録画しながらスマホでライブビューも可能!

まるでゴルフボールみたいな360°カメラ「360fly」が日本上陸!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フロンティアファクトリーは、米国360fly社の360°カメラ「360fly」シリーズの取り扱いを開始。「360fly 4K」と「360fly HD」の2機種を12月9日に発売する。価格は、360fly 4Kが55,000円、360fly HDが35,000円(いずれも税別)だ。正式発表に先駆けて行われた製品説明会で実機に触れることができたので、ここではそのレポートをお届けする。

ユニークな球体ボディを採用した360°カメラ。1つのレンズで継ぎ目のない360°動画撮影が楽しめる

最近、360°のパノラマ動画がにわかに注目を集めているが、今回発表された360fly 4Kと360fly HDも、そんな360°動画を撮影できる360°カメラのひとつだ。その特徴は、なんといってもそのボディ。ゴルフボールをひと回り大きくしたような直径約6cmのコンパクトな球体ボディの中に、超ワイドアングルレンズ、バッテリー、メモリー、各種センサーなどの撮影に必要なすべての機能を搭載し、水平360°、垂直240°の360°動画撮影が楽しめるという。ちなみに、録画解像度は、360fly 4Kが最大2880×2880、360fly HDが1504×1504、録画レートは360fly 4Kが50Mbps、360fly HDが20Mbpsとなっている。手ブレ補正機能は残念ながら非搭載だ。

360fly HD(写真左)と360fly 4K(写真右)。米国屈指の名門工科大学であるカーネギーメロン大学のロボット研究所でロボット開発用に蓄積されたテクノロジーを転用して開発されたという

ゴルフボールのようなユニークなボディを採用。本体天面部分にレンズを搭載している

ゴルフボールのようなユニークなボディを採用。本体天面部分にレンズを搭載している。ボタンの部分に縁取りがあるのが360fly 4K、縁取りがないのが360fly HDだ

本体に加速度センサーやEコンパス、GPS/高度計、ジャイロスコープといったセンサーも内蔵されている

本体に加速度センサーやEコンパス、GPS/高度計、ジャイロスコープといったセンサーも内蔵されている

日本国内では、すでにリコーの「THETA」やニコン「KeyMission 360」といった2のレンズを使って360°動画を撮影できるカメラが発売されているが、360flyシリーズは1つのレンズで360°動画撮影を実現しているのが大きな特徴となっている。1つのレンズで撮影するため、水平360°/垂直240°と垂直方向が360°には達していないものの、2つのレンズを使った360°動画に見られるスティッチ(継ぎ目)がなく、より自然な映像を録画できるという。

天面部分のレンズ部分。1つのレンズで映像を撮るため、2レンズタイプの製品のように動画にスティッチ(継ぎ目)ができない

しかもこれだけのコンパクトボディながら、本体のみでタフネス性能を実現しているというのだから驚きだ。360fly 4Kは、水深10mまでの防水性能、IP6Xの防塵性能、高さ1.5mからの落下に耐える耐衝撃性能、-20℃までの耐低温性能を、360fly HDは水深1mまでの防水性能、IP6Xの防塵性能、高さ1.5mからの落下に耐える耐衝撃性能、-20℃までの耐低温性能をハウジングなしで実現している。

360flyシリーズのスペック表。タフネス性能は360fly 4Kと360fly HDで微妙に異なっている

360flyシリーズのスペック表。タフネス性能は360fly 4Kと360fly HDで微妙に異なっている

他社製360°カメラとの大きさの比較

他社製360°カメラとの大きさの比較

カメラ本体のバッテリー充電や、カメラ内に録画したデータのPCへの転送などについては、専用クレードルを利用する。カメラ本体底面と専用クレードルにマグネットが配置されており、クレードルにカメラを置くだけで簡単に利用できるようになっている。

360flyシリーズの専用クレードル

360flyシリーズの専用クレードル

スマートデバイス連携が充実。アプリで録画中のライブビューも可能

360flyシリーズのもうひとつの大きな特徴が、スマートデバイスよる操作体系だ。ハウジングなしでタフネス性能を実現するため、本体側の操作系インターフェイスはボタンひとつのみとかなり簡略化されており、録画モードの切り替え等については、専用のスマートデバイス向けアプリを使用しカメラ本体と無線LAN通信しながらアプリ側でコントロールする形となっている。一応、カメラ側のボタンで電源のON/OFFと動画の録画開始/停止(静止画の撮影)のコントロールは可能となっているが、基本的にはアプリを介しての操作が基本となっている。

他社製の360°カメラにもスマートデバイス向けアプリは用意されているが、360flyシリーズのアプリの強みは録画中のリアルタイムライビューだろう。360fly 4Kの最大解像度・フレームレートの場合はさすがに利用できないが、それ以外の設定時は録画中でもスマートデバイスの画面でリアルタイムにライビューすることができる。録画中に非表示になる360°カメラが多い中、この機能はかなり使えそうだ。

録画中のライブビューのデモの様子。録画中でも360°動画をリアルタイムで確認できる

録画中のライブビューのデモの様子。録画中でも360°動画をリアルタイムで確認できる

また、撮影した映像への効果や音声トラックの追加といった編集機能や、撮影したデータをダイレクトにYouTubeやFacebookなどのSNSにアップしてシェアできる機能、撮影した映像をアプリからワンタップでVRモードに変換できる機能なども搭載。VRモードに変換した動画は、一般的なVRヘッドセットで楽しむこともできる。パソコン向けの無料デスクトップアプリも用意されているというが、スマートデバイスだけで、撮影から編集、映像をシェアしたり楽しむといったところまでカバーできる点はかなりうれしい。

スマートデバイスアプリでできることをまとめたスライド。スマートデバイスだけで、撮影から編集、映像をシェアしたり楽しむといったところまでカバーできる

カメラ単体で一般的な三脚や撮影用アクセサリーにマウント可能。関連アクセサリーも多数ラインアップ

360flyシリーズのカメラ本体底面には、1/4-20UNC規格(メス)対応のアクセサリー取り付け穴が用意されており、日本国内で流通している一般的なカメラ/ビデオ用の三脚や撮影用アクセサリーにカメラ単体でマウント可能となっている。

360flyシリーズの底面には、一般的なカメラ三脚で用いられている1/4-20UNC規格(メス)対応のアクセサリー取り付け穴が用意されている

また、車載用途などに使える「サクションマウント」や、自転車やバイクのハンドルに取り付けられる「ハンドルマウント」、通気式ヘルメットに装着できる「ベンテッドヘルメットマウント」、三脚にもなる「トライポットグリップ」など、360flyシリーズ向けに開発さてた多数のアクセサリーもラインアップされる予定となっている。

360flyシリーズのアクセサリー

360flyシリーズのアクセサリー

他社製アクションカムの取り付け具に対応したマウントキットも用意されており、これまで持っていたアクションカムの資産が生かせるというのもうれしいポイントだ。写真はGoPro向けのアクセサリーに360fly 4Kを取り付けた様子

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.5.22 更新
ページトップへ戻る