 4K動画記録に対応する点などを見ても、従来以上にプロフェッショナルのニーズを意識して開発されたカメラと言っていいだろう。

最後に、今回の発表に先駆けて、短い時間ではあるがE-M1 Mark IIの開発中のベータ機で動体撮影を試すことができたので簡単にレポートしておきたい。望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」を使って動く被写体をC-AFで試し撮りしてみたが、オートフォーカスは食いつきがよく、追従性も非常に高かった。高速連写で追従撮影をしてみてもEVFの遅延はほとんど気にならない。連写後の待ち時間も少なく、すぐに撮影を再開することができた。

従来モデルのE-M1もけっしてレスポンスに劣るモデルではなかったが、E-M1 Mark IIはレベルが違う。ベータ機を触ってみて、本格的な動体撮影に活用できる高性能ミラーレスの中でも間違いなく最高レベルの高速性を実現していると感じた。E-M1がミラーレス一眼の高性能化を引っ張る存在だったのと同じように、E-M1 Mark IIはミラーレスの高速化を象徴するモデルになりそうだ。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.6.26 更新
ページトップへ戻る